日本官僚「核汚染ゴミは福島県外で処理を」 | 日中ニュース比べ読み
2011-08-13 16:47:55

日本官僚「核汚染ゴミは福島県外で処理を」

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

中新网813 据共同社道,日本核站事故担当相野豪志13日在在福岛县政府大楼内的“原子能灾害现场对部”后,就力公司福第一核站周区域的瓦垃圾问题者表示,“不应该把福岛县终处所”,认为应讨论些受放射性物质污染的垃圾。
有关首相菅直人明确表示将在公
债发行特例法案等通后正式辞一事,野在时强调,核站事故理工作“是绝对不能中断的课题了不生空白期,我将真工作,直至菅直人政府束之日”。
野自就任核站事故担当相后,每周末赴福岛县视察,本周是第7连续前往当地

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

中新ネット8月13日、共同社の報道によると、日本原発事故担当相細野豪志が13日、福島県政府ビル内に設置された“原子能災害現場対策総部”を視察した後、東京電力会社福島第一原子力発電所周辺区域の、がれきゴミ処理問題について記者に、「福島県を最終処理場にすべきではない。」と述べ、これらの放射性物質汚染を受けたゴミの県外処理を検討すべきだとした。
  菅直人首相については、公債発行特例法案などが可決されてから正式に辞任することを明らかにした。細野氏は視察の際、原発事故処理作業は「絶対に中断できない課題である。空白の期間をつくらないよう、菅直人政権が終わる日まで真面目に仕事する。」と強調した。
  細野氏は原発事故担当相に就任してから、毎週末福島県に視察に訪れ、今週は7回連続現地に訪れた週であった。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

 細野豪志原発事故担当相は13日、東京電力福島第1原発周辺のがれき処分に関して「福島県を最終処分場にすべきではない」と述べ、放射性物質で汚染されたがれきの県外処分を検討すべきだとの認識を示した。福島県庁の原子力災害現地対策本部を視察後、記者団に語った。
 対策本部の視察では、菅直人首相が公債発行特例法案などの成立後に退陣する意向を明言したことに関連し「(原発事故対応は)絶対に途切れてはいけない課題だ。空白をつくらないよう菅政権が終わる日まで手を抜かない」と強調した。
 細野氏は就任後、毎週末に福島県入りしており、今回で7週連続の訪問となる。


二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス