日本の専門家「列車を埋めるなんて理解できない」 | 日中ニュース比べ読み
2011-07-27 16:37:07

日本の専門家「列車を埋めるなんて理解できない」

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

香港文汇报讯  温州动车事故日来在日本受到高度关注,日本新干线专家接受卫视访表示,事故原因是中国路在应对措施方面经验不足所致;同,日本家也严厉挖坑埋的做法。
  研究
路技50几年的前京大学教授曾根悟,在也是JR西日本公司的董事,他认为动车事故最根本的原因在于中国在应对措施方面技落后。「中国基本研能力很,但高铁经验不足,应对方法很落后。」
曾根悟透露,日本新干
线开通47年,从未过类似无法刹的追尾事故。然日本新干线也曾因雷而停,中国高开通前也多次测试,但在系方面不有重大缺陷;他认为,是次疑D301次列车为什么没有刹,或刹后接到指令再次前?也不可排除人
,日本家批评说,日本生列事故,为彻明事故原因,保护现场最重要;甚至事故车辆都不能随意搬;而中国却开始挖坑作在不能理解。
曾根悟
:「在日本,明事故原因,保存现场很重要,甚至不能搬动车辆,当然救人最要。救援束后,就尽量不搬动车辆,从各个角度调查的做法在不可理

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

香港文
の報道、温州列車事故は連日日本でも高い注目を集めている。日本の新幹線専門家は鳳凰衛星テレビの取材を受け、事故原因は中国鉄道の緊急対応対策面の経験不足であるとした。同時に、日本専門家は列車を埋めたやり方を厳しく批判した。
  鉄道技術を50数年研究している元東京大学教授曽根悟さんは、現在も
JR西日本会社の取締役である。彼は、列車事故の最も根本的な原因は中国の緊急対応対策面の技術が遅れていることにあると考える。「中国の基本的な研究開発能力はとても高いが、高速鉄道の経験が不足しており、緊急対応の方法が大変遅れている。」
  曽根悟さんは、日本の新幹線が開通して47年、いまだかつてこのようなブレーキがきかなくなり追突した事故は発生していない、と明かした。日本の新幹線も雷の衝撃により停車したことがあり、中国高速鉄道が開通する前もなんども試験を行ったが、システム面には大きな欠陥はないはずだ、とした。彼は、今回の疑問点は、
D301号車はなぜブレーキがかからなかったのか、もしくはブレーキ後再度前進の指令を受けたのか?人為的なミスも排除できない、とした。
  しかし、日本専門家は、日本で列車事故が発生すれば、徹底的に事故原因を調べ明らかにするために、現場保護は最も重要なことであるとし、事故車両も勝手に動かしてはいけないが、中国はその上埋め立て作業まで始めたことは、まったく理解ができない、と批判した。
  曽根悟さんは、「日本では、徹底的に事故原因を調べるために現場の保存は重要で、車両も動かしてはいけない。当然人の救助が最も重要なので、救助が終わった後、できるだけ車両を動かさないで、あらゆる角度から調査をする。車両を卸し、埋めるというやり方はまったく理解できない。」と述べた。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ



二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス