日本放射線牛次から次へとあらわに 民衆の食品に対する安全信頼度低下  | 日中ニュース比べ読み
2011-07-23 22:14:11

日本放射線牛次から次へとあらわに 民衆の食品に対する安全信頼度低下 

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

  6114284411637……这组增序列的数字,不是小学数学里的“找律”,而是近期接曝光的受放射性物质污染肉牛在日本上市的数量。至721日,发现上市的“牛”数达到了1485。在日本47个都道府中,目前除取和冲县暂时幸免于外,其余各地均已宣布“中”。
 日本政府的
应对措施也真可“神速”——在核事故生了4个多月、“牛”之害重到如此地步之后,才出面宣布禁止福的肉牛上市,并准所有已或可能遭受放射性染的肉牛销毁

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

 6頭、11頭、42頭、84頭、411頭、637頭・・・・・・この増やされていく数字の序列、これは小学校の算数の“ルールを探す”ではなく、最近続けざまにあらわになった放射性物質の汚染を受けた肉牛の日本で売り出された数である。7月21日までに、すでに売り出された“放射牛”の総数は1485頭に達した。日本の47都道府県のうち、現在鳥取と沖縄二つの県が暫時難を逃れた以外、ほかの各地での平均はすでに“中標”と発表された。

 日本政府のこれに対する対策も“神の速度”と言うべきである。--原子力事故が発生して4か月以上がたつ中、“放射牛”の害がこのような重大な事態になってから、ようやく福島の肉牛の売り出し禁止を表に立って発表し、すでに放射性汚染を受けた、または受けた可能性のある肉牛を買い取り、処分する予定だ。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

 放射性セシウムで汚染された稲わらを食べた牛の肉が流通した問題で、日本チェーンストア協会は22日、政府宛てに、一元的な検査態勢の早期確立や、汚染された疑いのある牛肉の一元的な回収などを求める要望書をまとめた。同協会の清水信次会長(ライフコーポレーション会長兼CEO)は「震災からかなり時間がたっているのに、政府の対応は遅い。迅速な対応を求めたい」と強く要請。要望書では、牛肉の安全性に関する政府の統一見解の公表、出荷制限や出荷停止に関する損害賠償制度の確立、豚肉や鶏肉などその他の食品の安全性を徹底することを求めた。


二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス