日本沖縄には2万人の中国人の子孫  | 日中ニュース比べ読み
2011-07-20 16:27:12

日本沖縄には2万人の中国人の子孫 

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

中新网720 据日本新道,718日是日本的“海洋日”,得在家一天,下午看电视,看到了NHK播出的一档目《琉球王国的秘密》,其中到了目前居住在冲绳岛上的中国人后裔。
是一个很有趣的话题。到底中国与古代的琉球王国——在的日本冲绳县有多少密切的关系?到底冲以前是不是中国的地?中国人移居冲史,是一把很好的解读历史真相的匙。
目称,一支中国人后裔目前居住在冲绳县的那霸市,当时这里是琉球王国的首都。600年前,一位姓“梁”的官被朝廷作被派往琉球王国,并留在琉球王国的廷内(首里城)从事翻工作。后来,位梁姓官留在冲,并繁殖了不少的后代。
在,一支中国人后裔人数已达到数百人,他珍藏有祖先留下的中国家,并定期行中国象棋比,在时举行舞等活,并建有中国式的庭院假山,以不忘自己的祖宗。一支后裔的代表人物是第20代后裔上江洲和男先生,家谱记载,他的祖先是“梁蒿”

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

中新ネット7月20日、日本ネットニュースの報道。7月18日は日本の“海の日”で、記者は久しぶりに家でのんびりしていた。午後テレビを見ていると、
NHK放送の《琉球王国の秘密》という番組が流れ、その中で現在沖縄島に居住する中国人の子孫にふれた。
  これはとても興味深い話題である。一体、中国と古代の琉球王国-現在の沖縄県にはどれほどの密接した関係があるのであろうか?沖縄は昔、本当に中国の領地であったのか?中国人が沖縄に移住した歴史は、歴史の真相を解読する上で、とてもよい鍵である。
 番組は、これはある一族の中国人の子孫が現在沖縄県那覇市に住んでおり、当時ここは琉球王国の首都であったと述べた。600年前、苗字を“梁”と名乗る官員が朝廷に通訳として琉球王国に派遣され、そして琉球王国の宮廷内(首里城)に残り、通訳の職に携わった。それから、この梁官員は沖縄に残り、多くの子孫を繁殖させた。
  現在、この一族の中国人の子孫の数はすでに数百人に達す。彼らは祖先が残した中国の家系図を珍蔵し、定期的に中国将棋大会を開き、年越しの際には獅子舞などのイベントを開き、純粋な中国式の庭築山を持ち、自己の祖先を忘れまいとしている。この一族の子孫の代表人物は20代目子孫である上江洲和男さんで、家系図には、彼らの祖先は“梁蒿”と記載されている。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ


二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス