日本政府民間の節電システム導入に補助金支給を計画 | 日中ニュース比べ読み
2011-07-18 21:41:03

日本政府民間の節電システム導入に補助金支給を計画

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

  据日本广播(NHK)网站道,了推动东力和力公司管区域内应对电力不足策的施,中小企和高楼等在入抑制空和照明的力使用系统时,日本政府决定将对该入提供部分补贴
  在
力和力公司的管区域内,人民担心不个夏季,冬季之后可能也会出现电力不足问题此,日本政府日前制了一新支援策,以此促占全体用需求三分之一的中小企和高楼等集合住宅区节电对策的施。
  从
这项新支援策的具体内容来看,主要是在工厂和建筑物等室内,通室内无人而自整照明灯亮度,从而在入抑制力使用系统时,在一定条件下可补贴一部分用。
  据悉,日本政府决定将
补贴所需用列入在今后制定的本年度第三次算案中。

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

  日本ラジオ協会(NHK)サイトの報道によると、東京電力と東北電力会社管轄区域内の電力不足対策の実施に対する推進のため、中小企業や高層ビルなどは空調や照明の電力使用抑制システム導入をしているところだが、日本政府はこのシステムの導入に部分的な補助金を提供することを決めた。
  東京電力と東北電力会社の管轄区内で、国民はこの夏の時期だけではなく、冬の時期以降も恐らく電力不足問題が起こることを心配している。このため、日本政府は数日前、新支援対策の項目を制定し、電力需給が全体の3分の1を占める中小企業や高層ビルなどの集合体住宅区の節電対策の実施を促進する。
  この新支援対策の具体的な内容から見ると、主に工場や建築物などの室内、室内に人がいないことを感知すると自動的に空調を消したり、照明の明るさを調整する。そのため電力使用抑制システム導入の際、ある一定の条件のもと、一部分の費用を補助できる。
  知るところによると、日本政府はこの補助金に必要な費用は、今後制定する本年土第3次補正予算案に盛り込むことを決定した。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

  政府は、東京電力と東北電力管内の電力不足対策を進めるため、中小企業やマンションなどが空調や照明の電力の使用を抑えるシステムを導入した場合、費用の一部を助成する新たな支援策を設けることになりました。
  東京電力と東北電力の管内では、この夏だけでなく、冬以降も電力不足が懸念されており、政府は、全体の電力需要の3分の1を占める中小企業やマンションなどの集合住宅の省エネを促進するための、新たな支援策をまとめました。具体的には、工場やビルなどの室内で、人がいないことを感知すると空調を自動的に止めたり照明の明るさを調整したりすることで、電力の使用を抑えるシステムを導入した場合は、一定の条件の下で費用の一部を助成することにしています。政府は、支援に必要な費用を、近く編成する予定の今年度の第3次補正予算案に盛り込むことにしています。


二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス