日本が原子力発電所安全評価計画を制定 原発運転再開の準備 | 日中ニュース比べ読み
2011-07-16 21:28:47

日本が原子力発電所安全評価計画を制定 原発運転再開の準備

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

  中新网716 据共同社道,日本经济产业省原子能安全保安院15日制定了核站安全估的划。作站重启条件的第一轮评估,将依次从定期修后已做好重启准的核站机开始行。目前因修而于停运状19个机中,除去在日本大地震中受灾的机13个机将成第一安全估的象。但划并没有写明具体的重启时间
 依据
划,第一轮评估内容包括“地震”、“海”、“失去所有源”、“向海水量的功能停止”4目。而以所有核站机组为对象的第二轮评追加了“同时发生地震与海”、“同失去所有源与向海水量的功能停止”等3目,要求各力公司在年内提交告。
  据
道,第一轮评估的开始时间由各力公司自主决定。但划并没有估所需的时间这让拥有玄海核站的九州力等各大力公司感到困惑。

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

   中新ネット7月16日、共同社の報道によると、日本経済産業省原子エネルギー安全保安員は15日、原子力発電所安全評価の実施計画を制定した。原子力発電所の運転再開条件の1次評価として、定期検査・修理後すでに運転再開の準備ができている発電機械から行なうとしている。現在検査・修理中のため運転停止状態にある19の機械のうち、東日本大震災で被害を受けた機械を除き、約13の機械が1次安全評価の対象となる。しかし、実施計画は具体的な運転再開時期を記していない。
  実施計画によると、1次評価内容は“地震”、“津波”、“すべての電源を失う”、“海水に放たれるエネルギーの効能の停止”を含む4項目である。すべての原子力発電所機械を対象とした2次評価は“地震と津波が同時に発生”、“同時にすべての電源を失い、海水に放たれるエネルギーの効能が停止する”などの3項目を追加し、各電力会社に年内に評価報告を提出することを要求した。
  報道によると、1次評価の開始時期は各電力会社によって自主的に決められるとしている。しかし、実施計画は規定の評価に必要な標準時間がなく、これは玄海原子力発電所をかかえる九州電力などの各大規模電子力会社を困惑させている。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

  政府は11日、全国の原子力発電所を対象にした安全性の新基準に関する「政府統一見解」を決定した。新しい安全評価は、1.定期検査で停止中の原発の運転再開を判断する1次評価、2.運転中の原発の継続・中止を判断する総合的な2次評価――の2段階で行う。ただし具体的な検査項目は今後、内閣府の原子力安全委員会が決めるとしており、一時停止中の原発の運転再開の時期は不透明のままだ。
  2次評価では欧州諸国が導入したストレステスト(耐性検査)を参考に、従来の安全基準より厳しい基準で総合的に可否を判断するとした。同テストの実施では菅直人首相主導で突如決まり閣内不一致が批判された。政府内の意思を確認するために今回、関係閣僚が統一見解を連名で出した。
  再稼働の検査はこれまで経済産業省原子力安全・保安院が行ってきたが、菅首相は内閣府の原子力安全委員会も関与するよう指示。その確認作業は、1.安全委員会も関与して保安院が評価項目・評価実施計画を作成、2.電力事業者が安全評価を実施、3.その結果を保安院と安全委員会がダブルチェック、という手順で行う。


二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス