日本が中国への援助をわずかに減らす 日本の民衆「富国に援助するのはおかしい」 | 日中ニュース比べ読み
2011-07-14 15:42:14

日本が中国への援助をわずかに減らす 日本の民衆「富国に援助するのはおかしい」

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

714日出版的《时报道,日本政府12日决定将2012年度对华援助额维持在42.5亿日元,比2011年的46亿日元减少了“仅仅7.6%这让日本媒体炸开了。今年2月,任日本外相前原司曾明确表示,将“大幅削减已成为经济大国的中国的援助”。于“大减”“微减”,日本政府的解是,对华援助的大部分是之前签约规定的,“突然中止可能会害因钓鱼岛事件化、近期开始改善的日中关系”。日本共同社13日引述日本政府内部文件称,日本“将继续对华援助”。这让日本的反华势力极。《产经》称,其上月行的民调显示,日本98%的受访认为“不应该继续对华援助”。在日本右翼网站2ch上,指日本政府“朝援助”、政策“虎蛇尾”的声音占了多数。

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

 7月14日出版の《環球時報》の報道によると、日本政府は12日、2012年度の中国への援助額を42.5億円に維持し、2011年の46億円からわずか7.6%減らした。これが日本のメディアに火をつけた。今年2月、日本の前原誠司外相が、「経済大国となった中国への援助を大幅に削減する。」ことを明確に発表した。“大幅削減”が“わずかな削減”に変化したことについて日本政府の解釈は、中国
への援助の大部分は以前規定を調印した「突然中止にすることは尖閣諸島事件の悪化によって、改善されようとしている日中関係を害する可能性がある。」であった。日本共同社は13日、日本政府内部の文書を引用して、日本は「対中援助を継続する」と述べた。これは日本の反中勢力を極めて不満にさせた。《産経新聞》は、今月上旬に行った国民調査で、日本の98%の回答者が“中国への援助を継続すべきではない”と答えた。日本の右翼ネットページである2ch上では、日本政府を“朝貢援助”や、政策を“竜頭蛇尾”と非難する声が多数を占めた。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

 政府が、中国に対する平成24年度予算の政府開発援助(ODA)供与額を、前年度比で実質7・6%減の42億5千万円とする方向で検討していることが12日、分かった。前原誠司前外相は中国の経済成長を理由に「大幅削減」を指示していたが、実質3億5千万円減にとどまった。供与を約束した継続案件の大幅な打ち切りが日中関係に与える悪影響を考慮したようだ。
 前原氏は2月、中国の国内総生産(GDP)が世界2位になったことや軍備増強を念頭に対中ODAの見直しを指示し、その指針がこのほどまとまった。
 それによると、一部の学校建設事業などの供与を打ち切り、中国の官僚を対象とした日本留学支援は一般予算に付け替えた。一方、黄砂を防ぐ植林事業や感染症対策などの案件は「日本の国益に直結する」(外務省筋)として継続する。
 対中ODAは無償資金協力か技術協力で、累計3兆円を超えた円借款(有償資金協力)は19年度で終了している。大幅削減の意向だった前原氏だが、丹羽宇一郎駐中国大使は尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件後の関係改善のためにも「続けるべきだ」と主張していた。



二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら


タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス