中国高速鉄道、アメリカで特許申請望む 日本メディア「日本の技術のパクリ」 | 日中ニュース比べ読み
2011-06-29 20:48:00

中国高速鉄道、アメリカで特許申請望む 日本メディア「日本の技術のパクリ」

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

中国铁路行业巨头南车集团计划为机车“CRH380A”在美国申请技术专利。日本时事通信社6月23日却称该机车属于“盗版”。
  7月1日京沪高铁将正式开始运营,CRH380A机车将作为主要的车头进行使用,而这部机车是以日本新干线的“疾风号”为基础进行改造和开发的。
  报道还说,虽然南车集团一直表示自己开发研制的车型和从日本引进的完全不一样,但之前向南车提供过技术的川崎重工等日本企业可能将为此提出专利纠纷的控诉。

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ



(日本語訳)

  中国鉄道業界のかしらである南車グループは“CRH380A”号をアメリカで技術特許を申請することを計画している。しかし日本時事通信社は6月23日、この車両は「パクリ」であるとした。
  7月1日に京沪高鉄は正式に運営を開始する予定だが、CRH380A号を主な車両として使用する予定であり、この車両は日本の新幹線“はやて号”をベースとして改造を行い開発したものである。
 報道は、南車グループはずっと自己開発した車型は日本から導入したものとは違うことを主張してきたが、南車に技術を提供した川崎重工などの日本企業はおそらく特許紛争の告発を持ち出すだろう、とした。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

【上海=河崎真澄】23日付の中国英字紙チャイナ・デーリーは、中国の鉄道車両メーカー、南車集団が中国版新幹線の車両「CRH380A」の技術特許を米国で申請する方針だと報じた。将来の車両輸出をにらんだ作戦とみられる。南車集団は独自開発を主張しているが、実際は川崎重工業など日本企業が開発した新幹線「はやて」の技術供与を受けて改造した。中国版新幹線には手抜き工事などの指摘もあり、北京-上海線の7月1日開業は“見切り発車”だとの声が高まっている。
 中国鉄道省は23日、北京と上海を最短4時間48分で結ぶ高速鉄道「京(けい)滬(こ)線」を中国共産党の創立90周年記念日の7月1日に正式開業させると発表した。南車集団が特許の申請を予定している「CRH380A」型車両も採用されている。
 同社は、営業運転時の最高時速を引き上げるため車両の車台部分やロングノーズ(先端部)などが、中国の独自技術で作られたなどと主張して特許申請する。
 しかし、中国鉄道省の元幹部、周翊民氏が証言したとして21日付の中国紙、21世紀経済報道が報じたところによると、中国の高速鉄道車両は日本やドイツからの導入技術がほとんど。欧州系メーカーから「技術供与はあくまで中国国内での使用に限定している」として、車両輸出は契約違反と警告されているという。
 川崎重工は「どのような技術が特許申請されるか確認が取れないので、回答を差し控えたい」としているが、欧州も含めた特許紛争に発展する可能性もある。


二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら


タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス