温家宝:中国は日本農産品の輸入制限を緩和したい | 日中ニュース比べ読み
2011-05-21 22:28:12

温家宝:中国は日本農産品の輸入制限を緩和したい

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

中新社名取521( 蔚然 )中国国理温家宝21访问日本灾区。他在察看名取市閖上地区后表示,中国愿意继续支援日本所需物和各方面的需要,愿意恢复中日之的旅游合作;在确保人身安全的前提下,中国愿意放宽进口日本农产品的限制。
  名取市是日本“
311”特大地震及海灾害重灾区,主要受灾地区沿海閖上地区,地区海港建筑物及地在海损毁。温家宝一行先来到閖上地区,名取市市佐佐木向温家宝介现场情况。温家宝参了名取消防署墟原址,向地震海者献花并默哀。离开閖上灾区后,温家宝前往腰小学体育看望了灾区民众。
温家宝在閖上地区
墟上表了即兴讲话。他:“我面前是痍,特大地震海啸给日本人民来深重灾。来到里,我感到特别难过。我首先代表中国政府和中国人民再一次者表示沉重哀悼。日本人民、对宫人民表示切慰。”

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

中新社名取5月21日、中国国務院の温家宝総理は21日、日本宮城県の被災地を訪問した。名取市閖上地区を視察した後、「中国は日本が必要な物資と各方面の需要の支援を続けたい。中日間の旅行協力の回復を願う。;身の安全の確保を前提とし、中国は日本農産品の制限を緩和したい。」と述べた。
名取市は日本の“3.11”大地震及び津波被害を大きく受けた被災地で、主な被災区は沿海閖上地区で、海港建築物や農地が津波によって大きな損害を受けた。温家宝はまず先に閖上地区を訪れ、名取市の佐々木市長が現場状況を説明した。温家宝は名取消防署が廃墟となる前の場所を見学し、地震と津波の犠牲者に花束を捧げ、黙祷した。閖上地区を離れた後、温家宝は館腰小学校体育館に向かい、避難住民を慰問した。
 温家宝は閖上地区の廃墟の場所で、「我々の前にあるのは見渡すかぎりの廃墟であり、大地震と津波は日本の国民に深刻な災難をもたらした。ここへ来て、私は非常に辛い気持ちになった。私はまず中国政府中国国民を代表し、改めて犠牲者の方々に深い哀悼の意を示します。日本の国民の皆さん、宮城県の皆さんに対し、懇切な慰問を致します。
」と即興でスピーチした。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

菅直人首相は21日午後、来日した中国の温家宝首相、韓国の李明博大統領と、福島第1原発事故で周辺住民らが避難している福島市内の避難所を訪問した。中韓首脳とそろって福島入りし被災者を激励することで、原発事故を受けて海外に広がる風評を払拭(ふっしょく)し、日本の安全と復興を国内外にアピールする狙いがある。

  温首相と李大統領は、避難所となっている同市内の「あづま総合体育館」を訪れ、佐藤雄平福島県知事の出迎えを受けた後、菅首相が勧めた福島県産のサクランボとミニトマトなどをその場で試食した。

 3首脳はその後、体育館内を回り、避難住民を慰問。温首相は年配の女性に「職業は何ですか。いつまでもお元気でいてください」と声を掛け、李大統領は母子のそばに寄って「お母さん、笑顔をなくしてはいけませんよ」とねぎらった。菅首相も「体調はいかがですか」と住民を気遣った。

  首相は帰京後、首相公邸前で記者団に「2人の首脳が被災の現場や避難所に来てくださって、本当に温かい気持ちが伝わった」と強調。佐藤知事も福島市で記者団に「風評被害を払拭する一つのスタートとなった。中韓両国のトップに来てもらい、世界に発信できた」と語った。


二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1





Ameba人気のブログ

Amebaトピックス