福島レベル7事故国際的な熱い議論を引き起こす その1 | 日中ニュース比べ読み
2011-04-14 16:29:14

福島レベル7事故国際的な熱い議論を引き起こす その1

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

中新社413 际舆论13日聚焦于福第一核站核泄漏事故等上修至国最高级别7一事。
据日本媒体
13道,福核事故上修至7了日本灾民的怒和不安。《产经道称,福灾民更是担心会遭到世人歧认为,不管是否上修事故等,最重要的是解决危机。《读卖认为这一事件会大幅影响日本的国形象。
  英国《每日
邮报13道,日本原子能安保院承拖延了公布福核事故等提升至7一事,理由是“需要可靠的数据”。称,最高事故级别的确定引了日本民众和周国家新的恐慌,有不少人疑更多资讯隐瞒
  法新社援引国
际环组织绿色和平的称,日本高事故等举动“太了”,日本核能产业一直试图掩盖这场的后果。

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

中新社東京4月13日、国際世論は13日、福島第一原子力発電所核漏れ事故レベルを世界最高レベル7に修正したことに焦点をしぼった。
 日本メディア13日の報道によると、福島原子能事故がレベル7に修正したことは、日本の被災者の怒りと不安を引き起こした、としている。《産経新聞》の報道は、福島の被災者は、更に世の中から差別の目で見られることを心配しているという。報道は、事故のレベルの修正がどうであれ、最も重要なのは、危機を解決することであるとしている。《読売新聞》は、この事件は日本の国際的なイメージに大きな影響をもたらす、としている。
イギリス《毎日郵報》は13日、日本原子能安保院が、福島原子能事故レベル7へ引き上げすることの公表を延期したことを認めた。理由は、「確かなデータが必要だった。」ということだ、と報道した。報道は、最高事故レベルの確定は日本国民と周辺国家の新たな恐慌を引き起こし、多くの人がもっと多くの情報が隠されているのではないかと疑っている。
 フランスの新社は、国際環境保護組織グリーンピースの言葉を引用し、日本の事故レベル引き上げの行動は「遅すぎる。」とし、日本原子能産業はずっと、この人類の悲劇の結果を包み隠そうとしている、と述べた。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

 福島第1原発事故の国際評価尺度(INES)が史上最悪の旧ソ連チェルノブイリ原発事故と同じ「レベル7」に引き上げられたことを受け、国際原子力機関(IAEA)は、チェルノブイリとの違いを強調するなど警戒感をあらわにした。ロシアやフランスなど原発大国からは日本の「過剰評価だ」と指摘する声も相次いだ。背景には、国際的な原発推進路線の「後退」への危機感の強さが読み取れる。
 「原子力の平和利用」の旗振り役であるIAEAは、福島原発事故を「大きな挑戦」(天野之弥事務局長)と受け止めている。
 天野氏はウィーンで開催中の原子力安全条約検討会合の冒頭、福島原発事故にもかかわらず「原子力への関心の背後にある基本的な要因は変わらない」と指摘。国際的なエネルギー需要の拡大や気候変動、不安定な化石燃料価格への対策として原子力の有用性を訴えた。
 一方、IAEAには「原子力安全策の確保、向上」という重要な使命も課されている。このため、天野氏は「原子力の安全性に関する世界の懸念を深刻にとらえなければならない」とも強調、加盟国などに、国際的な安全基準の順守や透明性の確保を訴えている。
 原発推進と安全確保の両立を図るIAEAだけに、福島原発事故への評価には慎重にならざるを得ない。
 フローリー事務次長は12日の記者会見で、日本の「レベル7」への引き上げには理解を示しつつ「福島原発事故とチェルノブイリ事故はまったく違う」と何度も力説。レベル引き上げに伴う過剰な警戒をいさめる格好になった。
 IAEAによると、新たに原発計画を検討している加盟国は昨年末時点で60カ国以上。既に原発計画を実施している29カ国のほぼすべてが、計画継続を予定していたという。
 86年のチェルノブイリ事故から25年。「原子力ルネサンス」の到来が叫ばれていただけに、原発先進国の日本で起きた福島原発事故の評価は、今後の国際的な原発政策の流れにも大きな影響を及ぼすことになる。


二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら


タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス