日本、福島原子力発電所核漏れ事故レベルを7へ引き上げ決定 | 日中ニュース比べ読み
2011-04-12 21:50:32

日本、福島原子力発電所核漏れ事故レベルを7へ引き上げ決定

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

  中新网412 据日本新道,日本原子能安全与保安院12日上午做出决定,将福第一核站的核泄漏等由目前的5提高到7意味着,福第一核站的核泄漏达到了与切尔诺贝利核站同的等,属于最高
  日本原子能安全与保安院称,
是根据国核泄漏等级评定机构INES定的准重新定的。但是,保安院然福站的核染范围较大,但核放射量远远低于切尔诺贝利核站。
  1986
426日凌晨,位于苏联乌加盟共和国首府基以北130公里的切尔诺贝利核生猛烈爆炸,反堆机房的建筑遭到坏,同时发生了火灾,重的核泄漏事故。
  日本原子能安全与保安院称,
一提高核泄漏等告,将国家原子能委会和内阁进行最后的定。
  3
18日,保安院定的福第一核站的核泄漏等级为5

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ



(日本語訳)

 中新ネット4月12日、日本ネットニュースの報道によると、日本原子力安全・保安院は12日午前、福島第一原子力発電所の核漏れレベルを以前までのレベル5からレベル7に引き上げることを決めたという。これは、福島第一原子力発電所の核漏れ規模がチェルノブイリ原子力発電所と同等のレベル(最高レベル)に達したことを意味する。

日本原子力安全・保安院は、これは国際核漏れレベル評定機構
INES規定の標準に基づいて新たに査定したものだという。しかし、保安院は、「福島原子力発電所の核汚染の範囲は比較的大きいが、核放射量はチェルノブイリ原子力発電所を遥かに下回る」と述べた。
1986年4月26日早朝、ソ連ウクライナ加盟共和国首府キエフ市以北130キロメートルに位置するチェルノブイリ原子力発電所で、激しい爆発が発生し、原子炉機関室の建物が破壊した。同時に火災が発生し、重大な核漏れ事故につながった。

 日本原子力安全・保安院は、この核漏れレベル引き上げの報告は、国家原子力委員会と内閣に受け渡され、最後の査定を行うとしている。

 3月18日、保安院が査定した福島第一原子力発電所の核漏れレベルは5だった。


(日本の記事)

→日本の記事のページへ

[東京 12日 ロイター] 経済産業省原子力安全・保安院は12日、東京電力(9501.T: 
株価レポート
福島第1原子力発電所の事故について、国際評価尺度で最悪の「レベル7」に引き上げると発表した。
「レベル7」はチェルノブイリ事故と同レベル。これまでは「レベル5」としていた。 
 原子力安全・保安院と原子力安全委員会は12日午前の会見で、ヨウ素131やセシウム137など放射性物質による被曝の総量などを考慮した結果、レベル7に相当する値と判断したとしている。
放射性物質の放出量はチェルノブイリ事故の1割程度と見られるという。


二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら


タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス