日本防衛省、東北被災地で服務している自衛隊の手当引き上げを決定 | 日中ニュース比べ読み
2011-03-28 09:47:35

日本防衛省、東北被災地で服務している自衛隊の手当引き上げを決定

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

中新网327,日本防26日宣布提高派遣到北灾区服的自卫队员
中央社援引日本读卖道,由于力公司管理的福第一核厂危机尚未解除,任内容相当危,加上理震灾海体作业庞大,防省决定提高灾害派遣补贴
连续
工作2天以上的自卫队员,每天可支1620日元(130.48人民);若工作地区在撤离命令布范内,有暴露在射中的危13240日元。
  至于
体的自卫队员11000日元,损伤较严重的12000日元。

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

中心ネット
327日、日本防衛省は東北被災地で服務している自衛隊の手当を引き上げると26日に発表した。
  日本読売新聞の報道によると、東京電力は福島第一原子力発電所の危機はまだ解除されていなく、任務の内容がとても危険である。さらに津波で亡くなった人の遺体を処理する作業が非常に膨大なため、防衛省は被災派遣及び遺体処理の手当を引き上げることを決定した。

  連続で二日間以上働く自衛隊隊員は毎日
1620円を受け取ることができる。撤退発令した範囲で、放射能をあびる危険の可能性の中で働いている隊員は毎日3240円を受け取ることができる。
  遺体を処理する隊員は一日
1000円で、遺体損傷が激しい場合は一日2000円である。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

 防衛省は26日、東日本巨大地震の被災地で活動する自衛隊員に対して支給する「災害派遣等手当」と「死体処理手当」について、支給額を現行よりそれぞれ引き上げる方針を固めた。


 約3700体の遺体収容や約230体の搬送(24日まで)、東京電力福島第一原子力発電所の放射能漏れ事故に伴う放水など、従来の災害派遣の想定を大きく上回る、過重で危険な活動内容に応えるためだ。


 現行の災害派遣等手当では、隊員が捜索救助などに2日以上連続であたった場合の支給額は1日1620円、退去命令が出ている区域や被曝(ひばく)のおそれがある区域などで特に困難な任務が伴う場合は同3240円となっている。


 遺体の収容に従事した隊員に対しては、1日1000円(損傷の激しい遺体の場合は同2000円)の死体処理手当を災害派遣等手当に加算して支給している。



二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら


タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス