福島原子力発電所17名の復旧作業員が高い放射能をあびる | 日中ニュース比べ読み
2011-03-27 10:55:30

福島原子力発電所17名の復旧作業員が高い放射能をあびる

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

  中新网326 据共同社道,日本经济产业省原子能安全保安院25日在众院厚生劳动会上的答中透露,在福第一核行修复作工中,已有17人遭受100毫西弗以上的核射。
  保安院介
称,力公司的告称,截至25日,总计180人次参与修复作,所有工都接受了射量监测,最高射量达198毫西弗,但并没有工出急性射的症状。
  厚生
劳动省在经济产业省的要求下,于15日将核站工作人的全年射量上限从100毫西弗提高到了250毫西弗。

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

  中新ネット
326日 共同社の報道によると、日本経済産業省原子能安全院は25日厚生労働委員会の答弁の中で、福島第一原子力発電所で復旧作業を行っている作業員中、すでに17人が100ミリシーベルト以上の放射能をあびた、と述べた。
  保安院の紹介では、東京電力の報告によると、
25日までに、総計約180人が復旧作業に参加し、作業員全員が放射量の観測を受けたが、その中で最も高いのは198ミリシーベルトだが、急性放射の症状が現れた作業員はいなかった。
  厚生労働省は経済産業省の要求のもと、
15日から原子力発電所の作業員の一年間の放射量を100ミリシーベルトから250ミリシーベルトにレベルアップした。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

 高濃度の放射性物質に汚染された水が、復旧が急がれる1~4号機で次々と見つかっている。作業員を危険にさらせば、作業は立ち行かない。専門家からは「作業員のストレスは限界。東電側が最大限配慮すべき」との声が出ている。

 被曝した作業員は汚染された水たまりに短靴で入り、足の皮膚に直接放射性物質が触れる結果を招いた。京都大学原子炉実験所の渡辺正己教授は「被曝は長靴で簡単に防げた。基本的知識が伝わっていなかったのは管理側の落ち度だ」と指摘する。

 3号機タービン建屋で見つかった水は深さ20センチ~150センチ。正確な水量は把握できていないが、簡単に処理できる量ではないらしい。

 作業が大量の放水を受けている原子炉建屋に及べば、飛び散って壁についた水、天井からしたたる水も脅威になる。東電は水に濡れたら退避するよう作業員に伝えたが、現場には建屋の爆発に伴うがれきも散乱している。3号機近くのがれき付近の放射線量は毎時400ミリ・シーベルトに達している。

 放射線の防護力が高い陸上自衛隊の戦車による除去も検討され、2台が21日に福島県入りしたが、戦車の重さで、張り巡らされた電気ケーブルや地中の配管が傷む恐れがあるため、作業はまだ行われていない。


二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら


タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス