日本の不動産市場突破口を追求 中国人が将来の開拓ターゲット その1 | 日中ニュース比べ読み
2011-03-09 21:25:27

日本の不動産市場突破口を追求 中国人が将来の開拓ターゲット その1

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

中新网38 据日本新华侨报道,了更好地中国人客服,日本一些房地公司在每个星期举办两次中文,同鼓励公司极学中国器、中国画等中国文化,希望未来能中国文化这样抓手来抓住中国客的者近日在日本房地管理论坛2011”得的息。
3
2日,由日本十七家不动产的相关企参加的《不动产管理论坛2011》在行。18位代表围绕找日本房地突破口问题展开了探
随着
少子化代的日深入,日本的经济出不容乐观的状,房地也呈逐渐缩小的趋势。但是,放眼洲市,日本之外很多国家正经济快速成期,其中,作为邻居的中国的经济发展尤引人瞩目。因此,次房地管理论坛的主旨就是放眼洲市求日本不动产活性化的突破口



→実際の記事のページへ

→記事読み動画へ


(日本語訳)

中新網3月8日、日本新華僑ネットニュースの報道によると、中国人の顧客のためのよりよいサービスのため、日本の不動産会社は現在、毎週2回中国語のレッスンを行っている。同時に、社員に積極的に中国楽器、中国の絵画などの中国文化を勉強するよう励ましている。将来、中国文化のこのような“手をつかむ”やり方を通し、中国人顧客の“心”もつかまえようという狙いだ。これは近日、日本における《不動産管理マネジメントフォーラム2011》で記者が得た情報だ。
3月2日、日本の17の不動産業の関連企業が参加した《不動産管理マネジメントフォーラム2011》が東京で開かれた。18名の代表が“日本の不動産市場の突破口を追求する”問題に対し討議を行った。

“少子化”時代に日ましに突入するにしたがって、日本の経済成長は楽観できない状態であることが明らかであり、不動産投資市場もしだいに縮小する傾向にある。しかし、アジアの市場に目を置くと、日本以外の多くの国ではまさに経済が高速的な成長期にあり、その中でも、隣国の中国の経済発展は著しい。このため、今回の不動産マネジメントフォーラムの主旨は、“アジア市場に目をむけ、日本不動産市場活性化の突破口を追求すること”となった。


(日本の記事)

→日本の記事のページへ

日本新華僑報によると、ここ数年、中国人富裕層の間で日本の不動産への投資が流行しており、多くの中国人富裕層が日本を訪れ、不動産を購入しているという。12日、中国新聞網が伝えた。
 中国人向けに日本の新築物件及び中古物件、投資物件を販売している不動産会社は、「投資目的で東京23区内にある1億円前後のマンションに興味を示す中国人富裕層が増えている」と語った。これら富裕層はすでに中国にマンションをいくつか保有しているというが、リスク分散のために日本での不動産投資を考えているようだ。
また、北海道を舞台にしたラブコメディ映画「狙った恋の落とし方(原題「非誠勿擾」)」が中国で爆発的に流行したことにより、北海道への投資を希望する中国人富裕層も少なくない。
 家具販売大手のニトリ(本社・札幌市)の子会社で広告業のニトリパブリックは北海道千歳市に中国人富裕層向けに3000万円前後の別荘を建設したが、竣工を待たずして17棟の別荘は完売。完売を受けたニトリパブリックはさらに別荘を建設する予定だという。


  中国人富裕層が海外の不動産に手を伸ばし始めたのは、中国では土地は国家の財産であり、居住用の土地使用権は70年で国に返却しなければならないことや、中国不動産バブルがいずれはじけてしまうことを富裕層が認識し始めたことが背景にある。中国人富裕層が日本の不動産に興味を示すのは、日本は中国から距離的に近いうえに、現在の不動産価格が割安であることが理由と見られる。

二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1





Ameba人気のブログ

Amebaトピックス