日本の科学研究員が人型携帯電話を開発 感触はまるで人間の肌 | 日中ニュース比べ読み
2011-03-05 20:39:20

日本の科学研究員が人型携帯電話を開発 感触はまるで人間の肌

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

中新网35 据日本新道,日本日前开出一款外壳似皮肤的人性手机,以使用感到他电话另一端的人更近。
道称,种手机的形状比手掌略大一些,外壳的感就像是人的皮肤。人形手机部安装有声器,胸部安装一个光二极管,使用电话时这个二极管光,待机时则发光。
研究人
称,种手机的人性设计是模糊的,因此你可以把它当作男人、女人、年人或者是老人。
据悉,
该项目是日本大阪大学、移NTT DoCoMo和其它一些机构合作完成的。日本国际电气通信基研究所称之一种革命性的信媒介,因它就像你正在谈话象一。研希望种手机在五年内投入商品化生,并增加像和识别功能。

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

中新網3月5日、日本ネットニュースの報道によると、日本は先日、表面が皮膚のような人間らしい携帯電話を開発した。ユーザーに通話相手をもっと身近に感じさせるためのものだという。

 報道は、この携帯電話の形は手のひらよりもやや大きく、表面の感触が人間の皮膚のようだと述べた。人型携帯の頭部にはスピーカーを、胸部には発行ダイオードを取り付けた。電話の使用中はダイオードが青い光を発し、待機中は赤く光る。

 研究員は、この携帯電話の人間らしいデザインはあいまいであり、このことから自分で男性、女性、若者、老人として扱える、と話した。

 知るところによれば、このプロジェクトは日本大阪大学、移動運営商
NTT DoCoMoとその他機構が協力し完成させた。日本国際電気通信基礎技術研究所は“革命的な電信媒体”とし、なぜなら“それはまるで話し相手のよう”だから、と話した。研究開発員は、この携帯電話が5年以内に商品化生産に投じることを目指し、画像や言語識別機能を増やしたい、としている。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

【3月4日 AFP】国際電気通信基礎技術研究所(
Advanced Telecommunications Research Institute International
ATR
大阪大学(Osaka University
NTTドコモ(NTT DoCoMo
)などは3日、通話相手を身近に感じられる人型の携帯電話を開発したと発表した。
 試作品は手のひらより少し大きいサイズで、表面には人肌のような手触りの素材を採用。頭の位置にスピーカーを埋め込み、胸の位置に内蔵した発光ダイオードは通話中は青、待機中は赤に光る。人の形は老若男女いずれにもとれるデザインになっている。
 今後、画像認識や音声認識機能を付加して、5年以内の実用化を目指す。


二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1





Ameba人気のブログ

Amebaトピックス