日本の前原誠司外相対中援助借款の大幅削減を指示 その1 | 日中ニュース比べ読み
2011-03-04 10:46:52

日本の前原誠司外相対中援助借款の大幅削減を指示 その1

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

中新社32()据日本《每日新》和共同通社的消息,日本外相前原司已向外省下达指示于中国政府开援助(ODA)行大幅削减。
其理由引援一位日本外
省官“ODA的目的是支持展中国家的,而如今中国的GDP反超日本成世界第二,再行同的援助就有些不合情理了
新增
对华日元款在日本自民党期的2007年画上了句号,而无偿资金援助和技援助直到继续。此次将要大幅削减的就是后者。

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

中新社東京3月2日、日本の毎日新聞と共同通信社のニュースによると、日本の前原誠司外相は、外務省に中国政府への開発援助(
ODA)に対して、大幅な削減を行うことの指示を下した。
この理由として、日本の外務省役人の言葉を引用すると、「
ODAの目的は発展途上国への支持であり、中国のGDPが日本を超え世界第二位になった今、同様の援助を実行することは情理に合わなくなった。」
新増対中円借款は日本の自民党が政権を握っていた時期の2007年に終止符を打ち、無償資金援助と技術援助は現在に至っても継続されている。今回大幅削減されるのは後者の方である。


(日本の記事)

→日本の記事のページへ

前原誠司外相が中国に対する政府開発援助(ODA)を削減するよう見直しを指示していることが1日、分かった。ODA本来の目的は途上国支援だが、外務省幹部は「中国が国内総生産(GDP)で日本を抜いて世界2位になったのに、同じようにやるわけにいかない」と述べた。12年度予算編成に向け、同省内で6月ごろをめどに協力案件の絞り込み作業を行っている。


 対中ODAのうち有償資金協力(円借款)は自民党政権時代の07年度に終了。無償資金協力(09年度実績13億円)と技術協力(同33億円)は現在も続いている。政府関係者は「環境対策や感染症対策などを中心に続けているが、交流事業などでODA以外の予算に入れられないか、精査している」という。


 対中ODA見直しは、昨年9月の沖縄県・尖閣諸島沖の漁船衝突事件を受け、中国への世論が悪化していることも影響している。


 ただ、外務省内では「中国への外交ツールとして必要。来年の国交正常化40周年に向けて関係を改善しようとしているのに、中国に誤ったメッセージを送らないか」との異論も出ている。


二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1







Ameba人気のブログ

Amebaトピックス