日本九州地区経済白書、中国等のアジア旅行客の引きつけを提案 | 日中ニュース比べ読み
2011-03-01 16:40:38

日本九州地区経済白書、中国等のアジア旅行客の引きつけを提案

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

中新网227 据日本共同社道,日本九州经济调查协会日前表了题为访日外国人光新段》的2011年度九州经济白皮。在经济发展促使赴九州旅游的洲游客不断增多的形下,白皮完善基础设施等以使光船能固定停靠,并希望企与地方政府合作开高附加的旅游商品。 
白皮
指出,对亚洲游客而言,九州地区距离近而且旅便宜,即便旅行时间较短也能松感受,因此受到游客好海路前来的旅客比率高。另外,2007年从九州及近的山口入境的外国人超100万,但要把光作地区支柱产业则2020年底前把人数提高到在的近3倍。
白皮
书还预测,前来九州的洲游客除了目前人数最多的国人外,中国人将会大幅增加。国游客个人旅游者多,而且多以打高目的,但目前中国游客以旅游团为主。把握各国不同的需求行宣、明确找出与国内其他地区的差异十分重要。
白皮
称,除了交通工具等光地和住宿地信息外,由于使用网者增多,信息的多言化成了当之急。特是中国关于九州地区的信息少,白皮在日留学生的口碑,并将其定位为对外宣的窗口。今后的课题在于增加定期航班、完善那霸机航站楼基础设施、培养懂外宾馆务员

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ



(日本語訳)

中新網2月27日、日本共同社の報道によると、日本の九州経済調査協会は数日前、《訪日外国人観光新段階》と題した2011年度九州経済白書を発表した。経済発展が九州旅行にもアジア観光客の増加を促した情勢の下、白書は観光船が決まった場所に停船できるような完全な基本施設などを提案し、企業と地方政府が協力して高い価値のある旅行商品の開発に努めることを期待した。
白書は、アジア観光客にとって九州地区は比較的近く、旅費も安いので、仮に旅行時間が短くても、リラックスすることができるため、旅行客から好評を得ている。船で訪れる観光客の比率が高い。そのほか、2007年に九州及び近くの山口県に入国する外国人が100万を超えたが、観光を地区の支柱にする産業は2020年末前までに、現在の3倍近くの人数を更新する必要がある。
 白書はまた、九州を訪れるアジア観光客は、現在人数の一番多い韓国人の他に、中国人も大幅に増加するだろうと予測した。韓国観光客は個人旅行者が多く、ゴルフ目的で訪れる観光客が多い。しかし、中国観光客は旅行団体を主としている。各国のあらゆる需要を把握し、宣伝を進め、国内他地区とのはっきりとした相違を見つけ出すことが重要だ、とした。
 白書は、交通手段など観光地や宿泊地の情報以外にも、インターネットを使用する人が増えているため、情報の多言語化は当面の急務となっている、とした。特に中国は九州についての情報が比較的少ないため、白書は、在日留学生の口コミを重視し、これを対外宣伝の窓口とする、とした。今後の課題は定期的なフライトを増やすこと、完全な那覇空港国際ターミナルビルの基本施設、外国語のわかるホテルスタッフの育成などである、とした。


(日本の記事)

→日本の記事のページへ


二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら


タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1







Ameba人気のブログ

Amebaトピックス