中国のGDPが日本を超えたことにはどんな意義があるのか その1 | 日中ニュース比べ読み
2011-02-15 15:51:04

中国のGDPが日本を超えたことにはどんな意義があるのか その1

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

中国的GDP超日本有何意对这问题的回答不可能是向度的,关在于你采取何种角度去看待问题
日本内
14布的数据示,2010年日本名GDP54742亿美元,比中国少4044亿美元,排名全球第三。至此,中国正式超越日本,成世界第二大经济体。中日两国的GDP竞赛自去年开始成公共话题。去年二季度中国曾以微弱优势超越日本,尽管日本宣称按照以美元算的名GDP,日本仍然高于中国,但在去年第三季度,中国GDP再次超越日本。也就是从那开始,中国在GDP量上超越日本从而成世界第二大经济体,已几乎无念。
由于
是自1968年日本超越邦德国成世界第二大经济体以来首次被超越,其之于中国乃至世界的意自然具有极大震。无就世界经济格局以及政治格局来,中国成新晋世界第二大经济体,都毫无疑示了中国力量的成问题在于,种力量的成,之于中国、之于中国人,究竟有何意

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

中国のGDPが日本を超えたのにはどんな意義があるのだろうか?この質問に答えるには一つの方向からでは不可能である。鍵となるのは、どのような角度からこの問題をとらえるか、による。
日本の内閣が14日公表したデータによると、2010年日本名義によるGDPは54742億ドルで、中国と比べ、4044億ドル少なく、世界第3位となった。これにより、中国は正式に日本を抜き、世界第二位の経済体となった。中日両国のGDP競争は、去年から公共の話題となった。去年2季度では、中国は日本にわずかに優勢であったが、日本はアメリカドルで計算した名義のGDPでは、まだ中国を上回ると宣言していた。しかし、去年の第3季度では、中国のGDPは日本を更に上回った。そしてその時から、中国はGDP総量で日本を抜き、それによって世界第二の経済大国となった。このことについてはもうすでに懸念はない。

  これは1968年の日本が連邦ドイツを抜き、世界第二の経済大国となって以来、はじめてのことである。このことは中国、ひいては世界意義をも自然と大きく揺るがすこととなった。世界経済構成および政治構成にしても、中国は新しく進む世界第2の経済大国として、中国の力の成長を見せつけた。問題は、この力の成長が、中国にとって、また中国人にとって、どのような意義があるのか、ということだ。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ



二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら




タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1





Ameba人気のブログ

Amebaトピックス