日本の相撲、凶悪なにせ試合不祥事 春季場所65年ではじめての中止へ | 日中ニュース比べ読み
2011-02-07 18:58:36

日本の相撲、凶悪なにせ試合不祥事 春季場所65年ではじめての中止へ

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

 中新网26 据台湾中广新闻报道,日本惊相扑比造假的丑,日本相扑6日宣布取消原于三月中旬登的春季大是日本大相扑界65年来,首次取消比
 日本相扑界去年曾
经传出有力士参与签赌的丑,日前又被踢爆,有手利用手机短信串通,在比中造假,目前已有三名力士承。相扑会今天宣布,三月1327号要行的春季大取消。
 日本曾
1946年二次大后,因要修复两国国技,而取消夏季大,因被迫取消比是史无前例

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ



(日本語訳)

 中新網2月6日、台湾中広新聞の報道によると、日本の相撲八百長問題で、日本相撲協会は6日、3月中旬開催予定だった春季場所の中止を宣言した。これは日本大相撲会で65年以来初めてとなる場所中止となる。

 日本相撲界は去年、野球賭博問題に関与した力士がいたことが伝えられたが、先日またも、携帯電話のメールを利用し連絡をとりあい、にせ試合を行っていたということが明るみに出た。現在、すでに3名の力士がこのことを認めている。相撲協会は今日、3月13日~27日に開催されるはずだった春季場所の中止を発表した。

 日本は1946年の第二次世界大戦後、両国国技館の修復のため夏季場所の中止をしたことがあったが、八百長問題で場所の中止を迫られたのは、歴史上前例がない。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

 大相撲の八百長問題で、日本相撲協会は6日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、大阪府立体育会館で3月13日から開催予定だった春場所の中止を決めた。本場所中止は、戦争で被災した旧両国国技館の修理が遅れた1946年夏場所以来65年ぶり2度目で、不祥事では初めて。放駒理事長(元大関・魁傑)は「うみを完全に出し切るまでは、土俵上で相撲をお見せすることはできない」とし、場所再開まで期限を設けないことを明らかにした。また、十両・清瀬海について、「関与を認定せざるを得ない」とする特別調査委員会の報告があった。

 協会は、現状のままではファンの理解を得られないと、春場所開催を断念。解明が遅れれば、5月の夏場所以降も中止される可能性がある。巡業の年内中止も決まった。

 問題は、野球賭博事件で警視庁が押収した力士らの携帯電話の記録から発覚。特別調査委員会は、十両・千代白鵬(九重部屋)、竹縄親方(元幕内・春日錦)、三段目の恵那司(入間川部屋)の3人が八百長に関与したと判定しているが、処分は持ち越された。





二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら



タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1





Ameba人気のブログ

Amebaトピックス