日本、中国の急成長に関心:中日は良い相互関係の中“競存”すべき | 日中ニュース比べ読み
2011-02-04 11:47:32

日本、中国の急成長に関心:中日は良い相互関係の中“競存”すべき

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

中新网130 据英国广播公司道,中国的崛起是威胁还是机遇?成日本各界热议话题。中国去年国内生产总值超越日本成世界第二经济大国日本生了很大震,而如何与中国交往更成日本迫切需要解决的课题 

1
29日,日本民文化研究机构与庆应大学在举办题为“与崛起的中国共存”国会。主持该议题庆应大学教授神保谦说,正在达沃斯召开的世界经济论坛上,中国经济成就眩目,团队行程繁忙,而日本首相菅直人引的日方团队庭冷落。
会的序言也道破了下日本官民的酸楚心理:“‘中国崛起’一带给的有是惊与期待;有又是恐惧与羡。蓄的中国常会乱外部世界中人的心理平衡,但毋庸置疑的是,在国社会的方方面面中,中国的影响力正越来越大。
参与
评论的日本学者们纷纷认为,中日在良性争中求共存

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

中新網1月30日、イギリスラジオ局の報道によると、「中国の急成長は威嚇かチャンスか?」が日本の各界のホットな話題になっている。中国は去年国内総生産が日本を超え、世界二位の経済大国となり、日本を大きく揺るがした。そして、如何に中国と付き合っていくかについて、日本は解決すべき課題に迫られている。

1月29日、日本民間文化研究機構と慶応大学は東京で“急成長した中国との共存”と題した国際研究討論会を開いた。この議題の司会を務めた慶応大学教授神保謙は、ダボスで開かれている世界経済論壇において、中国経済の成就はまぶしく、中国メンバーの行程は多忙である。それに引き替え日本の菅直人首相率いる日本メンバーの門前は閑古鳥が鳴いている。

討論会の序言も目下の日本の官僚の辛酸心理を喝破した。:‘中国急成長’という言葉は人々に時には驚きと期待、また時には恐れや憧れを与える。秘めた勢いを発揮する中国は、外部世界の人々の心理バランスを常に攪乱させる。しかし、国際社会のあらゆる面において、中国の影響力はしきりに拡大していることは疑いようのない事実だ。

評論に関わる日本学者は次々と、中国と日本は良好な競争の中で、共存を追及すべきだとしている。


(日本の記事)

→日本の記事のページへ

菅首相が、新たな有識者懇談会「中国問題懇談会」(仮称)を発足させることが、3日明らかになった。

 6日に初会合を開く。首相が中国問題にテーマを絞った有識者懇談会を設置するのは異例。

 昨年9月に起きた尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件以来、冷え込んでいる日中関係改善につなげる狙いがあると見られる。

 懇談会は、御手洗冨士夫・前日本経団連会長を中心に、安藤国威ソニー生命会長、池田守男資生堂相談役、坂根正弘小松製作所会長、成田豊電通名誉相談役、依田巽ティーワイリミテッド会長ら経済人のほか、作家の石川好氏、宮本雄二前中国大使、高原明生東大教授らが参加する。

 テーマ別に参加者を分ける形で進める予定で、初会合では、御手洗氏ら経済人を中心に中国の経済問題などを議論する。




二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら






タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス