在日外国労働者が増加 中国国籍労働者が首位 その1 | 日中ニュース比べ読み
2011-02-03 14:30:27

在日外国労働者が増加 中国国籍労働者が首位 その1

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

 中新网21 据日本新华侨报道,日本由于出生率下降,社会老化和少子化日趋严重。解国内劳动力短缺的情况,日本政府每年都要引大量的外国劳动者。
 据日本《共同网》
道,131日,日本厚生劳动省公布了2010年在日外国人劳动者的雇佣状况、雇佣外国人劳动者的企状况及被雇佣的外国人劳动者数量统计结果。截至201010止,在日的外国劳动者数量已达到649982人,与2009年同期相比,增加了15.5%个百分点。而聘用外国劳动者的各社会体数量则为108760所,与2009年相比增加14.1%
 在各种需要雇佣外国
劳动者的产业中,以制造雇佣的外国劳动最多,达到259362人,比2009年增加15.6%,在所有被雇佣的外国劳动中占到近四成之多。外国劳动者数量排在第二的行是服务业83764人。



→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

 中新網2月1日、日本新華橋報網の報道によると、日本は出生率の下降により、社会的な老齢化や少子化が日に日に深刻になっている。国内の労働力の不足を緩和するため、日本政府は毎年多くの外国人労働者を導入せざるをえない。

 日本の《共同社》の報道によると、1月31日、日本厚生労働省が2010年在日外国人労働者の雇用状況、雇用外国人労働者の企業状況及び雇用されている外国人労働者の数の統計結果を発表した。日本の外国人労働者の数はすでに64万9982人に達し、これは2009年の同時期と比べ15.5%も増加した。また、外国人労働者を招く各種社会実体の数10万8760か所となり、2009年と比べ14.1%増加した。

 外国人労働者の雇用を必要とする各種産業の中でも、製造業において外国人労働者の雇用が最も多く、25万9362人、2009年と比べ15.6%増加した。これは雇用される外国人労働者の約4割に達する。外国人労働者の数が2番目に多い業種はサービス業で、8万3764人となった。



(日本の記事)

→日本の記事のページへ

 2010年2月1日、日本の華字紙・日本新華僑報(電子版)は、日本の企業などが雇用する中国人の数は09年10月末時点で24万9325人に達し、外国人労働者全体の4割以上を占めたと報じた。


厚生労働省が29日に発表した最新の外国人雇用状況によると、日本の企業などが雇用する外国人労働者数は09年10月末時点で56万2818人に上り、前年より15.7%増加した。外国人労働者を雇用している事業所は9万5294カ所に上った。


国籍別では中国人が最も多く、全体の44.3%に当たる24万9325人。





二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら



タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス