日本の民主党、小沢氏を処分するか否か検討 2派対立激化の見込み その1 | 日中ニュース比べ読み
2011-02-02 20:27:24

日本の民主党、小沢氏を処分するか否か検討 2派対立激化の見込み その1

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

中新网131 据日本共同社道,日本民主党前党代表小一郎31日被制起后,领导层将就如何应对展开研究,包括是否采取告其退党或停止党员资格等严厉措施。但是,如果领导层决定分小,并将引发亲泽议员烈反,加党内的立。预计菅直人首相(民主党党代表)将根据舆论和在野党的反慎重做出判断。
 民主党干事
长冈田克野在者会上表示,小的去留由其本人做出判断,党将根据其判断讨论现阶段将关注小的反。他表示小被起一事会4月的一地方选举产生影响,政府的打不可避免。
 官房
官枝野幸男在者会上指出:政治家就去留退自己做出判断。菅直人在众院算委会上表示:基本上是与司法手相关的事,我不知道情,目前不便评论

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

中新網1月31日、日本共同社の報道によると、日本の民主党前党代表小沢一郎氏が31日に強制起訴された後、党のリーダー層がどう対応するかについて、離党勧告や党員の資格の停止などの厳しい対策も含め討論する見込みだ。しかし、リーダー層が小沢の処分を決定するとなれば、小沢派議員の強い反対を引き起こし、党内の対立も激化するとみられる。

民主党幹事長岡田克野は記者会見で、小沢氏の進退については、本人の判断にまかせるとし、「党はこの判断によって討論する。」とした。現段階では小沢氏の反応に注目が集まる。また、小沢氏の起訴は、4月の統一地方選挙に影響を及ぼすとし、政府の打撃はふせぐことができないとした。

官房長官の枝野幸男は記者会見で、「政治家の進退については自ら判断すべきだ。」とした。菅直人は衆院予算委員会で、「これは基本的に司法手続きと関連することであり、私はまだ詳しいことはわからない。現在の段階では評論すべきではない。」とした。


(日本の記事)

→日本の記事のページへ

民主党の小沢一郎元代表の強制起訴を受け、菅首相(党代表)は31日、離党勧告などの処分を民主党役員会で協議する考えを表明したが、小沢元代表を支持する議員と「反小沢」派の亀裂拡大を恐れ、「執行部は処分に慎重になり始めている」(党関係者)との見方も出ている。

 民主党の岡田幹事長は31日の定例記者会見で、小沢元代表の出処進退に関し、「まずは小沢氏本人が自ら判断すべきだ。自ら判断いただくことを前提に、今後党内で議論していきたい」と述べ、明確な態度を示さなかった。

 首相は1月4日の記者会見で、小沢元代表が強制起訴された際の対応について、自発的な議員辞職や民主党離党を促していた。政治とカネの問題に厳しい姿勢を強調することで、政権浮揚につなげたいとの思惑もあったようだ。

 しかし、首相ら党執行部の意気込みは次第にトーンダウンしている。党内の小沢グループの反発が強いことや、小沢元代表があくまで「無実」を主張し、強制起訴が「検察の起訴のように有罪の確信があって行うものではない」(小沢元代表)との指摘もあることから、執行部内にも「処分は裁判で有罪か無罪かが分かってからでも遅くない」(平田健二参院幹事長)との声が出ている。



二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら



タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス