“経済規模が日本を超えた”ことに馬建堂、「経済構造はまだ調整が必要」とコメント その1 | 日中ニュース比べ読み
2011-01-20 13:55:14

“経済規模が日本を超えた”ことに馬建堂、「経済構造はまだ調整が必要」とコメント その1

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

 中新网120 国家统计局今日召开新闻发布会,公布2010年全年经济数据和去年12月份宏观经济数据。国家统计局新闻发言人建堂就中国经济规模世界第二,已日本的消息做出了回,他表示,中国的经济总然不断大,但也要冷静地看到我展方式粗放,有很多重大的经济结构需要化。此外,中日两国不论谁第二、第三,都是两国人民的幸事。
 马
建堂表示,中国国家统计统计布以人民币计价的GDP量、构与速度。有家和媒体根据两个国家的率、两个国家的行比和研究。
 马
建堂称,关于中国经济总量的不断增加和中国经济总量位次的不断提高,我想意思:第一,中国经济总量的增加、位次的提高,是中国人民在中国共党的领导下,斗、不断取的果,是中国改革开放活力不断涌的体,也使中民族复的物更加牢固。

→実際の記事のページへ

→記事読み動画へ


(日本語訳)
 
 中新網1月20日、国家統計局は今日、ニュース発表会を開き、2010年度経済データと去年12月の巨視的な経済データを公表した。国家統計局ニュースコメンテーターの馬建堂は“中国経済規模世界第2位で日本を超えた”ことについてすぐさまコメントした。彼は、中国の経済総生産量は絶えず拡大しているが、冷静になって見てみると、我々の発展の仕方はまだ比較的粗放である。まだ多くの重大経済構造を優れたものにしていかなければならない。そして、“中日二か国において誰が2位で誰が3位だろうと、両国の国民にとっては喜ぶべきことだ。”と述べた。

 馬建堂は、中国国家統計局が人民元に置き換え計算した
GDPの総生産量、仕組みと速度を統計、発表したことを示した。ある専門家やメディアは、二か国の為替をもとに、二か国における総生産量について比較と研究を行った。
 馬建堂は、中国経済総生産量の絶え間ない増加と中国経済総生産量の順位の向上について、3つの意味を述べたいとした。第一に、中国経済総生産量の増加と順位の向上は、中国人民が中国共産党の指導者のもと、苦しみながら奮闘し、絶え間なく進取した結果である。また中国改革開放の活力が絶えず現れる具体的な現れであり、中華民族が復興した物質的な基盤をさらに固めさせた。


(日本の記事)
→日本の記事のページへ





二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

日本の大学入学試験日、悪天候 遅刻した受験生追試のチャンスを得る




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス