先日、とーっても久しぶりにミュージカルに行ってきました爆笑

昨年までは何ヶ月かに1回は行ってたのに、
今年はアートに触れる余裕がなかったからか、
なんと1年ぶりのミュージカル〜あせる

誘ってもらわないとなかなか行けないほどに...

久しぶりのミュージカルは〜

人気ミュージカル俳優 ホン・グァンホさん主演の回の『シラノ』

{D116044D-B561-44A6-A8D3-96C3361DF9A0}

真ん中がホン・グァンホさん
私はミュージカル『デスノート』以来の彼あせる
『デスノート』は音楽も出演者も凄く良くて、私には最高に記憶に残るミュージカル。

{F74DCB1A-1B77-4C2D-A5D3-E047125A01BB}

そして、このお鼻が剣豪作家で主人公のシラノ。

17世紀フランスの実在人物だそう。

雑な解説ですが...三角関係のなんとも切ないストーリーえーん

{E9001D2C-C61A-47CB-BC89-A7D532A60A07}

{CD8CA06E-F38E-4171-ACAD-7830AF8341F3}

{6F0C9227-3050-4C2D-ACF3-5DBAC96CECB2}

私はロクサーヌ(ヒロイン)役のリナさんの歌声と美貌に惚れ惚れ〜ラブ

あんなにキレイに歌えたら、幸せだろうなぁ〜なんて。とても心が洗われる素晴らしい歌声でした。

{D8B43A6B-41FA-497C-AF89-BC17FBFA4304}

チケットは定額表示されていますが、半額でゲット^^
しかも1階席でよく見えましたビックリマーク
毎度、SAKURAさん、ありがと〜ニコニコ

舞台芸術もダンスや歌もまぁまぁテンポよく、そこそこ痛快で楽しめました。

そんなに有名な舞台&曲ではないのですが、LGアートホールで上演されているものなので、それなりにレベルの高いミュージカルです。

10月8日まで上演されていますので、ぜひぜひ音譜


AD
先月、久しぶりにミュージカルを観に行ってきました

ジュンスが主演の『Dorian Gray』クリック(劇場公式)です。

お友達がいい席を確保してくれて、行ってきました〜。
場所は城南アートセンターのオペラハウス。



会社をカルテグン(定時上がり)したので、取りあえずお腹に食べ物を〜。



アルバイト君が外国人だったようで、心の中でガンバレ〜と応援。
コーヒーは火傷するぐらい熱くてビックリしたけど〜

夜だったので、素敵な噴水ショーも。



では、オペラハウスへ・・・




みなさん、お美しい〜

今回のキャスト



채재응さんはオケピに出ていたんですね〜


この肖像画がこの話の中心となっていくのですが〜

ショップをちらりと見学。







お席はVIPの1階席



1階席でも遠く感じたので、オペラグラス持って行けばよかった〜とちょっと後悔。
もっと表情をアップで見られたのになぁ。
公演見る時は常に持参ですね・・・



ここからは撮影禁止です〜。



感想は〜

うん!今までにないミュージカル。
事前に撮った映像を駆使したり、ジュンスのダンスが見られたりと、PVのような感じ。
ファンにはたまらないでしょう〜。なので、日本のお客さんがかなりいました。
西洋のお話なので、ドレスや舞台芸術がとても華やかで美しかったです。

正直、ストーリーは難しく、私は画を追っているような状態でした
字幕がわからなくて、画だけ見るっていうやつです・・・。

展開がころころ変わるので、それだけでも面白いので、観てよかったです。

10月29日まで上演中ですよ〜。

AD
書こう書こうと思っていたら、日が経ってしまいました~

新春初のミュージカルは 『オケピ!』
三谷幸喜さん原作ミュージカルの韓国版です。


11月末に早割15%OFFでチケットを取っておき、1月上旬に見てきました。
ですが、そのあと40%OFFやら50%OFFやら出てきて悲しかったのは内緒

いまや1000万人俳優と言われるファン・ジョンミンさん(写真右)が脚本・主演ということで、
彼が出ている作品をどうしても見たかったんです~

本当に昨年は映画 『国際市場(邦題 『国際市場で逢いましょう』)』や『ベテラン』など
次々とヒットしていましたね。
今は人情のあるいい人役が多いですが、昔はチンピラや悪い役が多かった彼・・・
もちろん、いい人役の今の方が好きです。

ダブルキャスティングでもう一人は人気ミュージカル俳優、オ・マンソクさんです。

この日のキャスティング



三谷幸喜さんが言うように、このミュージカルは全員が主役です。

バイオリン パク・ヘナさん (韓国版『デスノート』のレム役)
トランペット キム・ジェボムさん シュールな役が似合ってました!
ハープ ユン・コンジュさん すごく綺麗で、歌声が響く響く~

ビオラのキム・ウォンへさん、どこかで見たことある~と思ったら、
結構いろんな映画にご出演されていました。ミュージカルではちょっと可哀想な役です。

どの俳優さんも一流で、本当に素晴らしかったですよ~。
みなさん、歌も一流でした。

ロビーは『オケピ!』一色。







オケピはオーケストラ・ピットの略で、ミュージカルの舞台の下で演奏しているオーケストラのこと。
その舞台裏の人間模様、彼らの人生を映し出しているのがこのミュージカルです。

コンダクター(指揮者)が彼らをコントロールしているようであり、巻き込まれたりと、
結構ハチャメチャドラマ。
そのハチャメチャっぷりが面白くて面白くて~とにかく、観てほしいミュージカルです

音楽は服部隆之さん。
日本のドラマの音楽を数多く手掛けている方で有名ですよね。
このミュージカルの主題歌とも言える『オケピ!』という曲はワクワクするメロディーです。

今回の席はなんと1階席の2列目。なのに、R席だったんです。


とってもいい席なのに、VIP席ではないのが意外。

このLGアートホールは格のあるミュージカルをすることが多いので、
場内の写真は絶対に禁止ということが多いのですが、さすが三谷幸喜ミュージカル!?
開演前、インターミッション、カーテンコール写真OKでした。
そして、場内アナウンスが結構面白い。絶対狙ってます。

『マフラーをお忘れになっている方がいます。外は寒くて風邪をひいてしまいますよ。必ず取りにいらしてくださいね~』とこんな感じ。

開演前

オケピはここにいるよ~と見せてくれています。
日本の方の本当のオケピは下にいるそうなんですが、韓国版はオケピが主役のミュージカルなので、あえて目立たせているのかと。

インターミッション中

舞台はこんな感じ。

そして、カーテンコール





ファン・ジョンミン!↓





迫力伝わりますか?
一生懸命撮りました~が、スマホで撮った方の方がキレイだったという・・・

カーテンコール後



最後までオケピの皆さんが演奏されていて、とてもよかったです。

年始に素晴らしいミュージカルを観ることができ、今年も頑張るぞっという気になりました。
今年はどんな作品に出逢えるか楽しみです

こちらの『オケピ!』、ソウルは2月28日までで、その後、大田(テジョン)へ行くそうです。
観たい方はぜひ~

AD
2015年は1年間、お仕事を一生懸命頑張ったので、
自分に何かご褒美をあげたいなぁ~と思い、いろいろ考え~

もともと物欲があまりない私・・・
やっぱり公演だなぁ~と。

久しぶりにコンサート行きたいなと調べていたら~
そうだ!パク・ジョンヒョンのコンサート、行ってみたかったんだ!と。


パク・ジョンヒョン(Lena Park)さんは1998年にデビューして、私が留学していた2000年頃に
いろいろヒット曲を出し、その頃から好きになっていった歌手です。
韓国を代表するR&B歌手、歌姫なのですよ~。
今は「나가수(私は歌手だ)」という番組でさらに実力派歌手として認められています。

これまたギリギリに見つけたコンサートだったので、そんなにいい席ではないですが、
1階席の真ん中なので、いいかなぁ~とポチリ。

ということで、晦日の日に行ってきましたー。

場所は慶熙大学の平和の殿堂です。



この大学にむか~し通ってたので、また懐かしい気持ちに…

会場の前には屋台



公演会場の前に屋台なんてここだけかも…

そして、ライトの販売



買おうか迷ったけどね~

中に入ると・・・人でいっぱい





私はパク・ジョンヒョンファンとして行きましたが、Fly to the skyとコラボのコンサート。







なので、日本をはじめとする各国のファンからのプレゼント





ブライアンはコンサート中、「ありがとう~」と日本語で言ってくれましたよ。
日本人のファンの方もあちこちいらっしゃいました。

いよいよ始まりま~す。



では、コンサートの内容・・・

2組の主人公、パク・ジョンヒョンとFly to the skyの歌でスタート

そして、前半はコンサートのタイトル『その年、冬』
つまり、恋愛がテーマのようです。
恋愛10年目のカップルの物語がスクリーンに映され、
パク・ジョンヒョンとFly to the skyがストーリーに合った恋愛の歌を歌っていきます。

なんだか、しんみりとして引き込まれました。
ちょっぴり恋愛コントもあり(笑)

舞台芸術など演出、特にスクリーンの映像と歌手、歌がマッチしていてとてもよかったです。

パク・ジョンヒョンは

나의 하루
꿈에
You mean everythng to me
Thank you

などのヒット曲を歌ってくれました~。

彼女のMCを聞いて、やっぱり彼女、可愛いわぁ~と。
でも、私より年上のお姉さまなんですけどね・・・
小柄な体とは対照的に、安定した歌声でパワフルです。

私が好きなデュエット曲「사랑보다 깊은 상처」をファニと歌ってくれて、
ドキドキしちゃいました~。

いやぁ~ファニは整形してしまった直後はうわぁ~と思ってしまったけれど・・・
男らしくなってカッコいいなぁと。観客は彼のファンが多かったようで、歓声がすごかったです。

Fly to the skyのコーナーでは

私でも知っている名曲をいろいろと歌ってくださり、酔い惚れましたよ~。

ブライアンは喉の調子がよくないようで、声があまり出ていなくてちょっと残念。
復活した歌声をぜひとも聞いてみたいです。

1組だけでなく、2組のコラボコンサート。
とってもお得でした~。

どちらの名曲を同時に聞けて、大満足3時間のコンサート。

最後の方は韓国で人気の歌謡曲で盛り上がったりと、歌番組のようでした~

また、コンサートに行きたいなという気持ちに。

今年もいろんな公演を観に行けたらなーと思っています。

今月たまたま国際交流基金の図書館で見つけたチラシ↓



村上春樹さんの原作と蜷川さんコラボの舞台
『海辺のカフカ』です。
そして、宮沢りえと藤木直人~。
ちょこっと鈴木杏も出るけどね。

これは観たい!と思い、すぐ家に帰ってポチリ。
席がほんの少ししか残っていなかったのですが、私が予約したのは水曜文化の日。
文化の日割引で、3階席のちょっと安いチケットをゲットできました~。
早い人は何カ月も前に予約していたそうですね~



私の隣の席の方々は日本の人でした。



次は三谷幸喜さんの作品の『オケピ』を観ようと思ってます。

入るまで、あちこちパチリ。





グッズショップ。Tシャツはちょっと微妙なデザイン・・・。



公演時間は3時間。
夜の7時30~10時45分までと続きます。

3階席のため、オペラグラス参戦。



女優さん俳優さんのお顔をアップで拝見できました~。
そんなに広すぎるホールではないので、グラスなしでもよく見えました。

いやぁ~村上春樹の独特で不思議な世界を蜷川さんが作るとこうなるのねと。
1部ではバラバラになっていた話が、2部でまとまります。
舞台芸術もまるでその場にいるように、キチンキチンと変わっていきます。

マイクなしの地声での舞台。
私は初めてでした。

3階席だったので、ちょっと小さく聞こえましたが、ストーリーはわかりましたよ。
藤木直人さん、意外とはっきり話すので、観ていて素敵でした。
宮沢りえさんは相変わらず、細く美しいキラキラ

韓国の方は両サイドの字幕で見る感じになりますが、
私はもちろん字幕なしで観て、久々にストレスフリーの舞台はよかったです。

同じ会社の子や在韓仲間の人たちも観に行っていたようで。
あとで、みんなで感想を話すのが楽しみです。

このLGアートホールは日本の舞台をよく上演してくれるので、
次の舞台が何か楽しみですね~