最近ハマっているもの。 | 渋谷 占い館バランガン@ジャミ子

渋谷 占い館バランガン@ジャミ子

【出演情報】
渋谷店:火・金・土曜日

東京都渋谷区宇多川町2-8-2 ニュー渋谷ビル4F
https://shibuya.balangan.jp

こんにちは^^

 

 

最近ハマっているものがあるんですけど、

 

 

“ミキ”って飲み物を知っていますか?

 

 

お笑い芸人じゃないですよ!

ミキ・プ◯ーンでもないですよ笑い泣き

 

 

“ミキ”とは、

沖縄諸島や、奄美大島に伝わる伝統乳酸飲料なんですけど、

もともとは、神事祭事の際に島の霊力のある女性の神職ノロの方々が

神と人をつなぐお供え物として奉納されていた御神酒だそうです。

 

 

新海誠監督の『 君の名は。』で主人公の三葉が、

神事祭事の際に、口噛み酒を作っていたじゃないですか、

あれです。あれ!

 

 

そして、

映画でも口噛み酒を飲むことで、

あっちの世界とこっちの世界が繋がったシーンが

あるじゃないですか。

 

 

『神=見えない世界』と

『人=見える世界』を繋ぐ飲み物が

本当に存在しているなんて、、、、

 

 

神秘的なもの好きとしては、

めちゃくちゃ興味もっちゃうじゃないですか!

あなたも興味もっちゃいますよね!?ニコニコ

 

 

だから、先日ミキ作り体験に行ってきました^^

 

 

どんな味か全く想像つかなかったので、

めちゃくちゃドキドキだったんですけど、

 

 

作りたてのミキは、

甘酒のようでとってもおいしかった!

 

 

それが発酵すると、

酸味がでてきて、

シュワシュワして

また違った味になって面白いんです。

 

 

しかも、気温、湿度によって味も状態も変わるんですって。

常に変わるってなんか生きてる感じがしていいですよね。

 

 

そして、さらにすごいのが

ミキは、糀よりも前に存在してる発酵食品で

なんと縄文時代から作られていたとか!?

 

 

しかも、1ccに1億個の乳酸菌が含まれるみたいで、

腸内環境整いまくりですね。

すごくないですか無気力びっくりマークはてなマーク

 

 

そんなミキですが

めちゃくちゃ簡単に作れるので、

 

 

夏バテ防止に!

ヨーグルト代わりに!

腸内環境を整えて気分が晴れやかになるために!

 

 

作り方を記載しておきますので、

ぜひ作ってみてくださいね^^

 

 

しあわせの魔法をかけてあげる義理チョコ

 

 

ジャミ子

 

 

●ミキの作り方●

材料:米150g、水600ml、さつまいも30g

出来上がり800mlくらい

 

1お米を洗って、分量のお水でお粥を炊く

2さつまいもは皮を剥いて、30分以上水につけておく

3お粥ができたら、50℃くらいになるまで冷ます。

4お粥がさめたら、すりおろしたさつまいもを入れよくかき混ぜる。混ぜていると急に手応えが軽くなってくるので、そうなるまでしっかり混ぜる

5保存容器に移し、常温で発酵させる

(夏なら半日、冬なら3日くらいで発酵します。時々かき混ぜて発酵の状態をチェックしてくださいね。発酵サインは、酸味がある香り、酸味がある味、プクプクしてくる)

6発酵したら冷蔵庫で保存。冷蔵庫に入れてても発酵は進むので時々かき混ぜて1〜2週間以内で使い切ってくださいね!

 

出来上がりは甘酒みたいな味ですが、発酵が進むと酸味がでてきます。

シュワシュワしたものができたり、

サラサラなミキができたり、

もったりしたみきができたりいろいろ!

 

出来上がったミキはミキサーとかブレンダーにかけるとサラサラになって飲みやすいです^^

 

出来上がったミキをそのまま飲んでもいいし、

スムージーに入れてもいいし、ヨーグルトみたいに、グラノーラやシリアルにかけても美味しい!