今時、アルマーニ?後ろ指さされて笑われるだけ!!!  | ショージ・サエキのブログ

ショージ・サエキのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

 

東京銀座の区立泰明小学校が、高額な制服を今春から採用するとしている。

 

制服の値段は8万円~8万5千円位だそうだが、問題となるのはその値段よりも、そのデザインのダサさに児童や保護者がいかに耐えられるかどうかである。

 

 

筆者はこの制服を最初に見た時には、「ここの校長は、ナチス崇拝者なのか?」と思ってしまいました。

 

デザインもそうですが、独断で制服を導入しようとしているわけですから、正にヒトラーを彷彿させられます。

 

子供達を一体どうしようと考えているのでしょうか?

 

 

 

都内では制服のある小学校は決して珍しくはありません。

 

デザインのかっこ良さと価格がマッチしていれば、制服ほど、嬉しい物はありません。

 

筆者が小学生の頃は制服がない学校へ通っていましたが、家が貧しく兄のお下がりの服だとか、安物の3足いくらだとか、5足いくらだとかの靴下をさらに、破れたらつぎはぎをして履かされていたものです。

 

周りの級友達は洋服をたくさん持っているし、ワニのマークのラコステ等のブランド服を着ていたりしていました。

 

私の場合は、毎日同じような服を着ていましたので、貧富の差を見せ付けられました。

 

小学校の頃はそれが大変なコンプレックスになっていたのです。

 

ですから、私は価格が安価であれば、小学校に制服があっても良いと考えております。

 

 

また、筆者の職場に数年前ですが、年配の方が以前おりまして、その方がダボッとしたスーツを着てくるのでした。

 

自慢げに「このスーツはアルマーニでうん十万する!」と言ってましたが、私は心の中で失笑してしまいましたが、ダサいと本音を言うわけにはいかなかったので、「素敵ですね!凄いですね!」と言ってやり過ごした記憶があります。

 

この年配の方は時代感覚がバフル時代で止まっており、今時アルマーニでは、周りの人達から笑われているのを知らないのであります。

 

これと同じく、アルマーニの制服を導入しようとしている校長も時代感覚がかなりズレているのが見受けられます。

 

例えば、バフル時代に流行った以下の物を持ち歩いていると間違いなく周りから失笑されるのです。

 

 

 

 

 

ロレックスの腕時計、ハンティングワールドや MCM のバッグ、あるいはヴェルサーチの傘を持ち歩いていたら確実にダサいと思われてしまうのであります。

 

ですから、泰明小学校の制服は価格が高いという論点よりも、「ヒトラー制服!」とか「ナチス制服!」とかと言われてバカにされるのではないか?という論点の方がむしろ重大なのです。

 

 

そんな制服を着て町を歩いていると、みんなから後ろ指をさされて失笑されるのがオチなのであります。

 

児童の保護者の方は覚悟出来ていますか?

ショージ・サエキ (世直しジャーナリスト)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。