誤解は解けるのか?本当の自分はそうじゃないとモヤモヤしたとき | 小さなお店のリピート集客術

小さなお店のリピート集客術

小さなお店のリピート集客術


テーマ:

「え?俺のことそんなふうに思ってたの?」

 

みなさんもありません?

 

自分をそのままの自分に思われていないと感じること

 

僕はよくあります。

 

たぶん、その相手は自分の一部分だけを見て決めつけてるだけなんだけど、

 

間違ったレッテルと貼られるとストレスがたまります。

 

小さなことなら良いのだけど、

 

「あいつは利益主義で金にならないことはやらない」

 

なんて誤解されたら本当に嫌な気持ちになります。

 

そんな時、どうすればよいのか?ということなのですが、

 

別に誤解をとく必要はないと思っています。

 

相手がそう思ったのであれば仕方ないこと。

 

相手の気持ちまでコントロールするつもりはないし、わざわざ説明するのも疲れます。

 

それよりも実際はそうじゃないんだよってことを行動で示すことかな。

 

悪い意味で、誤解されてるのであれば、少なくともその人はお客さんにもパートナーにもなりません。

 

自分の生活や仕事にに関係のない人なのです。

 

だから僕はそこを見ないようにしています。

 

でも、なぜそう思われているのか?自分の発信や行動はしっかり振り返りますね。

 

そう思うには何か理由があるわけですから、間違いがあったなら正せばいいし、周囲への配慮が足りなかったなんてこともあると思います。

 

本音で話をしても何年たっても誤解が解けないなら、もういいや。ってなります。

 

自分に原因があったにしても、線は引きます。

 

でも、誤解は自分の行いが原因であることが多いですよね。

 

僕はそう思っています。

 

一度誤解されると、それが相手にとっての真実となります。

 

相手の気持ちは、なかなか変わるものではありません。

 

一線を引くと言っても、やっぱり反省すべきは自分かなと。

 

SNSでは良くあることだと思います。

 

日頃から正直な自分であるなら、こういう問題は起きないはず。

 

数年前に学んだことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

リピート集客城岡さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります