こちらの続きです。
 
 
 
東京駅をスタートして寄り道をしながら1時間少々。
今回の目的地、「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」に到着しました。
 
 
 
 
 
こちらはメインエントランスではありませんが、日テレタワー側の入り口。
電車利用の場合は、こちらの方がわかりやすいですね。
 
 
 
 
ロビーには端午の節句の兜のディスプレイが。
もうすぐ5月なんですね~。
 
 
 
 
こちらのレストランは何度か利用したことがありますが、宿泊は初めてです。
コンラッド東京同様、外国人ゲスト(特に欧米人)の比率が高かったです。
 
 
 
 
館内全体、とてもスタイリッシュな印象のホテルです。
 
 
 
 
アサインされたお部屋はスタンダードフロアのエコノミーダブル。
広さはビジネスホテルより少し広い感じです。
 
調べてみると、こちらのホテルは様々なルームタイプがあるようで、お部屋ごとでホテル自体の印象がかなり違ってくるのではないかと思います。
 
 
 
 
 
小さいカウチソファーもあります。
 
 
 
 
こちらのお部屋は、完全にビジネスパーソン利用を想定したお部屋だと思います。
 
 
 
 
image
私が「超」高級ビジネスホテルだと思う理由の一つはこちらのグラスや食器類。
ワイングラスだけでなくフルートグラスもあるし、お皿とカトラリーもあります。
 
 
 
 
しっかりした素材で上下タイプのパジャマ。
 
 
 
 
金庫はワーキングデスクの引き出し一番下にありました。
 
 
 
 
image
お茶やコーヒー、電気ポット。
 
 
 
 
image
そして、このお部屋を「ビジネスホテル」と表現した理由の一つは、冷蔵庫が空だったから。
 

 

 

 

スリッパはロゴ入りで使い捨てタイプ。
一般的なビジネスホテルは「殺菌済」の使いまわしです。
 
 
 
 
バスルームはカーテン式。
このあたりは割り切った造りだと思います。
 
 
 
 
タオル類は全てロゴマーク入りで。高級ホテルのレベルです。
 
 
 
 
アメニティも十分でした。
 
写真を失念しましたが、シャンプー・コンディショナーなどはMKIMOTOでした☆彡
 
 
 
ホテルの格としては決してビジネスホテルではありませんが、エコノミーダブルのお部屋は上手にビジネスホテルと高級シティホテルの良いとこどりをしていると感じ、このお部屋を「超高級」ビジネスホテルと表現してみました。
 
また、たまにはラウンジがない滞在も良いなと思いました。
特に夜はラウンジがあると、ラウンジで少しいただけば十分に感じてしまい、街に出て美味しいものをいただく楽しさが半減してしまうので。。
 
この日のレートを調べたところ、このタイプのお部屋でも3.6万円ほどしました。
ご厚意に与った宿泊に心から感謝しております。