今年の年末年始は、東京の実家に3泊した後、コンラッド東京とヒルトン東京にそれぞれ1泊ずつ宿泊しました。

久々の旅行関係のブログ更新は、お正月早々のコンラッド東京からお届けします音譜



たまにはほどほどのラグジュアリーを   たまにはほどほどのラグジュアリーを

新宿で大江戸線に乗り換えて汐留駅で下車しました。

この長~いエスカレーターが地下鉄利用者の入口への目印。


余談ですが、独身時代はこの辺りでOLしてました。

そのころは浜松町から歩いたのですが、今は便利になりました。

新宿から六本木やこの辺りがこんなに楽にアクセスなんて感激ですアップ

まるで浦島太郎。。。



たまにはほどほどのラグジュアリーを
門松がお出迎え門松



たまにはほどほどのラグジュアリーを
館内はこんなオブジェクトが品良く飾られていますキラキラ

時間はまだ12時だったので、ベルスタッフに荷物を預け、タクシーで銀座三越に向かいましたタクシー

三越には、三越オリジナルというシルクジャージのラップドレスがあって、

価格はセールということもありなんと2~3万円台、それにダイアンもある~と感激しっぱなしでしたが、

デザインや色がピンとこなくて、「買いなよ」と勧めてくれる夫にお断りを入れました。

やはりアトリスさんのデザイン の方が私にはピンとくるのでした上げ上げ


三越から戻って、フロントのある28階へエレベーターで。

時間は午後3時。 ちょうどよいチェックインです。 

やはりお正月ゆえ、家族連れで混んでました。



クローバー 室 内 (エグゼクティブ シティ ツインルーム)


今回はHPCJ(ヒルトンプレミアムクラブジャパン)を利用して、エグゼクティブ シティ ツインルーム指定で予約しました。

以前のお正月に比べると、コンラッドもヒルトンもお値段は安かったような感じがしました。

ちなみに宿泊料は、41,600円がHPCJを利用して、33,280円/室でした。


たまにはほどほどのラグジュアリーを
この客室前の廊下、とても非日常的で好きです。


たまにはほどほどのラグジュアリーを
期待していたベイビューのアップグレードはありませんでした。

でも、シティビューはスカイツリーがよく見えますので、これからはとてもいいかもしれません。


たまにはほどほどのラグジュアリーを   

入ってすぐ。


たまにはほどほどのラグジュアリーを

バスルームから客室や外が見えます。

結局今回は、このバスタブ、だれも使いませんでした。。 子供達もジャグジーとサウナがお気に入りです。


たまにはほどほどのラグジュアリーを

バスルーム入口近辺。


たまにはほどほどのラグジュアリーを
洗面台は2つありますが、シンクが浅くて水が飛び散ります。

温度設定や水圧の強弱もイマイチわかりにくく、使いずらいです。


たまにはほどほどのラグジュアリーを
右がトイレ、左がシャワーブースの扉。


たまにはほどほどのラグジュアリーを

トイレ。


たまにはほどほどのラグジュアリーを

シャワーブース。


たまにはほどほどのラグジュアリーを
アメニティ。 どれも普通の部屋と変わりません。


たまにはほどほどのラグジュアリーを

冷蔵庫。


たまにはほどほどのラグジュアリーを   たまにはほどほどのラグジュアリーを
ミニバーや無料のお水など。


たまにはほどほどのラグジュアリーを   たまにはほどほどのラグジュアリーを

部屋全体。                        ベッドは140センチはあります。


たまにはほどほどのラグジュアリーを

PCを置くと、書類を置くスペースがなくなりますので、あまりビジネス向きのデスク周りではないかも。


たまにはほどほどのラグジュアリーを
有名な長ソファー。

たまにはほどほどのラグジュアリーを   たまにはほどほどのラグジュアリーを
部屋からの景色。  


たまにはほどほどのラグジュアリーを

エレベーターから離れた奥の部屋(スカイツリー側)だったのでビルの圧迫感はあまりなく、

都会の景色が楽しめるのでなかなか良と思いました。

ただし、反対側の奥だと評判の悪い景色(目の前がビル)なのだと思います。




初回の感動とは無縁で冷めた気持ちが多い滞在でしたが、コンラッドは総じていいホテルだと思いますので、機会があればまた宿泊してみたいと思いますパー



人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています!