東京から謎の女性

テーマ:
全国の皆さん今晩わ。

シーーンと言う音が聞こえるその夜、宮崎の期待の若手ピアニスト横山起朗君が現る。


彼にCDではなくレコードを制作して欲しいと切望しましたところ真剣に考えてくれるそう。


その後、ラーメン好きの蕎麦侍が1人で現る。

話題は、CDよりレコードの音がいいのは何故?

という事について言葉が再生と早送り。


この音の違いについてはネットに専門的な解説がありますのでそちらを読んでみてください.


巻き戻して結論から言えば、どちらの音が良いか断定するのは難しいという事。


しかし私にはCDやネット音源は平面的に聴こえるのに対して、レコードは立体的な音に聴こえます。

立体的なので身体が音に包まれる感じ。

その点において個人的にはレコード音の方が好きですね。


まっ、音は人それぞれ感じ方が違いますからCDがいいと思う人も、レコードがいいと言う人も間違いではありません。


という訳で最近のCocteauには音を楽しみに来られるお客様が多い。


特に昔レコードを聴いていた50代60代の男性が目立つ。


昨夜も音楽好きで常連の雪Zさんが職場の方々を連れて二次会。


邦楽洋楽と織り交ぜたレコードを楽しんで頂きました。

その後、一級建築士TD君が登場。

スコッチ&シガーでバー仲間の雪Zさんと会話を設計。


ところで、毎日いい音を聴いてますと欲が深まり、BARで聴いてる程度では物足らなくなってきまして


いっそのことディスコを作ろうかと思うように。


私、ディスコOBですし。

ダンス狂でしたし。


そんな話しでアースウインド&ファイアーを聴きながらブルジョワM田夫妻とも話題がLet's Groove♪


みんなWE LOVE DISCO‼︎


マダムOさんなんかは実際に店で踊りますから。


因みにOさんは若い時の70sに新宿ディスコのダンスコンテストでグランプリに輝いたお方。


昨夜も宮崎の時計王である◯高社長と来られ


「マスター、ディスコはいつ作るの?」

と、その気満々で言葉踊っておりました。


S川医師とN姫もアバのダンシングクイーン♪でマンマミーア!!

アバをローマ字入力出来ないのが歯痒い。(笑)


この夜のゲスト陣は大御所がズラリ。


ROCKオヤジAZMさん率いる4名様はアイラのハイボールで音を堪能。


Harbethの音を初めて聴く3名の方々は音の臨場感に感動。


そこへバーテンダーのTさん現る。

このTさんは某BARに勤務してるのですけど以前より独立を目指し店舗探しをされてましたが

このたびようやく物件が決まり独立する運びと。


しかも場所は若草です!!


このTさんは好青年で物腰がとても柔らかく上品な方。

実は私の店を気に入られており、一時はTさんに譲ろうと考えた事も。


ともあれ、これでまた一つ若草の夜が充実します。


Tさんも、店の音響にこだわりたいらしく福岡のオーディオショップに足を運んで見て来たそうです。

目を付けたオーディオメーカーは

Bang & Olufsen  バング&オルフセン



これ、デンマークのブランドなんですが高額な為、買うか悩んでるとのことでした。


思い切って買いましょう^ ^


Tさんのバーはカクテルが楽しめますし、なんと言っても私と違い人柄が良く柔らしいですから女性にはオススメですよ!


この夜は次々とゲストが入れ替わり入り乱れ珍しく大繁盛。


その中に見知らぬ女性がお二人ご来店。

1人の女性が

「初めてですけどいいですか?」

私は

「どうぞ」

とタイミング良く空いた席へご案内。


オーダーはお任せしますとの事で優しめなスコッチのハイボールとトワイスアップをサーブ。


私がコースターを出すと、その女性がコースターに食い付きテンション上がり質問がジェットコースター。



暇なので私が一枚一枚アートしたんです。







紙のコースターなのでほぼ使い捨て。


女性がかなり気に入ってるので

「持って帰ってもいいですよ」

とプレゼント。


するとお連れの女性が

「彼女はマスターの事が大好きなんです」

と、 唐突な発言。

 
私は「え?初めてお会いしますよね?」


すると女性がこのブログを読んでいると言うじゃありませんか。


それになんと、全て読破して来たらしいです。


しかも東京からと言うので驚き桃の木六本木!!


こんなブログの一体何に感銘を受けたのか??


このバーに行ってみたい。

しかし、ブログを全て読み、私と言う人間を理解してからじゃないと行くべきではない・・

と思ったそうです。


それでも1人では勇気が要るのでと、友人と一緒に来たという訳。

で御座います。


凄くないですか。

こんな方が居るんですね〜。ビックリ。


何者かはイマイチ不明ですが、お店をしてる同業者と言っておりました。


そして何やら私の作品を東京で売りたいとか、コラボしたいとか、そんなお店をやりたいとか・・


私の作品を売りたい買いたいは喜んでウエルカムなんですけど、かなり酔ってしまわれ、まともに会話がコラボできない状況になってしまったもので


素面の時に改めて話しましょうという事でお別れ致しました。


2週間後にまた来るとか来ないとか、一体何事だったのか私もよく分からず。


変わった方でしたが女優の誰かに似た笑顔がキュートな女性でした。


まっ、本気ならばまたリベンジに来るでしょう。


期待せずにお待ちしております^ ^


さて、今日は長くなりましたのでこの辺りで失礼します。