私のいる場所

テーマ:
またも長々とサボってますが(;^_^A

実は1月から入社した転職先が全く合わず、話もだいぶ違った感じで……そもそも運送業ですらなく、あまりのストレスから体調を崩して1ヶ月にも満たずに精神的限界に達してまさかの退職汗
が、その後に出逢えた会社が最高でした!

応募した時は何を運んでいるかとかは全く知らない状態。
単に家からそこそこ近いし、条件が私の希望に合っていたから応募しただけの会社だったのですが……

まさかホンダ関連の仕事だとは(笑)
ホンダファンの私には夢のような仕事だったわけです!

というわけで、2月からホンダ関連のパーツやら何やらを運んでいます♪
大好きな運送業に戻り、大好きなホンダのために働ける。
こんな幸せなことが私の人生に待ち受けていたなんて……!

そして何よりも、やっぱり運送業は「私のいる場所」だと実感。
そりゃ時間に追われて大変なこともあるし、「朝と言うより夜中だろ!」ってな時間に起きなきゃいけないこともあるけど、でも好きなことが仕事になるって最高に幸せです♪

身体が資本だし、動けなくなったらイコール失業な業界ではあるけれど、でも後悔はしていません。
悩んだ末に決めた運送業界への復帰。
この一歩を踏み出す勇気をくれた人にはどれだけ感謝しても足りません。

やっと帰ってきた私の居場所。
体力が続く限り頑張るぞーっ!
AD

ライダーデビュー

テーマ:
去年の11月に二輪免許を取得。
ようやく今月になって初バイクがやってきました。

そもそもなんで普通二輪免許を取得したかといえば、理由はいろいろあるけれど、免許を取ろうか迷っていた時に知人に「免許取ったらウチで眠ってるCB-1あげるよ」と言われたのが決め手でした。
写真を見て一目惚れ。カッコ良すぎるっ!
こんなバイクに乗れたらいいなーという思いが膨らんで、二輪免許を取得するに至ったわけです。

そして約束通り、12月にCB-1を譲り受けました!








ただ、改造されているため(違法性は全くないです)車検をやってくれるバイク屋さんを探すのに手間取り、部品がないため整備に時間がかかり……なんだかんだで1月になって納車、それから名義変更して保険に加入して、ようやく今日になってそこそこ「ちゃんと」乗り始めることが出来ました♪
家の周りだけ数周するのは先週にやってみたんだけどね。

無事に名義変更と保険加入を終えたので、今日はまず「給油」が課題。燃料がなかったら走らないし(笑)
ド初心者のヘタクソですから、もちろん全身がっつりプロテクター装備。だってコケたら痛いもん(^▽^;)
左折→左折→左折ばっかりして家の周りを少し走ってから、いよいよ右折っ!
……って、車が途切れなくて出られないあせる
小心者は左折に逃げました(笑)

ちょっと遠回りして坂道発進にチャレンジしつつも、どうにか信号のある交差点に辿り着いたので右折にも挑戦できました。教習所と違って足をついても減点されるわけじゃないので、思ったよりスムーズにできた♪
スタンドに着いていよいよ給油……なんだけど、このバイク……センタースタンドがないんだよね汗
いや、本来ならあるんですけどね。
11リットルしか入らないタンクがCB-1の欠点なのに、満タンにできないもどかしさ(笑)
フルサービスのスタンドなら跨ったまま給油してもらえるけど、セルフでは慣れるまでは満タンは諦めるしかなさそうです……。
ちなみにもうひとつの欠点であるフロントのシングルディスクはダブルに改造されています。車検を断られた理由ですが。違法改造でもないのに受け入れてもらえなかったのは悲しかったけど、友人の紹介で行ったショップがすごくいい店だったので結果オーライ♪

さてさて、無事に給油も終えたので、勇気を出して町内をぐるぐるしてみようかと。
右折・左折を盛り込んで、それでも坂道の少ない道を選ぶ私はヘタレだと思う(笑)
でも信号待ちで「二輪」の停止線まで出てみたり、ちょっと嬉しかった♪

そこそこ慣れてきたのでもうちょっと距離を伸ばそうか迷ったんだけど、かなり寒かったので断念。
ぼちぼち帰ろうかという頃になって、「400ネイキッド最速」と謳われたCB-1を教習所並みの運転だけで走るのはバイクに失礼だと思い、試しに加速時に強めにアクセルを開けてみました。


すっげえ加速!!


何これ、何このバイク!!


職業ドライバーですから当然制限速度は守っていますが、ボヘーっと跨ってたら振り落とされるんじゃないかという加速にびっくりしましたあせる
これが400ccバイクなのか、それともこれがCB-1なのか。
他の車種を知らない私にはわかりませんが、あまりの爽快さに寒さを忘れました(笑)

まだまだバイクのことは何も知らない私ですが、もうちょっと練習したら60km/h道路に出てみようと思います。私のところに来てから40km/hまでしか知らないCB-1ちゃんが可哀想だ。
その前にもうちょっと住宅地を走って危険を経験しておかないとなー。

今日はエンストせずに済んだけど(しそうになったことは何度もあった)、まだまだ不安がいっぱい。
もうちょっと発進停止や減速、右左折がスムーズになったら、いつか会いたいと思ってた茶左衛門さんちのチャコちゃんたちに会いに行くぞーっ!
あと日々のメンテナンスも覚えないとね。

ついに幕を開けたバイクライフ。
夏頃までにはバイクで遠征できるようになれたらいいなあ。
AD

2013年最後のEARTHSHAKER

テーマ:
そういやカテゴリ作ったのに全く使ってなかったことに気づいたので、今回はカテゴライズ(笑)

14日は今年最後のEARTHSHAKERのLIVEに行ってきました。
「EARTHSHAKER PARK」というイベントで、ライブハウスが3軒入ったビルすべてでシェイカー関連のLIVEが観られるという趣旨。EARTSHAKERはもちろん、the MARCY BANDとmintmints、そしてカマケンとKUDO’s RAINBOWというそれぞれのソロプロジェクトまで詰まってる贅沢な企画。さらにMARCYソロもあり。

そして何よりも今回の目玉は、KUDO's RAINBOWに出演するTOSHIがシェイカーのアンコールに参加するという……!

私のように「シェイカーに出会った時は既に5人編成だった」というファンならきっと失神するほど嬉しい企画だったに違いないっ!(きっぱり)
何しろ私はこの情報を知った時、シェイカーのステージにTOSHIがいるところを想像するだけで泣けてきたほどですから(笑)


最初のMARCYソロから始まって、あちこちを移動してイベントを楽しみまくりました。
途中マーバン(the MARCY BAND)のLIVEでMADさんの卒業を知って泣いたりしたけど、それでもイベントは最高に楽しみました♪

そして、最後のEARTHSHAKER。
もちろんシェイカー本編も楽しみました。
が、とにかくアンコールが気になって仕方がない。
早くTOSHIのいるシェイカーを観たい。
だけど、観たらもう観られない。
ヘンな葛藤です(笑)
でもやっぱり観たいっ!

そんな感情と闘いながら、ついに二度目のアンコールでTOSHI登場!
……泣けた……(ノ_・。)
2曲参加だと知った時に1曲は想像がついたけど、もう1曲はわからなかった。
その曲は……

『炎に身を焦がして』。

今回のTHE EARTHSHAKER TOURでずっと演奏されてた曲。
ツアーで聴くたびに、私は頭の中で鍵盤を鳴らしてました。
というか、再結成後にTOSHIがいた頃の曲が演奏される時はいつも頭の中で鍵盤を鳴らしてましたが(笑)

もちろん今のEARTHSHAKERも大好きです。
再結成後の曲は4人編成の状態で作られた曲だから、それはそれで楽しんでます。
だけど初期から知ってる方々が初期の曲で思いっきり盛り上がるように、私にとっては5人時代のシェイカーが堪らなく好きなんです。

その5人のシェイカーが今、目の前で演奏してる。
もう卒倒しそうで、とにかく涙が止まらない。
再結成後にTOSHIがゲスト参加するのは3回目で、過去の2回も号泣だったけど今回もまた大号泣。
なんというか、離れてた愛する人にまた会えた感じ(笑)
そして束の間の逢瀬が終わったら、またいつ会えるかわからない別れが待ってる。

もちろんGERARDのLIVEに行けばTOSHIの演奏は聴けます。
他にもイベントに出演されたりとか、永川敏郎というキーボーディストは多忙な方なので、いろんなところでそのプレイに触れることはできます。私もGERARDで観てるし。

でも、違うんです。
「EARTHSHAKERのTOSHI」は「GERARDのTOSHI」じゃないんです。
だから次にいつ会えるかわからない。
もしかしたらもう二度と会えないかもしれない。

そんな思いから、2曲目の『走りぬけた夜の数だけ』はもっと号泣でした(^▽^;)
この曲は再結成後もずっとやってるけど、やっぱり聴くたびに頭の中で鍵盤を鳴らしてた曲。
それが今回は本当に鍵盤が鳴ってるんです。
これで泣かずにいろという方が無理(笑)

目の前で泣きっぱなしで、TOSHIから見たら気持ち悪かったかもしれないけど……でも本当に夢のような時間でした。
いつかまたゲストで参加してほしい。
正式メンバーになってほしいなんて贅沢は言わないから。

こんな素敵なイベントを企画してくださった主催者さんと、そしてEARTHSHAKERのメンバーに心から感謝。
もちろんゲスト参加を承諾したTOSHIさんにも、ありったけの感謝を。

来年はまた4人編成の「今のEARTHSHAKER」を心から応援し続けます♪
……いつの日か一度でいいからまた要塞のようなキーボードに囲まれて演奏する「EARTHSHAKERのTOSHI」が観たいけど、さすがにそれは無理だろうなー(^▽^;)
AD

転職先決定

テーマ:
無事に1月からの就職先が決まりました!
これでドライバーに戻れます。
最悪の場合はしばらく無職になることも覚悟してたんだけど、幸いブランクが開くこともなくなりました。

運送業っていうのはちょっと特殊な業種で、社会保険がないのなんて当たり前。
そもそも労基法をぶっちぎりで無視してるところが多数。
もちろん大手は違うし、零細でも福利厚生がちゃんとしてるところもあるけどあせる

以前ドライバーやってた頃は、それが当たり前だと思ってました。
でも派遣業に転職して、派遣法や労基法、安衛法に精通していくにつれて、それがどれだけ間違ったことかを理解してしまい……法的にグレーどころか真っ黒の会社にはドン引きするようになってしまったため、就職活動も難航しそうな気がしてました。

でも、無事にホワイトな会社に内定をもらえました♪
ただトラックじゃないのが残念汗
求人は「2tまで」で出てたんだけど、実際には1BOXがメインだとか。
でも贅沢は言えません。面接の時に「トラックに乗りたい」アピールはしたので、2t仕事が出てきたら乗せてもらえることを期待しつつ、とりあえず1BOXでがんばろう!


とにかく派遣業というのは精神的に負担のかかる業種でした。
しょっちゅう法改正してるけど、まずスタートが間違ってるから正しい方向には進まない。

派遣という雇用形態で働く人すべてが「正社員になりたくてもなれないから派遣」っていうわけじゃないことを、派遣法は全く考慮してくれてない。

派遣で働く人の中には、あえて派遣を選んでる人も決して少なくない。
3ヶ月とか6ケ月とかの契約で更新を繰り返していくのは、派遣先企業から見れば「切りやすい」というのもある反面、スタッフさんから見れば「辞めやすい」というメリットもある。
また、「正社員」という責任のある立場での就業ではなく、「子供が熱を出したから早退する」とか「PTAの集まりがあるから休む」とか、そういう融通の利く派遣という立場で長く働きたい人もいる。

だけど派遣法は、ある程度の年数が経過したら問答無用で直接雇用を申し込ませる(現時点では業務内容によるけど)。
本人が「派遣のままこの会社で続けたい」と訴えても、それ以上継続して派遣スタッフを受け入れることが禁止されてる。

涙を流すスタッフさんを救えなかった辛さは今も消えない。

それに、派遣法で定められた「直接雇用申し込みの義務」っていうのも、あくまで「直接雇用」であり、誰も「正社員」とは言ってない。
時給800円のパートだったらどうするんだ?
マスコミはそのことには意図的に触れず、あたかも正社員になれるかのような記事ばかり書く。

労働者を守るはずの派遣法が労働者を追い詰めてる。
その事実に私は耐えきれなかった。
わがままかもしれないけど、私には人を苦しめる仕事はできなかった。

これでやっと解放される。
もう自分の仕事を恥じなくていい。

来年からは自分の仕事にプライドの持てる職業に就きます!

2013シーズン終了

テーマ:
この週末は富士スプリントカップ観戦のため、富士スピードウェイに行ってきました。
今年はかなり富士に通い詰めたなー。
いつも富士スピードウェイや伊豆に行く時に使ってる宿のポイントカードのポイントが貯まって1000円のキャッシュバックを受けてきました(笑)

サーキットは2日とも天気に恵まれて快晴!
考えなきゃいけないことがたくさんあってちょっと気分が乗りきらない部分もあったけど、でもせっかく今年最後のレースなんだからと気持ちを切り替えて楽しみました♪

応援する選手が表彰台に上がったこと。
レジェンドカップで今年も大爆笑できたこと。
大好きなマシンの間近に行き、写真を撮れたこと。

何を取っても最高に楽しい週末になりました♪
2013年のモータースポーツシーズンは、これで本当に終わり。
来年は今年ほどサーキットに行けないかもしれない。

だけど、ちゃんと自分の人生を切り開かないとね。
今年はテスト見学も含めてサーキットに通い詰めたけど、現実逃避のためというのが実態だった。
でも逃げてばかりじゃいけない。
最悪の展開が待ってるかもしれないけど、それでも決めたのは自分。

ドライバー職に戻りたい。

その一言を飲み込み続けて、ずっとOLとして働き続けてきた。
もちろんやりたい仕事で生きていけるなんて、そんなに簡単なことじゃない。
私がトラックを降りたのは、肉体的な限界を感じたから。

だけど、やっぱり私はホワイトカラーにはなりきれなかった。

モータースポーツと出逢って、その思いはさらに強くなった。
不思議なものだなーとは思う。
レースは「いかにGに耐えてマシンやタイヤの限界を引きずり出して速く走るか」の世界。
私のいた運送業界は「いかにGをかけず荷物を崩さないように、安全に道交法を遵守し、かつ迅速に荷物をお客様の元へ届けるか」という、モータースポーツとは対極の世界。

でもやっぱり私は走ることが好きなんだなーと思い知らされた。
守りの人生を送ってきたけど、もう一度ぐらい賭けてみてもいいかもしれない。

そんなわけで、今は転職先を探してる真っ最中。
ドライバーに戻ったら今みたいに気軽に休暇なんか取れないから、テスト見学なんてまず無理だと思う。
だけど、自分で決めたこと。
何しろ防衛的悲観主義者は危険予知に長けてることが最大の強みだし(笑)

来年はサーキットに行ける機会が減ると思うけど、でも新しい人生をしっかり自分で切り開いて前に進みます!