ハセツネカップ終了後は休む暇もなく会社の新年度のキックオフイベントに参加学校
 
途中抜けしてダッシュで仙台まで出張移動後は今週開催中の脳外科の学会に参加。更に更に急遽千葉県南房の某病院で朝からオペに入らなければならず、またまたダッシュで移動~と今週はバタバタしてまして、ようやくハセツネレポまとめることができました。


学会開催時はお約束の仙台名物牛タン屋で昼ランチ・夜ディナーメニューで体力回復?
 
利休の極み牛タンと牛タン握りなどなど尿酸値上がり気味やったけど、こればっかりは背に腹はかえられないからね。

めちゃめちゃ美味かったです‼️
 
 
そんな旨いもんの話はさておき
 
 
ハセツネの結果からご報告しますと
何とか完走してましたチュー
 
 
とは言うものの、結果的には洗礼を受けたような感じでまともに太刀打ちできなかった感が強いですね。
 
 
 

 
15時間以上と後ろの方に並んだからなのかハセツネ名物 関門も危ういのではないかというぐらいの渋滞の連続でイライラパンチ!パンチ!パンチ!
 

ここもそこもあそこも市道山分岐ぐらいまでずーっと渋滞でした。
 
更に気温は30度以上と季節外れの暑さとアップダウンの連続
 
しかも水と行動食の量も限られてるので頑張ろうにも頑張れないというジレンマ(セーブしてしまう)に陥ってしまうという滝汗
 
その後、渋滞が緩和されてきたので遅れをカバーしようと暑苦しい中スピードアップすると、ちょうど醍醐丸峠あたりで何故だか目がくるくる回り始めたのでその場で思い切って昼寝😪
 
更に三頭山手前の西原峠あたりで今度は極度の睡魔が襲ってきたのでまたまた夜寝!😪
 
もう寝過ぎ笑
 
そんなこんなで、月夜見CPまでは3リットル中2.5リットル消費した感じで、汗かき体質の割には抑えられたかと。
っていうか頻繁に汗かくほど極限まで追い込んでなかったと思う(^_^;)
 
月夜見CPでは、ポカリ1リットル、水0.5リットル給水
その後、少し眠くなったのでまたまた夜寝しました笑
 
月夜見を出発したのが夜中1時ぐらい。
少し涼しくなり走りやすくなってきたので、その後は調子良く動き続けることができました。
 
後半の山場だと思ってた御前山は意外にもあっさりと通過できたけど、楽勝だと思ってた大岳山は予想に反してキツかったです。

目の前に大岳山が見えてるのに、何度も何度も登っては下ってを繰り返して、いい加減そのまま登れよ!堪忍やでーってブツブツ言ってたかも
 
その後、大岳神社前の湧水で冷たい水をがぶ飲みして息を吹き替えして、更にペースアップ!

最後、第3CPからゴールまではちょっと飛ばして2時間以内でゴールすることができました。
 
 
 
取り敢えず、今回準備したものを整理すると
 
 
水3㍑(上田瑠偉選手ですら今回のコンディションなら最低3㍑は必要って言ってたぐらいやからちょっと少ないかな~と出来る限りセーブしながら飲みました)

行動食はジェルやら羊羮を計4000キロカロリー分確保して、各チェックポイント毎に袋詰めにして準備。
黄色は第一CPの浅間峠用、赤色は第二CPの月夜見用、緑色は第三CPの御岳山用とまるでピクニックに行くみたいな感じ。
その他、モバイルバッテリーやライトの予備用バッテリー含めるとやっぱり6㎏~7㎏ぐらいになっちゃいましたね。
 
更に試走の時からポケットの数やら収納性に悩んでたバックパック。
結局、Ultimate Direction のPB Adventure vestを購入して、いきなりハセツネ本番で使ってみました。 
 
さすがいろんな方がロングレースでオススメするだけのことがあって、とても使いやすくて、特にポケットがたくさんあるのは助かりました。
 


左側はチャック式のポケットなんですが、そのチャック式ポケットの下にあるポケットに600mlのソフトフラスクを入れても意外に落下しなかったです。

 
また獣人オリジナルのウエストライトホルダーも準備
 
手持ちのヘッドライトのバンドを取り外して、そこにマジックテープで固定するシンプルな構造のライト専用ウエストホルダー
Ultrspireのルーメン600までは高くて手が出ないという人にはオススメ!
 
自分はレッドレンサ―MH10(600lm)を装着してストレスなく夜の山道を走ることができました。
 

そう言えば、コース途中、倒木ポイント付近で今年から通ってるRUN塾の北島塾長が応援に駆けつけられてまして、RUN塾のオリジナルバッチいただいちゃいました!


応援ありがとうございました〜
 

さてハセツネに初出場してみての感想
ハセツネって、シンプルに速さやタイムを求める面白さもあるけど、それよりも暑さや予知せぬトラブルに遭遇した時にどうやって乗り越えていくのか、事前対策含めた壁を乗り越えていくまでの過程を楽しむ、、、そんな戦略的要素の強い大会だと思いました。
私のように多くの方が登山道脇で寝てる人もいれば、なかにはお腹の調子が悪いのか?オエーオエーゲローと静かな山の中をこだましながら嘔吐を繰り返えさらてる人もいたりとキツイコースに耐えながらも何とかしてゴールに向かう、いろんな人間ドラマがあって、面白いな~っと思いました。
 

第一CPの浅間峠ではお隣で休憩されてた全く知らない方と知り合いになりゴールまで頑張りましょう!
とお互い検討を湛えあったことがあったんですが、あの方は完走できたのかな?と気になることも。。。。
 
ちなみに、その方は信越五岳の110kmに出場されて完走されたようですが、そのコースよりもハセツネの方が細かいアップダウンがあってキツイとおっしゃってました。
 
そんな過酷な大会だった今回のハセツネ。

今回自分が取った対策は暑いときは寝る!!
シンプル笑笑ですが、とりあえずこれで完走できました。
 
 
来年はどうしようかな~
出たいような出たくないような。。。
 
でも時間が経つにつれて、また出たくなるのかもねてへぺろ




出走者2,364名

フィニッシュ1,577名 

完走率66.7%

 


ではでは

来週は去年に引き続き栃木30Kに出場予定
去年はかなりアップダウンのある井頭公園を5分ペースで完走できたけど、今年は厳しそう
 
じぇいど
いよいよ今週末はハセツネカップ!

っといきたいところですが、
何だかお天気が心配〜チュー


最近のwindy情報によると
8日0時の時点でなんだか25号が鳥取沖から近づいてくるみたい。


しかも、南からの熱風を巻き上げてきちゃってませんかね?

これめちゃめちゃ熱くなるのでは?




更に翌朝になると能登半島沖なのかな?

関東からは離れてるけど、規模がデカイから少し影響受けるのでは?



ゴールが遅くなればなるほど雨風が厳しくなるのかもしれませんね。



us navyもおおよそ7日は同じ位置なので、7日〜8日の動向がどうなるかですね。



っと思ったらまたまた予報が変わってて、ハセツネスタート時点で台風はかなり日本海の沖周りに進んでるような感じに


まあ今まさに随時コースが変化してるみたいなので、どのコースを辿るかはまた分かりませんね。


何れにしても、気温は30度近くになるみたいなので、これは完走狙いになりそうですゲッソリ



それから、先週だったか久しぶりに皇居でペース走&スピード練習してみました。


っていうか久しぶりのロード練習やし。



ほんとは10㎞ぐらい走りたかったけど

5㎞でストップ笑
ってこのペースじゃTペースかも?


で、もう一本頑張る💪
少しペースダウンしましたが笑


久しぶりにロード練習してスッキリウインク


今年はトレイルで脚作ってきたので、ぼちぼちスピード練習に耐えられる身体になったかな?


そんなわけで、ようやくスピード練習も取り入れていきたいです。

 
 
更に200㎞@月間突破!
故障する前の昨年11月以来の200㎞です。


とは言え、今月はトレニックワールド50㎞やらハセツネの試走やらで100㎞ぐらい稼いでるから、普段の練習はやっぱり100㎞行くかいかないか(*´・ω・`)bですけどね。


鍼の先生も言ってたけど、この辺りの走行距離から故障ゾーンに突入するらしいので、慎重にいきますよ。

じぇいど

先週に引き続き、ハセツネコース後半部分の試走に行ってきました。

 
まずは前日刺激入れプンプン
トレミで傾斜8% 5分/kmペース 
500m✕5本のインターバルトレーニングメラメラ
 
 
400mまでは行けるけど、あと残り100mがキツイんですよね〜
若干筋肉痛が残る程度で翌日の試走に挑みました!
 
翌日、獣人キャンプで知り合ったランナーさんと二人で行くことになり、急遽ナイトラン(真夜中)で試走することに〜
 
 
まずは数馬行きの最終バスに乗り込み、終点の数馬バス停にて下車。
 
 
先週の試走の続きなら鞘口峠からスタートしても良かったけど、後半のコースは下り基調らしいので、もう一段負荷を上げるため&復習も兼ねて西原峠からスタートすることにしました(16:58)
 
 
西原峠
っと、、、暫く進むと大沢山手前あたりから霧が出てきて徐々に視界が悪くなってきます。
 
 
それでもまだ明るいから何とかなったけど、暗くなってくると、更に視界が悪くなり、全く前が見えなくなってくる。。。霧
 
 
 
 
 
今回、ホワイトアウト対策でヘッドライトにイエローフィルムを貼ってみました。
 
おかげで濃霧の中でも600lmという強烈なイエロー光が明瞭にコースを照らし続けてくれたので、何とかなりましたねひらめき電球
 
貼っておいて正解でした。
 

その後、三頭山山頂に到着(18:05)
三頭山山頂  1524m
 
 
ハセツネ40km地点を過ぎると、もう辺りは真っ暗
 
御前山周辺の滑落事故のあった現場付近も小雨と霧で前が全く見えなかったので、走るのを止めて慎重に一歩一歩前に進みました。
 
 
岩場のような所をよじ登るポイントもあったけど、一体何処を移動してるのかさえ怪しくなるほど視界が悪かったです。
 

御前山到着(20:56)
 
 
唯一頼りにできたのは、コース分岐路などにあるハセツネ用の黄色と赤色の杭。
 
この杭を見つけるとこのコースは間違ってないなとホッとするほど
 
 
 
その後、御前山を下った先にある山小屋に行ってみると、こんな真っ暗な山奥に人がいたのでビックリびっくり
 
少しお話してみると、何と日本に観光に来てるハーフ風の外国人女性二人組でした。

女性二人だけで電気も無い小屋で一夜を明かすって度胸ありますね。
 
 
翌日は御岳山までトレッキングしながら観光するって言ってました。
 
 
因みに、ここの避難小屋はログハウス調のバンガローのような建物。
 
しかも清潔で綺麗、側に天然水の水飲み場もあるなど、とてもタダで使えるとは思えないほどの環境でしたね。
 
 
 
その後、外人さんに観光楽しんでくださいねとご挨拶して、先を急ぎます。
 
 
何気に脚にジワりとくるアップダウンを攻略しながらも大ダワを通過〜走る人(22:10)
 
 
真夜中の岩場の鎖場を緊張しながら通過して、ハセツネコースのラスボス大岳山にようやく到着しました(23:02)
 
このあたりになると霧が晴れて、月夜の光がハセツネ全ルートを照らすかのようで幻想的な風景でした。
 
 
 
御岳山神社に降りる途中にあるハセツネの第三チェックポイント(長尾茶屋)に到着(23:59)
 
ここ長尾茶屋は週末のみの営業でほぼ24時間営業のよう
 
コーラを美味しくいただきながら長尾茶屋のご主人さんと30分ぐらいお話した後のんびり出発。
 
 
その後、御岳山神社を経由して、ようやく日の出山展望台(00:57)
 
 
日の出山の展望台付近はテント設営されてるので、静かにその場を後にしました。
 
 
その後、金毘羅尾根を経由して何とか五日市会館にゴール(03:08)
 
 
 
いや~三頭山〜大岳山付近まで霧が酷くて殆ど走れなかったし、休憩しまくったので8時間近く掛かってしまいましたね。
 
 
 
今回は、おおよそ39km累積標高差2666mのトレイルの試走でした。

真っ暗な闇の中をひたすら登ったり走ったり、一晩中苦しい中を駆け回るのはまさに孤独との戦い、自分との戦いになるんでしょう。

71kmという自己最長距離を無事に完走することができるのか?

期待と不安でいっぱいです。

このコースをタイム狙って挑むにはまだまだ修行が足りないとは思うけど、ただ最善を尽くすのみ

とにかく気持ちだけは負けたくない!
 
 

じぇいど
3連休を利用してハセツネ試走会に参加してきました。


今回も水3㍑、行動食含めて5~6㎏背負って出発DASH!

実は71㎞全コース試走する企画でしたが、先週のトレニックワールド50㎞の疲労やら次の日の予定を加味して、スタート地点から三頭山~都民の森(前半戦)で途中抜けすることに。

log取得するのが遅くなってしまったけど、都民の森まで試走するとおおよそ37㎞ぐらい。

累積標高も2700mとまだまだ追い込みが足りないかな(^▽^;)

獣人キャンプ けぐさんの後ろに必死のパッチで食らいついていったけど、サブ13時間ペースはさすがにキツかった〜

基本登りは歩きやけど、どんな急斜面でも小走りペースで登るから心拍が結構上がる。
その後、登ったあとは一息する暇なくフラットか下りならひたすら走るというパターンの繰り返しでした。

なので序盤は余裕あったけど、20㎞越えた浅間峠辺りから徐々にお尻やらハムストリングにかけて乳酸が溜まってくる感じ。

笹尾根まで来ると若干一息できるコースに変わって走れるようになるけど、またまた数馬峠~三頭山間はキツイ急斜面になるというえーん

ただこの辺りまで来るとキツイのはキツいけど、エンジンがかかってきたのか、止まることなく淡々と登ることができました。

途中日原峠からエスケープしたところにある水場(レース中は利用禁止の水場)で少し水を補給したこともあって、大沢山の避難小屋付近で大体1.0㍑ぐらいの水分残量。

水場の補給量を考慮すると残り300ミリリットルぐらいの水で第2チェックポイントの月夜見山を登るような感じになるのかな?

まあこの辺りは当日の気温やらコンディションやらに左右されますけどね。


ちなみに今回何でサブ15時間ペースじゃなくてサブ13時間ペースで試走したかというと、レース当日中は前半渋滞するらしく、その遅れを挽回するペースがこのぐらいみたい。

前半渋滞する前に前に出たいってことで、無理に跳ばしすぎると水の問題やら体力面で後半まで持たないようなので、この辺は要注意というか周りに釣られないように気をつけないといけないあせるあせるあせる

なので前半は渋滞に巻き込まれながらも徐々にエンジンの出力を上げていき、三頭山辺りで挽回。最後の金比羅尾根で貯金するっていう作戦になるかと思います(*`・ω・)ゞね

まっそんなに甘くないけど。。


今回、試走会の特典としてホカオネオネのトレイルシューズを履いて試走できるってことだったので、TORRENTで試走してみました。


さすがハセツネ仕様と言われてるだけあって、癖のないバランスの取れたシューズ!

登りも楽に登れるし、下りもアッパーがしっかりしてるので攻めきれるシューズでしたね。

ただ終盤の下りになると小指が痛くなるのは同じでした。
やっぱり小指側がウェッジシェープされた形状になるので当たるんでしょうね。

その点アルトラシューズのオブリーク形状は自分の脚にあってるのかも。

登りはかなり筋力を使うアルトラ ローンピークで頑張りますよ!



今週末は今回試走できなかった残りの都民の森〜五日市までナイトランの試走予定です。

最後の試走なので、友人としっかりと走ってきます!


魚しっぽ魚あたま魚しっぽ魚あたま魚しっぽ魚あたま魚しっぽ魚あたま魚しっぽ魚あたま魚しっぽ魚あたま魚しっぽ魚あたま

あと久しぶりに釣りにも行ってきましたよ!
多分1年半ぶりぐらい笑

知人にお誘いいただいて
初の太刀魚釣り‼️



専用ロッドが無かったので、またまた以前購入済みの以下の高級リールを使うことが出来ず。。。

一度も使ってないリールなのでメルカリ行きかな?勿体無いね〜


そんなわけで、今回は貸し道具で初めての太刀魚釣りに挑戦しました🔰



貸し道具は電動リール

ポイントは横須賀の海釣り公園前で20m前後とかなり浅め



猿島と海釣り公園の中間辺りで船を留めてポイントを流します。


すると、早速釣り仲間が今中りがあったとか、ファーストヒットとか凄い盛り上がり‼️

自分はアジビシ竿みたいな感度がイマイチな貸し竿の影響なのかちょっくら苦戦中チュー


早く釣りたいな〜
そう思いながら手返しよく誘ってると、、、


釣り仲間が5〜6本釣り上げたぐらいで待望のファーストヒット‼️


その後、ポツポツ釣り上げるも中りはあるけど徐々にすっぽ抜けることが多くなり全く釣りなくなります。


うむーこの中りを何とかして取り込みたいと、中り直後に掛かっても合わせを入れずに電動リールでそっと巻き上げる作戦で行くと、、、

あれよあれと掛かり始めます( ̄□ ̄;)!!


掛かってから合わせを入れるとすっぽ抜けちゃうみたいですけど、この電動リールの絶妙な巻き上げ加減がタチくんの食い気を誘うみたいです。


ここからは漁師モードに突入し、ほぼ入れ食い、一度餌を食べたら必ず掛けるような感じで後半巻き返して10時30分ぐらいであっという間に20本に到達しちゃいました!


ここでもう満足してしまい納竿してから昼寝?朝寝?とにかく船上で爆睡〜zzz

それでも初めての竿頭ということで、ちょっと驚きましたけどね。




その後自宅に戻って、ひたすら三枚おろしDASH!DASH!DASH!

ドラゴンと呼ばれるサイズではないけど、指3.5本ぐらいのサイズ🎣


鮮度抜群テカテカしてますねキラキラ


久しぶりに大鯛用のまな板の登場〜
まずは包丁研ぎをやってから

1本1本さばいていきます。
さすがに20本一度にさばけないので、ここでもインターバル(5本✕4セット)で何とかクリアーしました滝汗

いやー釣り過ぎるのも大変ですねww



この日は太刀魚の炙り丼と大葉と梅肉の太刀魚ロール巻き天ぷら、新鮮太刀魚の炙り刺しなどなどThe太刀魚尽くし‼

新鮮なお魚を食べれるのは釣り人の特権ですね。




でも、これだけ大量に捌くと台所がお魚屋さん状態になるので、いつもカミさんに嫌がられるんですよ。

そこは旨いお魚を食べれる特典と引き換えに我慢してもらってますけどねww

ではでは

じぇいど
トレニックワールドのレース後はまたまた小中臀筋の痛みが勃発し始めて、ヤバイよヤバいよと感じ始めてるじぇいどです。

早く鍼に行きたいのに走った翌日月曜日から夜中病院に呼びだされて対応したりとも~駆けずり回って行く暇なしの状況ですわっチュー

引き続き今週末もハセツネの試走会(全コース71km)があるので、何とか時間作ってコンディション整えなければと思ってるんですけどね。



さて本題のトレニックワールドin外秩父ロング50km歩いてきました笑


7月のマウンテントレイル野沢温泉65㎞以降は謎の痛風?やら爪が剥がれたりやらで、ロングの練習は殆ど出来ず。
体力的にも完走できるのかも怪しい状態でした。


今回のコースはワンウェイコース


寄居町駅前からスタートして、ゆうパーク越生がゴール地点になります。


まずは受付を済ませて、持っていくものを準備。

✓マップ 
✓ポイズンリムーバー
✓ファーストエイドキット
✓携帯
✓モバイルバッテリー
✓軽量シェル
✓水(ハイドレーション)
✓オリジナルドリンク(ソフトフラスク)
✓行動食


本大会は来月開催される仮想ハセツネを想定して水2ℓ、オリジナルドリンク1ℓ、行動食1.0㎏、その他諸々でおおよそ5㎏、流石に10ℓタイプのバックパックでは小さいのか何とかツメツメで収まりました。

※行動食計算
トレイルランの総カロリー計算=(体重+荷物重量)×6キロカロリー×行動時間

おおよそ2000キロカロリーは貯蔵できるので、
ハセツネを想定して、ざっくり以下のような行動食を準備
(結局殆ど開けなかったけどね)

170×3=510キロカロリー ザバス 
180×2=360キロカロリー アミノバイタル 
120×4=480キロカロリー Magon 
128×2=256キロカロリー アスジョイ 
103キロカロリー     パワージェルハイドロ 
109キロカロリー                 メイタン 
50.4キロカロリー                アスリートジョイント
149×2キロカロリー             エネモリ 
100キロカロリー                 ワスプスポーツピューレ 

計2266キロカロリー


もうバックパックはパンパン状態で背負ってみると、おっ重いなーって感じる重量感あせるあせるあせる

更に前回のマウンテントレイル時に爪やら靴ずれやら足のトラブルで悩まされたので、今回は新しく購入したアルトラローンピーク3.5を履いてあえてハムストリングやら脹ら脛を鍛えるためにミニマリストな装備で挑むことにしました!





そんな重装備でスタート!

もう駆け足でいっちゃいます走る人
結果からお伝えすると、いきなりスタート地点から集団でコースアウトしたり、途中かなりのタイムロスを強いられるアクシデントの遭遇やらありましたが、何とかかんとか完走することができました滝汗



実はロードから一番初めのトレイル区間になる鐘欟堂山の頂上から一気に下る上図のマルバツのポイントにてそのアクシデントが発生注意


下ってる最中、私の少し前の人が妙に騒がしい感じがするので、よく見てみると何やらアブらしき虫がブンブン。

単純にまたアブかーしつこいなーむかっむかっと思ってそのまま突っ切ろうと思ったその瞬間!






奴だったのです!!


今回サンバイザーを被ってたんですが、ちょうど頭部テッペンの髪の毛の部分から違和感を感じるやいなやズンズンブスブスッと3連発で刺されたような強烈な痛みおーっ!


思わずイッターって叫びました笑



っと同時に周りの人達も一斉にスズメバチに刺されてるのが分かったので、こりゃ一刻も早くこの場から脱出しないとと思い、刺された頭を押さえながらダッシュで逃げようとするもやはり奴は追いかけてくるハチハチハチハチ

あーマズいっと思ったその瞬間!!



お尻からチクチクズンズンドン‼っとまたもやスズメバチの攻撃を受けてしまい も~うこのレースへの意気込みやら戦意は喪失しThe endハチハチハチハチ

周りのランナーさんもやはり頭刺されたとか背中刺されたとかでもう一時パニック状態でした。

その後、何とか山から抜けたロードのポイントまで降りてくると、刺された人が20人ぐらい集まってて、ポイズンリムーバーで毒抜き作業

結局、自分は頭3箇所、お尻2箇所ほど刺されてました。

まあお尻の部分はポイズンリムーバーで毒抜き作業はできたけど、さすがに頭部は毒抜きできないのでひたすら水で洗いながらバイキンが入らないようにだけ気をつけることに。

刺された直後から頭はズッキーンと痛むし、刺されたお尻の方は筋肉注射みたいな痛みが出てくるしで、この時点でレースへのテンションが下がっちゃいましたね。

なので、さすがに途中棄権しようかなって思ったけど、結局は自力で下山しないといけないみたいやし、更にマイカーはゆーパーク越生に駐車していたということもあって、ゆっくりでもいいから何とかゴール地点まで向かうことを決意ショボーンチュープンプンショボーンチュープンプン

その後もエイドの度に頭部を冷やしたり水で消毒したりとぼちぼちやってるうちに、徐々に痛みも引いてきたので、何とか最後まで走りきることができました。


水分も行動食もほぼほぼ充実したエイドの給食を取っていたので継続して5Kg前後を背負っていたような感じ。
またアルトラローンピークを履いていたこともあってか最後の方になるとハムストリングや脹脛が超絶筋肉痛になるほどまで負荷がかかってたので、またまた足腰が鍛えられたと思いたいですね(*^^*)
 

アルトラ ローンピークを長距離履いてみた感想ですが、とりあえず今回のレースでは足のトラブルは無かったです。
ただアッパー素材が柔らか過ぎるのか、下りはちょっと攻めきれない感じはしました。

でもトレーニングにしろレースにしろ足腰鍛えるにはいいシューズだと思います。
 


ッというわけで今回はタイムはめちゃめちゃ遅くなってしまったけど、とりあえず完走できて良かったです。








これでITRAポイントが7ポイントになりました。



しかし、スズメバチって本当に怖いでフよね〜(フェフ姉風)

自分は次刺されるとアナフィラキシーの症状が出る可能性もあるのでちょっと警戒かな

今回は、白のバイザー&シャツ、ブルーのパンツで呆気なく刺されてしまったけど、何故か全く刺されなかった人の中に帽子上下ともオールブラックで統一してる超ラッキーな人もいました。

皆さんもこの時期山に出かける際はスズメバチにご注意くださいね。

ハセツネのコースもスズメバチが多いらしいので自分が気をつけないいけないかも

一層のこと全身白で統一しちゃいますか!


さーこの週末はハセツネ15時間ペースの全コース試走会に参加できるまでコンディション回復するのかな?

じぇいど,