極楽パレード審査参加チームへ アドバイスみたいなもん その2  | 大阪堺市 よさこい作/編曲家 ギタリスト 23年目330曲作ったジャッキーの色々と役にたつブログ

大阪堺市 よさこい作/編曲家 ギタリスト 23年目330曲作ったジャッキーの色々と役にたつブログ

よさこい関連のとっても役に立つ情報満載のブログです!

他チームに圧倒的に差をつけたい方に特にお勧め!

趣味のサーフィンや料理、自転車、写真のことも書いていますよ。

試聴できます!
http://www.sd-oneness.com/?page_id=91

今回、もったいないなと思うチームがいくつもありました。

 

その中には、とっても個性的なチームや、圧倒的な迫力のチーム、笑顔がとびっきりいいチーム・・・

 

せっかく、審査を受けるんだから、こうしたらいいなってことを書いてみます。

 

 

まずは 審査を受けるんだったら

 

 

『審査基準をクリアして欲しい』な ってことですわ。

 

審査基準は

 

 

・ 鳴子・四竹を持ち、使えているか

 

・ きちんと進めているか

 

・ 列、踊りがそろっているか

 

 

極端な話、100円ショップでいいから、鳴子を手に入れて、「審査基準」を満たしてほしいなと。

 

全く動かない、もしくは、最初に走っていって、その場所で固定して踊るのはどうなんだろうかってこと。

こちらも、真剣に審査しています。

 

まる二日、ボランティアでやらせてもらっています。

 

 

もとい

 

 

いい踊りだなと思っても、審査基準があるので、大幅減点をせざるをえません。

 

チームによっては、私が審査しているずっと横で、勝手に踊り続けるチームまで。

そうなると、観ることすらできないので、審査どころではありません。

 

大道具などがあって大変でしょうが、こちらとしては、なぜパレード会場で審査対象としてエントリーされたのか、不思議でなりませんでした。

 

逆に、もったいなかったのが・・・

 

その3に続きます。