9/28(日)晴れ 楽器磨き(船庫)&踊り馬場視察(八坂神社他) | 長崎くんち 西濵町 龍船 ジャブネットブログ 

長崎くんち 西濵町 龍船 ジャブネットブログ 

平成26年度 長崎くんち踊り町 「西濵町 龍船」に関する行事・練習風景・出来事をブログに書いています。


テーマ:

昨日の決起大会で、

気合いも新たにしたところで、

今日は、午後から楽器磨きと

各踊り馬場へ視察を行いました。


今回、各楽器を新調して頂きましたので、

本番に向けて、再度、綺麗に磨き上げました。



音色も違ってくるし、

次回にも引き継がれる物なので、

大切に扱わなければなりません。


楽器磨きを終えた後、

各踊り馬場へ向かい、立ち位置とスペース、

セット内容の確認を行いました。


どの場所も桟敷席の建設が、

急ピッチで行われていました。


先ずは八坂神社です。


狭く、さらに斜面になっており、

難しい場所ですが、桟敷席があると、

やはり、もっと狭く見えます叫び


龍頭の根曳が、客席に突っ込まないか

心配になりました。


次に諏訪神社。


ここは、前日、一発目に奉納する

重要な場所ですので、

特に時間をかけてチェックしました。


前回よりも桟敷席が、踊り馬場まで

はみ出している箇所もありましたので、

位置取りの微調整も必要かと思われます。


次に御旅所。


イベントが開催中という事で、

桟敷席の建設はまだでしたが、

縦長の踊り馬場ですので、

根曳は走らされます走る人


また、他の踊り馬場とセット内容が違う為、

再度、確認をしました。


最後に公会堂へ向かいました。


移転が決定?されてるので、

ここでの奉納は、

今年が最後になるかもしれません。


公会堂での場所踏み練習は、

1回しか出来ませんでしたが、

新地橋を公会堂に見立てて、

何度も練習してきたので

全く問題ないと思います。


強いて挙げるとすれば、

砂利が周りに敷かれているので、

滑らないように注意して走る事と、

しっかり船を止める事ですね。


以上、4ヶ所を順次、回りました。


練習で何度も場所踏みしてるものの、

桟敷席が有るのと無いのとでは

様相が全然、変わってきます。

ですが、イメージはしっかり掴めました。


本番では周りは、観衆で一杯になります。

緊張の連続ですが、

練習でやってきた事をしっかり出し切れば、

恐れるものは何もありません!!


船体もメンテナンスが、

着々と行われています。


今日、メンテナンス中の龍船を見た時に、

早く根曳衆と共に動き出したいと

訴えてる様にも見えました。


本番まで後9日。

もうすぐです。

jabune241さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス