9/27(土)晴れ 西濵町龍船くんち決起大会(メルカつきまち) | 長崎くんち 西濵町 龍船 ジャブネットブログ 

長崎くんち 西濵町 龍船 ジャブネットブログ 

平成26年度 長崎くんち踊り町 「西濵町 龍船」に関する行事・練習風景・出来事をブログに書いています。


テーマ:

今日は、西濵町龍船くんち決起大会が

開催されました。


場所はメルカつきまち5階ホール。



会場には、

たくさんの町内関係者が続々と集まり、

開始前から熱気ムンムン。



まずは、シャギリの披露からスタート。



この音色を聞くと、やはりくんちを連想し、

ワクワクします。


つづいて、

川副龍也 西濵町龍船奉賛会長の挨拶です。




役員の紹介です。




この後、原田博二先生による

「くんちと西濵町」の講演です。



非常に貴重な写真や資料を

スライドで紹介されながら、踊り町の変遷、

くんちと西濵町のこれまでの歴史と関係について、

講演されました。



いにしえの諏訪神社でのくんちの様子や、

階段だらけだった長崎の町の道路事情など

興味深い話も満載で、大変勉強になりました。


個人的には、昔は諏訪神社での踊り馬場が、

前日と後日で違っていたということに驚きました。



嘉勢照太先生の講演は、

「西濵町傘鉾垂れ・姑蘇十八景・刺繍の背景」です。



以前、龍船今昔物語でもご紹介した、

当時、雪屋さんが一手持ちであった

西濵町の傘鉾の垂れに描かれている、

姑蘇十八景の由来や意味などを

中国における調査時の模様のビデオを織り交ぜながら、

懇切丁寧に講演されました。



話を伺えば伺うほど、

文化的価値が非常に高いこの傘鉾は、

西濵町の宝物として、大切に後世に残して

いかねばならないものであると痛感させられました。



根曳の紹介です。
















囃子の紹介です。
















最後に西濵町恒例の

「ヤーハー三本締め」にて、

町あげての団結を図り、終了しました。




さあ、これでいよいよ心身ともに

くんち本番へ向けての準備は整いました。


あと心配なのは、

本番当日の天気のみですね。


あと10日で本番です。



jabune241さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス