昨日まで那須宅へ。

 

連休後だからか、少し落ち着いた那須。

 

人も少なそうということで、久しぶりにペニーレインへ。

 

普通程度の混み具合で、特にストレスも無く目当てのパンが買えた。

 

今回の目的は、40ポッドの苗を植えること。

 

草を刈って、土を耕して、穴を掘って、ポッドの苗を埋める。

 

・・・ということを予定していた。

 

そして、草刈りをはじめて数分後。

 

背中に、ドーンという衝撃が。

 

え、なに?!、と思って振り返ったところ、ブーンと上の方に飛んでいく大きな大きな蜂が。十中八九、スズメバチ。

 

そして、次の瞬間、あーイテテテテテテ!!!!!!!

 

激痛。ヤバイ系の激痛。

 

すぐに家に入り、埼玉宅にいる妻に連絡。

 

蜂に刺されて、ものすごく痛いんだけれど、と。

 

刺されたところをみると、プクッと膨れている。

 

日曜日に空いている病院はあったっけ? 小児科で見てくれないか? あーイテテテテテテ!!!!!!!

 

とりあえず、シャワーを傷口にあてて、流水で毒を流すことを試みる。

 

後日談として、世の中にはポイズンリムーバーというものがある。存在自体知らなかったけれども、早速購入しました。

 

 

さて、シャワー後、痛みがひいたかといえば、全くひかない。

 

空いている病院もない。

 

痛くて仕方がなかったけれど、アナフィラキシーショック、蕁麻疹の兆候はない。

 

ということで、死ぬことはないだろうと思って、とりあえず様子をみることにしました。

 

そして、しばらくジッとしていたのだけれど、痛くて痛くてジッとしていられない。

 

そうこうするうちに、蜂に対して怒りが込み上げてきた。

 

どこにいたんだ、蜂の野郎!、と思って刺された周辺をみに行く。

 

そしたら、いた! デカイのが2匹。樹の蜜を吸っている。

 

ちょっとでも近づこうものなら威嚇してくる。もちろん、近づけない。

 

でも、だからといって、積極的に攻撃してくるわけではない。樹の蜜を吸いたいだけ。

 

涼しくなって、捕食できる虫も少なくなって、樹の蜜を求めに来たらしい。

 

それに気付かずに近くをウロウロしてたから、しようがなしに刺しに来たのだろう。

 

おそらく、威嚇をしてきたはずである。でも、その威嚇に気付かなかった。

 

なぜなら、イヤホンをしてたから。

 

今回の原因はコレ。イヤホンをして草刈りをしていたこと。

 

夏の間、イヤホンをして草刈りしても問題がなかったからといって、秋の草刈りでこれをやっては絶対ダメ。

 

というか、自然の中でイヤホンをするのはダメ。猿や熊が近づいてもわからないし。

 

今考えたら、完全な油断。

 

ということで、蜂に逆恨みすることは止めました。彼奴らのテリトリーに入ったのが悪い、ということで。

 

あと、草刈りするときは、ちゃんと周辺を確認して、蜂がいないか、蛇がいないか、確認することが必要だな、と。草刈り機は多かれ少なかれ音がするので、周りの生物たちの警告音が聞こえない場合があるので要注意。これも当たり前か。

 

ただ、背中を刺されて痛いけれど、40ポッドの苗を埋めなきゃいけない。

 

蜂がいる樹を避けて、まわりを十分に確認しながら、土を耕して、苗を植える。

 

だんだんと痛みはひいて、夜になると違和感があるぐらいまでに。

 

スズメバチ、恐るべし。

 

秋は被害が多いようなので、樹木の周りではご用心を。