鳩山由紀夫首相は15日夜、仙谷由人国家戦略担当相が消費税率引き上げの必要性に言及したことについて、「私が了解している話ではない。国民から見て『まだ(税金の)無駄(遣い)があるじゃないか』と(思われている)。無駄を徹底的に排除するまで消費税を上げる議論は国民に納得していただけない」と、否定的な考えを示した。

 仙谷氏は産経新聞の取材に「消費税を含め税収(アップ)を図る税制改革が必要なのは間違いない」と述べ、平成23~25年度予算の「中期財政フレーム」に消費税率引き上げを明記することを検討する意向を表明。民主党内から「参院選にマイナスだ」(高嶋良充筆頭副幹事長)との反発が出ている。

【関連記事】
日本医師会の新会長が消費税増提案も、出席議員の反対で即撤回
消費税増税論議スタートも、思惑隔たり方向感定まらず 政府税調
亀井金融相 「消費税は上げません」と断言
消費増税を次期衆院選の争点に 仙谷戦略相
鳩山政権が増税路線に転換? 財務省の思惑チラリ
外国人地方参政権問題に一石

<航空トラブル>エアカナダ機が2度も緊急着陸 成田空港に(毎日新聞)
体にあざの女児が意識不明、通報の母ら虐待か(読売新聞)
アクセラ3万5000台リコール=マツダ(時事通信)
「日本創新党」応援連合参加の熊谷市長 「地方分権後押し」 千葉(産経新聞)
<虐待>老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)