◆就活と 「諸手当」 | 面接塾(Mr.人事部長)

面接塾(Mr.人事部長)

就活・転職には 「企業サイド(人事部長)の視点」 が重要です!


テーマ:

以前、「福利厚生の内容」「退職金の有無」の確認をお勧めしましたが、

採用情報に記載されている「諸手当」の内容も”要チェック”です。


大企業は、いろいろな手当が有っても、あえて「通勤手当他」とシンプルに記載する企業が多いですね。


「諸手当」など詳細に書かなくても、就活生さんが応募してくるとの自信の表れでしょうか。


それに比べ中小企業は、良い会社であることを少しでもアピールするため、すべての手当を記載する傾向にあります。


「時間外手当」「休日・深夜手当」などは労働基準法による義務ですが、


その他に、「通勤手当」「住宅手当」「家族手当」「扶養手当」「育英手当」「生計手当」「食事手当」「単身赴任」「地域手当」「遠隔地手当」「資格手当」「技能手当」「役付手当食」「皆勤手当」「外勤手当」「営業手当」「研修手当」など、種類や名称はいろいろあります。


企業がそれらの「諸手当」をなぜ出しているかの理由を読めば、その企業「社風」「社員を大切にする姿勢」や「勤務形態」「営業地域」等がだいたい見えてきますので、注意深くチェックして下さい。



人気ランキングにご協力を!
(下の2つのロゴを両方とも押して下さい。)






ミスター人事部長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス