◆就活と「グローバル化」 | 面接塾(Mr.人事部長)

面接塾(Mr.人事部長)

就活・転職には 「企業サイド(人事部長)の視点」 が重要です!


テーマ:

日立は、2012年以降に入社する大学卒以上の社員のうち、「事務系」については全員、「技術系」は半数を、海外赴任の可能性があることを前提に採用するとの方針を明らかにしました。


ただし、採用段階での「語学力」についてのハードルは設けず、入社後の研修を通じてレベルを向上させることを基本とするとのことですので、日立を志望する英語が苦手な就活生さんはほっとしたのでは。


今回の方針は、グローバルな成長戦略を最優先に推進するため、語学力を必要とする業務で戦力となる人材を早期に育てることが目的だそうです。


裏を返せば、この様な超一流企業であっても、事業のグローバル展開を強めるための人材が順調に育っていないことを示すものでもあります。


実際、グローバル人材は速成では育ちません。


海外帰国子女でバイリンガルであればグローバル人材に成り易いかと言えば、そうではありません。


優秀なグローバル人材を出来るだけ早く養成するためには、日々の仕事を通じて培われた優れた業務遂行能力を持つ人材に、「グローバル化のための特別な育成計画」を実施する必要があります。


ただ近年、日本企業全般がそのようなグローバル人材の育成にあまり力を入れてこなかったことは否めない事実です。


日本企業の多くが、不景気になると「海外研修」や「留学制度」などの教育費用を真っ先に削減してきたからです。


実際、米国へ留学するアジア人の中で日本人だけが減少しているそうですが、これは企業が派遣する社員留学生の減少も影響していると推察されます。


この事実一つとっても、グローバル化無しでは生きていけない日本企業にとって大変憂慮すべき事態ではないでしょうか。


就活生さん。自分だけ苦労しているなんで考えていませんか。


実は日本企業はもっと厳しい環境に置かれているのです。



人気ランキングにご協力を!
(下の2つのロゴを両方とも押して下さい。)










ミスター人事部長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス