◆就活と「社内食堂」 | 面接塾(Mr.人事部長)

面接塾(Mr.人事部長)

就活・転職には 「企業サイド(人事部長)の視点」 が重要です!


テーマ:

社内食堂(社食)を完備する会社はいいですよ。


私が最初に勤めた会社は、その当時「日本一の社食」としてマスコミに取り上げられたこともあります。


メニューが豊富で、値段も安く、味も良い。三拍子揃っていました。


しかし、勤めていた頃はそれが普通だと思い、会社に感謝することもありませんでした。


有難味が分かったのは、転職してからです。


社食の無い会社の社員は昼食に本当に苦労します。


外のお店は混むし高いし、仕出し弁当はいつも同じメニューで飽きるし、自宅からお弁当を持って来るのも照れ臭いし。


「社食」がある会社がつくづくうらやましく思いました。


NHKのサラリーマンNEOというコメディー番組で、「世界の社食から」と言う「世界の車窓から」をパロったコーナーがありますが、世界の一流企業の「社食」の素晴らしさにはいつも感心させられます。


社食を見れば、一事が万事、企業の「社員を大切」する姿勢が良く分かります。


就活生さんは、そんなつまらない事と思うかもしれませんが、何十年も勤めるとすれば、社食の有無はそれなりに大きな問題です。


就活の際、「社員を大切する会社」のチェック項目として、「社食の有無」も参考にしては如何でしょうか。


ただし、面接本番では絶対に質問しないで下さいね。確実に落されます。


OBOG訪問の際、雰囲気が良くなったのを見計らって、何気なく尋ねましょう。




人気ランキングにご協力を!
(下の2つのロゴを両方とも押して下さい。)

ミスター人事部長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス