ツリーの飾りの意味

テーマ:
お疲れ様です 
毎日寒いですがいかがお過ごしでしょうか?
今日はツリーの飾りの意味を雑学します!
トップスターと呼ばれるツリーの頂に飾ってある星。
このトップスターと呼ばれる星はクリスマスツリーの定番飾りの一つ。
トップスターには「希望の星」という意味。イエス様が産まれた際に空に輝いてたシュピッツェと呼ばれる星が由来。
そして、賢者はシュピッツェの輝きを目印にイエス様が誕生した場所へと導かれました。
ベルベル・鈴
次はベルについて。
イエス様が誕生した際、喜びのベルが鳴らされたのが由来となり、ベルが飾られるようになった。
イエス様の誕生が由来とですが「迷える子羊たちが無事に神様の元へと帰れますように」という意味も込められてます。
靴下
靴下はイエス様ではなく、聖ニコラウスのエピソードが由来。
聖ニコラウスとはサンタクロースのモデルとなった人物で、貧しい家を助けるため窓や煙突から金貨を投げ入れたという話があります。
その投げ入れた金貨がたまたま靴下に入ったことが由来で、サンタクロースのプレゼントを貰う意味合いで靴下を飾るように。
ボール・玉
一見するとボールや玉に見える飾りについて。
あの飾りは赤色が多く、その理由はあのボールがリンゴだから。
リンゴはキリスト教ではアダムとイヴが食べた禁断の果実(知恵の実)が由来。
ボールや玉である意味については、単純に食べ物を飾るのは難しく、その時期にリンゴを収穫する事が出来ないため、ボールや玉を飾るようになった。
杖に見えるキャンディの飾りについて。
「キャンディ・ケーン」という名前で、羊飼いが使う杖が由来。
キリスト教では人々の事を羊に例え、神を羊飼いとしています。
つまり「迷える子羊=人間」のことを「羊飼い=神」が導くための意味合いで杖が飾られています。
キャンドルや電飾
クリスマスツリーのキャンドルや電飾にも意味があります。
キャンドルや電飾はイエス様が由来となっていて、イエス様が世界を明るく照らし人々を救うという意味。
現在は電飾になっていますが、昔は本物のキャンドルを使っていた時期もあったそう。
松ぼっくり
実は松ぼっくりにも意味や由来があります。
松ぼっくりはキリスト教の聖母マリアとその婚約者であるヨセフの伝説が由来。
伝説ではユダヤ王は救世主イエス様の誕生を知ると、イエス様を抹殺しようとしました。
これを知ったマリアとヨセフはイエス様を救うために逃げ出すのですが、その際にモミの木の枝がマリアとヨセフを覆うように隠し追手から隠してくれた。
このモミの木が由来となって松ぼっくりが飾られるようになった。
 
初耳な情報ありましたか? 
 
話題作りにもいいですね♪ 
だっちゃんでしたにゃー
AD