お疲れ様です 
またまただっちゃんのコーナーです
ショートケーキのショート、短い、じゃ無い?と調べてみました。
「ショートケイク(shortcake)」は、スポンジの代わりに菓子パンの一種である「ビスケット」を使ったケーキのこと。
「ショート(short)」とは、食感がさくさくしているという意味。
因に、日本風イチゴのショートケーキは、「ストロベリー スポンジ ケイク(strawberry sponge cake)」と言うらしい。
 
他にも面白い語源の紹介。
もともとショートケーキの起源はスコットランドで、スコットランドの別名はショートランドと呼ばれています。
又、スコットランドのショートケーキはクッキーのようなお菓子を指します。
結婚式ではこのスコットランド式ショートケーキを花嫁の頭に叩きつけ、1度で割れないと縁起が悪いとされました。
このことから砕けやすい脆いケーキを、ショートケーキと呼ぶようになった。
他には、ショートニングを使っているからというもの。
ショートニング(植物油脂)を使って作っているからショートケーキと呼ぶという説です。
現在に比べて昔はバターが高かったため、ケーキの材料にはショートニングと呼ばれる植物油脂を使用していた。
そして、先程の説と違って発祥はアメリカとされてます。
ショートニングケーキが略されて、ショートケーキと呼ばれるように。
という説があるそうです。
因に、ショートケーキがスポンジケーキなのは日本だけらしい。 
 
意外でしたね。
 
では又来週お会いしましょうグー