潤と素晴らしい○○

潤と素晴らしい○○

不思議な体験や、神仏との繋がり、
そして悟りを開くようにして
繰り広げられる心の成長記録、
各地へアンテナを拡げるべく
イベントへの参加など〜
いろんな事を残していきたい
m(._.)m
人は行動によって学び成長する!


テーマ:
日本時間 2019年4月16日 午前2時、
世界遺産である、パリのノートルダム大聖堂で火災が発生しました。



歴史ある建造物は美しく、その土地を象徴するかの様な趣を醸しています。



建てられた当初から、ずっとこの地に住む人々の暮らし、歴史を見てきたのだと思います。



この地に住まう人々にとっては、何とも言えない侘しさがあるでしょう。残念です。



それに対して、歴史上対立をしてきた人々からはこの様な言葉もあがってきています。



「  神罰  」



これは、戦争などによって迫害されたりしてきた
「恨み辛み」から出た言葉でしょう。



そうやって、形は違えども、お互いが同じ様な事柄を、お互いにやり合っています。



これは、事像の「 輪廻転生 」です。



人は、やられたらやり返す。形は違えども。



どこかで誰かがそれに気づき、やめなければ、それは永遠という事です。
道を変える事はありません。



この火災は、大きな意味を持ちます。



気づくこと。です。



良い「 輪廻転生 」であれば、人々はそれに慣れ、「 あたりまえ 」になるでしょう。



これは、古い考えです。



これからの人々は、これに気づかなければならない事を意味してると思います。
道を変えなければなりません。



そして、神仏は世界共通で罰だけは与えません。



「  神罰  」



などありません。



あるのは、人間の愚かさと努力不足。
そう思います。



愚かでは無い!という強烈な思い込みの愚かさと、現状に甘える努力不足。
他人に依存する努力不足。
それに気づかなければなりません。



これからのパリは、大変な努力をする事になるのかもしれません。



人が「 苦難 」と思う出来事、これは今まで、
自分の弱点や甘えを、見て見ぬフリをしてきた努力不足からくるもの。
積もり積もって、大きな災いに形を変えたもの。

こうまでしないと、学んで貰えないのですか?

という問いかけです。

それを神仏のせいにした言い訳です。



それに気づくと、その人の人生は180度変わります。



もう、変わる時期は来ています。


建存のノートルダム大聖堂 ( フランス・パリ )


昨日は、よく参拝に行く神社の近くへ仕事で行ってました。


そこで、ノートルダム大聖堂とは関係無く御神籤を引きました。(個人的にです😅)



この様な御神籤を頂きました。



あれこれ愚痴をこぼしたりしてしまっている事(仕事上で)に、とても繋がる言葉を頂きました。



これを思い出した時、ノートルダム大聖堂の火災も、同じ様な事が一部あるのだなと思い、ブログにあげた次第。



物事の意味は、人それぞれの感性や、こじつけだったりするものだと思います。
意味はあるモノでは無く、意味を持つための材料に過ぎない、そう思います。




それぞれの気づきによって、
良い道を選択できるように願いを込めて。

Ameba人気のブログ