黄昏の勇者

テーマ:
 
佐沼のおともだちどんどん増加中!!
カキ氷 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ 金魚
パーラーJー遊佐沼店

友だち追加

上差し ぽちっと簡単登録 上差し

 

 

こんばんワン

 
勇者エデンです
 
今回はゼルダの伝説『トワイライトプリンセス』
(以降トワプリ)
{D6AEA562-EAE1-40FA-AF64-D92424AEACE5}
のゲーム紹介をします
 
まずはストーリーから
 

ハイラル王国の南に位置するトアル村では、自然の中で人々が穏やかに暮らしていた。そこに住む若者のリンクは、ある時、ハイラル城に献上品を届ける役を担うことになった。出発の当日、幼馴染のイリアたちと別れを惜しんでいると、突然村に魔物が襲来、イリアや村の子供たちがさらわれてしまう。急いで行方を捜すリンクは村のはずれで奇妙な領域を発見する。次の瞬間、リンクはその領域に引き込まれ、姿が狼へと変化、そのまま気を失う。

気がつくと、狼となったリンク

 

{C51448A9-63B3-41D4-86B8-5DFF5F525670}

は牢獄の中で鎖につながれていた。そして目の前にはそれを見てあざ笑う謎の魔物の姿があった。その魔物・ミドナ

 

 

{4A1BE904-D080-45D4-A0D3-A6083F1B029F}

は、リンクを小馬鹿にしつつも鎖を切り、ある部屋へと導く。部屋の中には黒いローブを纏った一人の女性が立っていた。女性はミドナに促され、事の顛末を語る。ハイラル王国に影の世界の王・ザントが侵略してきた事、王女の降伏によってハイラルが「影の領域」になり民が魂と化してしまった事を。そして、話をするその女性こそが、ハイラル王国の王女・ゼルダ
{853B628A-F361-42AE-8726-59489E322B30}

であった。

 

ゼルダと別れた後、リンクは光の四精霊の中の一体、ラトアーヌと出会う。ラトアーヌ

 

{3293EE9D-F7E4-462B-A9CF-48DC85CD2F3A}

は影の領域から光の精霊たちを蘇らせてほしいとリンクに頼み、リンクは求めに応じてフィローネの森に光を取り戻す。影から開放されたリンクは人間の姿に戻る。その身には緑の衣を纏っていた。蘇った精霊フィローネ
{0B3053D0-38FF-4FCB-B850-C748909277FF}

はリンクが神に選ばれし勇者であると語り、ハイラルの命運をリンクに託す。

 

こうして勇者リンクは、ある物を捜しているというミドナと共に冒険することになります

(以降はネタバレするので各自でプレイして楽しんでください)

次に世界観です

『時のオカリナ』

 

{A3CD03C7-07A3-4449-A874-12717933141F}

で「時の勇者リンク」
{2689105D-7229-4DA6-BA56-A0750E570BAB}

が7年後の未来で大魔王ガノンドロフ
{B8D36817-EC02-4AA5-B1CB-D24A3DA3D8D9}

を封印した後、本来の時代に戻ってきてから百数年後の世界という設定である。『時のオカリナ』のエンディングで少年リンク
{E4D8C960-1F52-4238-9505-A74BBEBA6B06}

が未来で起こる出来事を少女ゼルダ姫
{8071CCE2-ADA4-4EFE-96D3-7679E4B2B8E8}

に話し、ガノンドロフの野望を未然に防いでいる(砂漠の処刑場でその顛末が語られる)。同じく『時のオカリナ』の続編と位置づけられる『風のタクト』とはパラレルワールドの関係となっており『時のオカリナ』のエンディングでリンクが未来の話をしたことで時間軸の分岐が発生したため、こちらは、『時のオカリナ』の未来世界でガノンドロフが封印され「時の勇者リンク」が去ってから数百年後の物語である。

 

なんと時のオカリナのリンクはこのトワプリのリンクに奥義を伝授する為に現れます

この作品は騎馬戦やウルフリンクなどと他の作品には無かった特徴が導入されています

次は感想と行きたいのですが久々にやり始めたのでまだクリアしていません

(私が最初にプレイしたのはWii版の奴なのでかれこれ9年前位ですし因みに今プレイしているのはWiiU版です)

次の登場まで何とかクリアしたいかなと思います

プレイする方は「トライフォースの加護のあらん事を」

 

{57669A35-A8FF-4E52-B9FD-1D47D9EE1852}

それでは黄昏の夢で会いましょう

 

 

{D74FF25D-812D-441E-9D02-C63F5BA1E2D5}