オヤジサーファー(もどき)今日も波待ちばっか!

「サーフトリップ」や「エコツアー」を企画している旅行会社ワールドシーコーポレーションの代表のブログ。


テーマ:
今朝の沖縄といい、チリといい、やはり巨大地震の前兆?

「言い伝え」ということは、大昔に同じことがあったということ??

備えあれば憂いなし 

とはいうものの、どんな備えをしたらいいのでしょうか?




深海魚リュウグウノツカイが今冬、富山、石川県などの日本海沿岸で相次いで見
つかっている。

 全長が5メートルを超え、生態はほとんどわかっていない謎の多い魚。富山県
魚津市の魚津水族館は、同県黒部市の海岸に漂着したものをホルマリン漬けにし
て展示している。

 富山県では昨年12月以降、定置網で捕獲されたり、海岸に漂着したりするな
ど4匹が見つかっている。石川県では昨年11月以降、十数匹が見つかり、京都
や島根、長崎などでも発見されている。地元では、漁業関係者の間で話題となっ
ている。

 魚津水族館は、これほど相次いで見つかったとの報告例はないといい、「海か
ら陸への風が強い時期に漂着している。なぜ集中しているのか分からない」と首
をかしげる。

 金沢市のNPO法人職員内藤善太さん(34)らは、試食に挑戦した。石川県
羽咋市の千里浜海岸で見つけた体長約4メートルのものをソテーにして食べた。
内藤さんは「脂の塊みたいな味でおいしくなかった」と話している。

 ◆リュウグウノツカイ=アカマンボウ目リュウグウノツカイ科の深海魚。体長
は5メートル前後で、大きいものでは10メートルほどになるという。平たい体
に長い腹びれと背びれがあり、水深200~1000メートルに生息している。
姿を現すと、「地震の前触れ」との言い伝えもある。

 ◆リュウグウノツカイ漂着は地震の前触れという言い伝えもある。地震の予兆
現象を調べているNPO法人「大気イオン地震予測研究会」の弘原海清理事長
(環境地震学)は「一般的に海底近くの深海魚は、海面付近の魚より活断層の動
きに敏感」と話す。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100227-00000568-yom-soci
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。