東京事務所のおかぴです。

 

京都府の八幡市の堀口市長が、令和3年度特別交付税の要望で来室されました。

八幡市は京都府の南西部、木津川・宇治川・桂川の三川が合流して淀川となる地点に位置し、京都市と大阪市のベットタウンとして発展している市になります。

八幡市の財政運営は、高い生活保護率や障害者福祉経費の財政需要の増加で、令和2年度経常収支率は99.0%と前年度より0.6ポイント改善しているものの、大変厳しい状態です。そのような中でも、子供の貧困対策、障害者福祉事業、市民の健康対策事業、他歴史・文化資産の活用などによる財政需要があるため、特別交付税の要望をされていました。 

市長は、京都府選出の国会議員に要望活動した後、総務省財政課に向かわれました。

 

本日、ウオールストリートジャーナルの取材を受けました。

取材内容は「財政」についてで、西田議員が本部長を務める財政政策検討本部ではどのような議論がされているのか、矢野論文やMMTなどについてです。

取材記事は、1ヶ月以内にはウオールストリートジャーナルに掲載されるようです。決まり次第お知らせいたします。

 

西田昌司チャンネルでは、『経世済民』の理念のもと、テレビや新聞では報道されていない様々な現場の政治情勢を直接皆様にお届けいたします。 チャンネル登録をよろしくお願いいたします。

 

コロナショックで緊急提言 消費税を当分の間 ‟ゼロ”に! MMT(現代貨幣論)ならそれが可能だ!!

MMT(現代貨幣論)に対する西田議員の見解、MMTを通して西田議員が考察した日本経済の問題点とその処方箋をまとめています。こちらからダウンロードもできます。

 

続編の『それでもMMTを理解したがらない人へ』では、西田議員がコロナショックによる急激な富の蒸発に対する経済対策と日本再建の方策を訴えています。こちらからダウンロードもできます。

 

☆好評発売中です☆

『財務省からアベノミクスを救う』 

amazonからのご購入はこちら

http://urx2.nu/NlTs

定価 1,300円

※購入後にはカスタマーレビュにご協力下さい。