東京事務所のおかぴです。

東京は、朝から冷たい雨が降り続き、底冷えの一日です。

 

西田議員は、今週より東京日程が入っているため、午前から東京入りしました。

レクの後、会合、そして週刊西田の収録、レク、レク、大臣との面会、レクで変わら忙しい一日です。

 

週刊西田では、年明けからたくさん質問を頂きました。

まずは、西田ビジョンでは、40代磨き猫さんから1月7日の毎日新聞に掲載されていた記事(財政再建に関し、岸田総理と高市政調会長が対立している)は本当なのでしょうか。

 

一問一答では、個人向け国債の購入を検討している30代のはまっぷさんからです。

横浜銀行のHPに下記の記載がありますが、このような事態は起こるのでしょうか。財務省だけでなく、銀行も嘘をついているのでしょうか。

”国が利⼦と元本の⽀払いをおこないます。
個⼈向け国債は、元本と利⼦の⽀払いを⽇本国政府がおこなうため、安全性の⾼い⾦融商品ですが、発⾏体である⽇本国の信⽤状況の悪化等により、元本や利⼦の⽀払いが滞ったり、⽀払い不能が⽣じるリスクがあります。”

 

 

おまけでは、40代のヨシロウさんからオミクロンについての質問です。

「オミクロンはただの風邪である」となぜ岸田総理は言えないのか。重症化率も季節性インフルエンザよりも低く、まん延防止や緊急事態で経済を止める正当な理由はないと思います。

 

西田昌司チャンネルでは、『経世済民』の理念のもと、テレビや新聞では報道されていない様々な現場の政治情勢を直接皆様にお届けいたします。 チャンネル登録をよろしくお願いいたします。

 

コロナショックで緊急提言 消費税を当分の間 ‟ゼロ”に! MMT(現代貨幣論)ならそれが可能だ!!

MMT(現代貨幣論)に対する西田議員の見解、MMTを通して西田議員が考察した日本経済の問題点とその処方箋をまとめています。こちらからダウンロードもできます。

 

続編の『それでもMMTを理解したがらない人へ』では、西田議員がコロナショックによる急激な富の蒸発に対する経済対策と日本再建の方策を訴えています。こちらからダウンロードもできます。

 

☆好評発売中です☆

『財務省からアベノミクスを救う』 

amazonからのご購入はこちら

http://urx2.nu/NlTs

定価 1,300円

※購入後にはカスタマーレビュにご協力下さい。