とんちゃんのブログ

とんちゃんのブログ

ブログの説明を入力します。

東日本に猛威を振るった台風19号。被害は、かなり甚大で予想を超えてると。

 

こと、普通なら考えられない様な場所での被害が出てる。

 

大体は、予想を大きく上回る様な降水量による、洪水・河川の氾濫。こればっかりは、どうにもこうにも手を打つ以前の話で。場所によっては、想定外とあるが・・・

 

自分の住んでる地域は、特に被害も影響も無かったのですが、確実に台風は上空を通過して行ったと思いますね。一時的に、風向き・空気感が変わったのも感じたし。

 

まずは、被害に遭われた方々へお見舞いを申し上げると共に、1日でも早い回復・元のような生活が出来ます様に。

 

お祈り申し上げております。

 

さて、当方もハローワークへ求職活動・検索に行きましたが、やはりと言いますか・・・

思ったほど動きは無くて。

 

また来週頑張るとします。

 

週末は、大型台風の接近で、いろいろと大変な事に。

 

台風19号、大型で非常に強い台風で、ここ数年来襲来したことのないパターン。先月襲来した台風15号のコースに似てるのもあるが、その大きさ・規模が半端無い大きさで。1958年(昭和33年)に、日本を襲った「狩野川台風(台風22号)」並みの勢力に匹敵するとか。

 

通常なら、日本に接近する・上陸すると、だいたいが勢力を衰え始めて通過するので、コースによりますが大きな被害は、少ない事がほとんどなのだが。

 

今回は、ほとんど勢力を落とさず接近してる。

 

こうなると、通過する時間帯にもよるが、ある程度の被害が予想される。こと、先の台風で被害が大きかった千葉県が、とにかく心配になります。

 

ここ2~3日、台風情報が引っ切り無しに流れ、とにかく早い段階での対策・対応、そして避難も視野に動いて欲しいと報道されてます。

 

確かに、今の段階で既に被害がぽつぽつと出始めてる。

 

自然の猛威には、人類は無力なものだと言う事で。

 

影響は、各方面に出てるようで。

 

開催中のラグビーW杯でも、2試合が中止。明日の試合も、天候次第と言う事で。

 

他のスポーツも、野球のセパのクライマックスシリーズが中止・順延。競馬は、東京競馬場は今日明日中止で、京都競馬場が開催されてるだけで。サッカーは、J2が西日本での開催ですが、風の影響が出てるかも。秋田で1試合行ってるけど、たぶん風の影響が有ると思う。屋内の競技も、観客・選手役員の安全を考えると、中止・延期の判断が出てる。良い判断だと思います。

 

コンサート・イベントも、軒並み中止になっていて。こればっかりは、仕方のない事だし・・・

 

日を改めて開催されるはずだから。楽しみは、それまで取っておきましょうよ。

 

まずは、身の安全を最優先に。

10月に入って、まだ暑さが残る日が続いて。気温差が激しく、正直「参ったなぁ~」と思う日も。

 

ハローワークへ求職活動・検索も、月が替わって掲載期限が切れた企業の分が、ゴッソリ減って・・・

 

さて、昨日はラグビーW杯予選プール、日本vsサモア戦が有りました。

 

結果は、日本が38-19で勝利!3連勝として、初の決勝トーナメント進出へまた1歩近づきました。

 

ランキングでは、日本が8位でサモアは15位ですが、正直サモアは一時期9位ぐらいまでランクを上げていた事もあるので、強豪であることは間違い無い!こと、フィジカルにおいては、その比ではないくらい強く激しい。

 

試合は、やはりフィジカルコンタクトを前面に押し出す、FW・スクラム戦でもパワー溢れるプレーが要所に見られる。

 

こうなると、日本としては如何にフィジカルで負けないプレーをするか。タックルをミスしない、ブレイクダウンをしっかりファイトする、パスの正確性がカギになるかなと思いましたね。

 

結果的に、全員良くタックルで止めてサモアに良いプレーをさせない。スクラムも負けない・駆け引きで互角に戦っていたと。

 

今回も、サモアの選手が後半明らかに疲れていた。肩で息してるシーンが見られたし・・・

 

私としては、ホント日本はツイてるなと思う。それは、ラストの4つ目のトライシーン。ボーナスポイントが取れた場面ですが、明らかにサモアの自滅だったと思う。

 

あの場面、時間的にも勝敗は決していた。となると、サモアとしては「意地」を見せるのは、アイランダーとしての気持ちの表れ。少しでも長くボールを保持して逆襲・1トライ返す事に全力を傾けるのは、当然の話。

 

だが、いざスクラムを組んだ時に、なぜかSH・スクラムハーフが「ノットストレート」の反則。日本はスクラムを選択して、勝負にトライを取りに出る。そこでまたサモアは、おそらく「コラプシング?」か反則を犯す。日本は再度スクラムを選択、早い球出しでバックス勝負に出て、見事トライを取ってボーナス獲得。

 

相手のFW陣の疲れ・明らかに「肩で息してる」所を見て、勝負に出た15人の「意思統一」をしていた所も、勝敗を分けたと思いますね。

 

これで、次のスコットランド戦での戦い方に、ある程度「形」が見えて来た部分が有るけど、ここはシッカリと勝たないと。まずは「勝ち点4」を取る。そして、もう一つ「ボーナス」も取れたら「御の字」でしょう。アイルランドが、サモアに負けると思えないしスコットランドも、ロシアに足元を掬われるとは考え難い。

 

それよりも、2か国の事を考えず自分達で自力で予選を突破して、初の決勝トーナメント進出を決めて貰いたいです。

 

まずは、ナイスゲームでした!