We Love Wedding ~素敵な結婚式のために~
  • 17Jan
    • 結婚相談所、はじめましたの画像

      結婚相談所、はじめました

      こんにちは、ジョニー村川です。ブログを更新していないにもかかわらず、ランキング9位に一時期入っていたりと、かなり驚いてます!また自分のペースで投稿できればと思ってます。実はコロナ禍で新しいことをはじめました。結婚相談所結婚される方も少なくなり、それにあわせて結婚式を挙げる人も少なくなる。結婚式のプロデュースがしたい!結婚式の司会がしたい!それなら、結婚する人を増やしたらいいんじゃないか。という単純な発想から始めました今まで600組以上のカップルに携わってきたので、その経験を活かせるんじゃないかと。昨年10月からスタートしまして、まずは今まで担当させていただいた新郎新婦からの紹介で進めています。どういったシステムなのかはまた後ほどご紹介させていただきますが、ご興味ある方はお気軽にお申し付けくださいませ。カップルを成立させて、結婚することになり、結婚式のプロデュースもでき、当日の司会も・・・今まで誰もしていないんじゃないかなと。想像するだけで楽しいです!

  • 03Aug
    • これからの結婚式

      今日耳にしたこと、それはとある結婚式場に列席された方が2日後に発熱、そして新型コロナウイルスの陽性と判断されたそうです。調べると公式HPでも明記されていましたが、あえて会場名は伏せておきます。今年の3月ぐらいには「結婚式ではコロナは出ない。幸せがコロナをやっつけてくれる」という何の根拠もないことを思っていました。ただ、感染者が増えていく中で、今まで出なかったこと自体が奇跡であり、いつかは出るだろうなと思うようになりました。そうなると、私共としてできることは、アルコールスプレーの設置や店内の換気、また従業員のマスク着用、健康管理など、出来る限り感染拡大防止対策をとろうと。そこで問題になるのが新郎新婦、親族を含めたゲストの皆様への対応です。検温をすべきなのかどうか、そしてもし37.5℃以上があった場合、入店をお断りするかどうか。当初はそこはお2人に判断していただこうと思っていましたが、それだと無責任すぎるなと気付きました。例えば、37.5℃以上の発熱があったにもかかわらず、お2人の判断で列席していただいたとします。そこで、コロナの陽性が判明して、クラスターでも起きたとすれば、お2人はきっと「あの時入れなければ・・・」と責任を感じるかと思います。だからこそ、会場側がきっちりと決めるべきだと感じ、先日よりご新規の方、お打ち合わせの方、またレストランにもお願いして、お客様全ての検温を実施、37.5℃以上の方にはご入店をお断りしています。幸いにも今は発熱されている方のご来店はありません。コロナ禍での結婚式、新郎新婦のお2人が一番大変だと思います。それにできるだけ寄り添いたい気持ちでいっぱいですが、何をどうすればベストなのか正しいのかわからず、もうウイズコロナでの結婚式を考えれば考えるほど、吐きそうです・・・「ウイズコロナってなんやねん!友達ちゃうぞ!どっかいけ!」と思います(笑)ただ行き過ぎも良くない。そのとある会場は防止対策としてHPを見る上ではバッチリでしたが列席者から出てしまい、次なる対策として、1週間前からの体調管理表をゲストに記入してもらう。そして、不要不急の外出はお控えくださいと。正直、それはちょっとどうかなと思いました。それをするなら会場にかかわる全スタッフの体調管理表も記入して、新郎新婦お2人に見せるべき、そして不要不急の外出は控えないと。ただ、その会場も更にレベルを上げた対策をしないといけないという世間体からそうしたかもしれませんが・・・できることからまずはしっかりとやる。それが大事だと!コロナ禍によって、結婚式を諦める新郎新婦、対応に追われ辛くなったウェディングプランナー、みんな辛いです。ただ、今は我慢の時。もちろん、この先状況がどうなるのかわかりませんし、ここしばらくは同じような悩みがつきまとうはず。ウェディングプランナーとして、司会者として、ウェディングアナウンサーとして、まずは目の前にいる皆様に幸せを感じていただくこと、それが使命だと感じています。//////////////////////////////////////////////////////////素敵な結婚式を行うために、ブライダルのあらゆる疑問やアイデアを書かせていただいてます。結婚式をお考えの方もそうでない方も、ぜひ皆様シェアしてください!「日本初!ゲストが料理を選べる究極のおもてなしウェディング」ル・クロ・ド・マリアージュ無料試食会 毎日開催中直接ご相談されたい方はお気軽にご連絡くださいませ。結婚式のあらゆる「?」を「!」に致します。上記会場のみならず全国各地でプロデュースならびに司会が可能!ご連絡はこちらまでmurakawa@le-clos.jp

  • 21Jun
    • 実は前回ブログの続きがあります。

      こんばんは。ジョニー村川です!前回「今を考える」というテーマでコロナでの結婚式キャンセルについて書かせていただきました。それに関連するもう一つの話を書こうかどうか迷っていました。そして、フェイスブックに書いたところ、たくさんシェアしていただいたため、こちらでも何かのお役に立てればと思い、コピーさせていただきます。ただ、私見な部分も一部あるので、ご理解をお願い致しますこれから結婚式を挙げられる方へ☆新郎新婦、または周りに結婚式を挙げられる方へぜひ知ってほしい、お伝えしてほしい、シェアしてほしい内容です。新型コロナウイルス感染症により、結婚式の延期、ならびにキャンセルが相次いでおります。私共の会場でも7月までは全て延期になり、次回開催は8月です。そこで問題になっているのがキャンセル料についてです。先日ご案内させていただいたお客様。実は他会場ですでにご決定されていました。予定では今年の秋です。今後準備を進めていく上で、どうしてもコロナの第2波、第3波が気になります。もし万が一キャンセルとなったらどうなるか。その際は通常のキャンセル料を支払わなくてはいけません。もちろん双方で規約書を交わしているため、問題ないといえば問題ありません。ただ、コロナでのキャンセルはどちらかといえば不可抗力ですが、自己都合キャンセルとして取り扱われると。そんな声がそのお客様からであったり、SNSから情報として入ってきます。ブライダル業界では当たり前のことなんですが、「担当一貫制」「担当分業制」という形があります担当一貫制は、最初の会場のご案内からご披露宴まで一人で担当する形。担当分業制は、会場をご案内する方とご披露宴の打合せをする方が全く別という形。会場を見学・ご案内してもらい、気に入れば決定するのですが、いざ打ち合わせが始まると、「担当させていただきます〇〇です!」と、初めましての人に担当してもらいます。一貫制と分業制、それぞれメリット・デメリットがあります。一貫制はその人のこともしっかりと知ることができ、信頼信用関係ができ安心。ただ、他の業務もあるため、予約が取りにくい場合もあります。分業制であればスペシャリストであり、かつ予約も比較的取りやすいですが、どういう人かわからない。また、情報の伝達漏れやニュアンスの違いなども出てきます。ここからはあくまでも私見ですが・・・分業制の使命として、ご案内係は「何が何でも決めてもらう」打合せ係は「料金単価のアップ」というのがあります。よく結婚式の料金が最初の見積りから1.5倍から2倍になるという話を聞きますが、それは上の使命から。決めてもらうにはなるべく入口を低く(安く)、そして準備が始まれば出口を高く・・・キャンセル料で揉めている会場さんって、分業制のところが多いような気がします・・・だから、オススメは一貫制です!もちろん、プランナー自身も担当したいという想いがあるため、ご案内した人はそのままプロデュースしたいはず。私は欲張りなので、当日の司会進行までさせてもらってますが(笑)ただ、どちらの形も良いところとそうでないところがあります。決める前にはぜひ聞いてみてください、そのまま担当してくれるのか、そうでないのか。そこが最初からクリアになっておけば全く問題ないですからね!あと、ラストに少し宣伝☆コロナのことで結婚式を諦めてほしくないため、大変お得なプランをご用意してますので、知りたい方はぜひご連絡くださいね!//////////////////////////////////////////////////////////素敵な結婚式を行うために、ブライダルのあらゆる疑問やアイデアを書かせていただいてます。結婚式をお考えの方もそうでない方も、ぜひ皆様シェアしてください!「日本初!ゲストが料理を選べる究極のおもてなしウェディング」ル・クロ・ド・マリアージュ無料試食会 毎日開催中直接ご相談されたい方はお気軽にご連絡くださいませ。結婚式のあらゆる「?」を「!」に致します。上記会場のみならず全国各地でプロデュースならびに司会が可能!ご連絡はこちらまでmurakawa@le-clos.jp

  • 15Jun
    • 今を考える

      こんにちは、ジョニー村川です!以前記事を書いたのが昨年の8月末・・・ということで、約10ヶ月ぶりのブログです久々に開いてみると前回の記事がなぜか「52いいね!」が!?え、何があったの??と思ってしまいました。ブログは本来お客様のために始めました。結婚式での質問って大体同じなので、家でも見ていただけるし、私が担当させていただいていない方でも見ていただけるかなと投稿していなくても見てくださり、そしていいね!をくださり・・・ありがとうございます!で、今回はちょっと新型コロナウイルスについて触れておこうかと。新型コロナウイルス、本当によめないですよね・・・昨日も東京で47名・・・怖いです。不安と心配の中で結婚式の準備を進められている方も多いかと思います。「withコロナ」って言われていますが、そんなかわいらいしいものでもないです。何ならwithしなくても良いと思ってますから。そこで、皆様がよく気にされるのが「キャンセル料」「日程変更料」いやぁ、SNSなどを見てると、結構取られている方もいるみたいで・・・「結婚式やってもいないのに何でお金取られるの?」と思われる方も多いはず。なので、少しその辺を説明しますね!キャンセル料とは何か・実費・人件費・機会損失費この3つに分けれます。<実費>招待状を作成したり、モノを作ったりするためにすでに手配したもの<人件費>お2人の結婚式準備に関する打ち合わせしたプランナーやスタッフ<機会損失費>日時を押さえているため他のお客様のお申し込みをお断りした。そして、本来であれば見込めた売上が見込めなくなった。新郎新婦お2人にとって、「実費」は理解はできるそして、「人件費」は理解できるようなできないような「機会損失費」は理解できないという感じだと思います。だから、「人件費」「機会損失費」をしっかりと理解していただければ問題が起きることもないはずです。特に「機会損失費」今回やむを得なくキャンセルするのは自己都合ではないため、機会損失と言われても・・・という感じ。だから、ここを普通に規約書通りに取られている会場さんはどうかと思います。ただ、それは決して悪いわけではない。そのようなスタイルなんです。できればそのあたりは新郎新婦・会場お互い痛み分けみたいな形がよいのではないかと。キャンセル料などでお困りの方がいらっしゃれば、ぜひその料金を理由をしっかりとお伺いすることをオススメします!また、色々とアドバイスもできますので、何なりとおっしゃってくださいね//////////////////////////////////////////////////////////素敵な結婚式を行うために、ブライダルのあらゆる疑問やアイデアを書かせていただいてます。結婚式をお考えの方もそうでない方も、ぜひ皆様シェアしてください!「日本初!ゲストが料理を選べる究極のおもてなしウェディング」ル・クロ・ド・マリアージュ無料試食会 毎日開催中直接ご相談されたい方はお気軽にご連絡くださいませ。結婚式のあらゆる「?」を「!」に致します。上記会場のみならず全国各地でプロデュースならびに司会が可能!ご連絡はこちらまでmurakawa@le-clos.jp

  • 29Aug
    • 誰の前で誓いますか??の画像

      誰の前で誓いますか??

      こんにちは、ジョニー村川です☆ブログを初めてちょうど4年になりました!あっという間の4年で、記事もほとんどかけていないにもかかわらず、ブログをみて問い合わせをいただいたり、相談をされたり、お仕事をさせていただいたり、感謝感激ですこれからも細々とやっていきます!よろしくお願い致します!ご相談事はお気軽にお申し付けくださいね。さて、結婚式のスタイルで人前式というものがあります。字のごとく、人の前でする式。宗教にとらわれることなく、皆様の承認になっていただき、愛を誓っていただきます。簡単にいえば、来られたゲストの皆様に認めていただく式です!じゃあ、これは何でしょうか??海豚前式熊猫前式実は私「海豚前式」も「熊猫前式」も司会進行をさせていただいたことがあるんです!おそらくこの式をやったことある司会者って私だけなんじゃないかなと。正解は・・・イルカとパンダ南紀白浜アドベンチャーワールドでの結婚式です!動物の前で結婚式ができるなんて、素敵ですよね☆結婚式だけではなく、フォトウェディングやウェディングパーティーもできます!ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ//////////////////////////////////////////////////////////素敵な結婚式を行うために、ブライダルのあらゆる疑問やアイデアを書かせていただいてます。結婚式をお考えの方もそうでない方も、ぜひ皆様シェアしてください!「日本初!ゲストが料理を選べる究極のおもてなしウェディング」ル・クロ・ド・マリアージュ無料試食会 毎日開催中直接ご相談されたい方はお気軽にご連絡くださいませ。結婚式のあらゆる「?」を「!」に致します。ご連絡はこちらまでmurakawa@le-clos.jp

  • 03May
    • 先日取材していただきました☆の画像

      先日取材していただきました☆

      こんばんは。ジョニー村川です。先日私のフェイスブックの投稿をご覧いただいた方から取材の依頼がありました。『美しい時代を創る人達』と題し、今の時代をリードして活躍されている方々にお話を伺い、誰もが美しい時代を創る生き方を始められるヒントを提供していきたい。今回は人を輝かせる人という趣旨で取材を、というご依頼をいただきました。私の存在が何かの役に立てばと思い、取材を快諾致しました。ジョニー村川がどういった人物なのか、これを見ていただければわかるはずです。ぜひご覧くださいませ。https://note.mu/maya4402/n/ne21222509710//////////////////////////////////////////////////////////素敵な結婚式を行うために、ブライダルのあらゆる疑問やアイデアを書かせていただいてます。結婚式をお考えの方もそうでない方も、ぜひ皆様シェアしてください!「日本初!ゲストが料理を選べる究極のおもてなしウェディング」ル・クロ・ド・マリアージュ無料試食会 毎日開催中直接ご相談されたい方はお気軽にご連絡くださいませ。結婚式のあらゆる「?」を「!」に致します。ご連絡はこちらまでmurakawa@le-clos.jp

  • 07Feb
    • いつまでなら間に合うのか?

      こんばんは、ジョニー村川です!先日ご見学に来られた新郎新婦さんから。「平成のうちにしたいんですけど、間に合いますか?」と日程を気にされていました。来られたのは12月。お日にちはあまり空いていませんが、準備は4ヶ月もあるので大丈夫ですよ!と。またある新郎新婦さんは、「平成のうちにしたいけど、まだ親にも挨拶してなくて、たくさん見学したいんです・・・」と。こちらも来られたのは12月。う~ん、ちょっと急がないといけないけどね、と実際に会場見学を始められる時期としては、1年から10ヶ月前が多いです。そして、1,2ヶ月の間に会場を決める。昔はたくさん会場を見に行かれていましたが、最近は平均3、4件ですね。なぜなら、ネットでたくさん情報が溢れているので、わざわざ見に行かなくてもいいんです!じゃあ、実際いつまでであれば間に合うのか。できれば6ヶ月までがいいですね。バタバタせずに、皆様にもしっかりと日程をお伝えして、通常通りに招待状が出せる感じです。だといって、これをすぎるとバタバタするかというと実はそうでもなく・・・招待状発送が通常結婚式の2ヶ月前なので、それさえ間に合えば大丈夫です!でも実際はリストアップしたり、招待状を作成したりするので、3,4ヶ月前ですね。まぁ、そこを過ぎたとしても、プランナーが頑張って、しっかりと新郎新婦のお2人を導き、協力すれば何とかなる私、最短で3週間後に40名様の結婚式ってありましたから笑ただ、早いことに越したことはないのでお早めに//////////////////////////////////////////////////////////素敵な結婚式を行うために、ブライダルのあらゆる疑問やアイデアを書かせていただいてます。結婚式をお考えの方もそうでない方も、ぜひ皆様シェアしてください!「日本初!ゲストが料理を選べる究極のおもてなしウェディング」ル・クロ・ド・マリアージュ無料試食会 毎日開催中直接ご相談されたい方はお気軽にご連絡くださいませ。結婚式のあらゆる「?」を「!」に致します。ご連絡はこちらまでmurakawa@le-clos.jp

  • 08Jan
    • 様々なスタイルがありますが・・・の画像

      様々なスタイルがありますが・・・

      こんにちは、ジョニー村川です!新年あけましておめでとうございます。今年もブログを時々更新させていただきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します☆2,3年前から出てきたワード「1.5次会」披露宴(1次会)ほどかしこまらず、2次会ほど砕けすぎず・・・という素敵なワードです新郎新婦のお2人から「1.5次会がしたいんです!」とよく言われますが、その1.5次会の定義も様々です。1.5次会と言えば、会費制でしょ!(→ご祝儀制でも大丈夫です!)海外挙式後のパーティーでしょ!(→海外で挙式しなくてもOK)友人だけの集まりでしょ!(→親御様やご親族もぜひ来てください!)ドレスコードは自由でしょ!(自由といても何でも良ければ浮いちゃいます・・・)などなど。だから、もう披露宴とか、1.5次会とか、2次会とかいう呼び方はせずに、「ウェディングパーティー」ってしちゃえばいいんじゃないかって。いろいろと一から決めていく。それがめんどくさいなと感じる方は、ある程度決まった中から選ぶ、または提案していただく。別に場所もホテルじゃなきゃ、ゲストハウスじゃなきゃ、レストランじゃなきゃダメっていう感じでもなく、場所も選ぶことができれば楽しいですよね。ただ、気を付けないといけないのが、別の場所ですると、テーブルやイス、食器関係など準備品を用意しなくてはいけないので、お値段的には高くかかることがあります。だから、会場の方がいろんな楽といえば楽なんです。会場選びも大切ですが、まずはコンセプトを考えることが大切なんじゃないかなと。いつでも相談に乗りますので、お気軽におっしゃってくださいね!//////////////////////////////////////////////////////////素敵な結婚式を行うために、ブライダルのあらゆる疑問やアイデアを書かせていただいてます。結婚式をお考えの方もそうでない方も、ぜひ皆様シェアしてください!「日本初!ゲストが料理を選べる究極のおもてなしウェディング」ル・クロ・ド・マリアージュ無料試食会 毎日開催中http://www.le-clos.jp/直接ご相談されたい方はお気軽にご連絡くださいませ。結婚式のあらゆる「?」を「!」に致します。murakawa@le-clos.j

  • 05Nov
    • レストランウェディングは安い!?

      こんばんは、ジョニー村川です!結婚式に対して重視されるポイントは千差万別「やっぱり美味しい料理がいいよね!」「お城のような雰囲気の中でやりたい!」「遠方のゲストが多いから、宿泊施設はあり、駅チカで!」ただ、誰もが気になるのは「料金」です。600組ほど担当させていただきましたが、「金に糸目を付けぬ」とおっしゃった方は片手ほどです(笑)要はお見積りの提示なしに「ここでします!」とおっしゃっていただいた方。ただ、料金って気になりますよね、やっぱり。「レストラン=安い」と思われる方、結構いらっしゃいます。だから、お見積りを出した際に、「結構するんですね・・・」と。一般的に言えば、ゲストハウス>ホテル>専門式場>レストランと思われる方が多いかと思いますが、それぞれの部門にもピンからキリまであります。そのため、ゲストハウスよりレストランの方が高い、ということもあります。だから、上の方程式が必ずしも成立するとは限らないんです。例えば、「お寿司とハンバーガー、どっちが高いですか?」というと、おそらく「お寿司」という方が多いと思います。そうすれば、「ローソンのお寿司とリッツカールトンのハンバーガー、どっちが高いですか?」というと・・・わかりますよねだからこそ、会場見学する際には、固定観念はある程度はいで、まずは中身を見ることをオススメします!なので、安くあげたいからレストランで、とはあんまり思わないでくださいね(笑)もちろん、私ウェディングプランナーとしては、高いと思われないよう、お得感を感じていただけるようにご案内致します!//////////////////////////////////////////////////////////素敵な結婚式を行うために、ブライダルのあらゆる疑問やアイデアを書かせていただいてます。結婚式をお考えの方もそうでない方も、ぜひ皆様シェアしてください!「日本初!ゲストが料理を選べる究極のおもてなしウェディング」ル・クロ・ド・マリアージュ無料試食会 毎日開催中http://www.le-clos.jp/直接ご相談されたい方はお気軽にご連絡くださいませ。結婚式のあらゆる「?」を「!」に致します。murakawa@le-clos.jp

  • 30Oct
    • 「あれっ!?」って思った方も多いはず

      こんばんは、ジョニー村川です。昨日、高円宮家の三女絢子さまと守谷慧さんが明治神宮で結婚式を挙げられました。そして、本日はホテルニューオータニにて結婚披露晩餐会が行われております。このような報道は結婚式が減っていっている世の中ですので、ウェディングプランナーとして、とっても嬉しいです!そこで、昨日の報道をみて「あれっ!?」って思った方も多いはず。明治神宮で行われた神前式ではありますが、新郎の守谷さんは、紋付ではなくモーニング姿だったのです。ちなみに、絢子さまは、小袿と長袴の装束です。神前式なのに、和装紋付じゃなくていいの??実は、和装じゃなくても良いんです。だから、新婦がドレスを着て、神前式に臨まれても構いません。(ただし、挙式会場に確認が必要です)昔沢尻エリカさんが神前式をされた際、綿帽子をかぶらず、洋髪で行われました。大きなカサブランカのヘッドフラワーが印象的でした。そのため、「別に綿帽子をかぶらなくていいんだ!」と花嫁さんが思い、そこから洋髪和装が流行しました。どうやら、あの選ばれた打掛では和装のルールで綿帽子をかぶることができず、ヘッドフワラーをされたようです。そのルールが気になりますが・・・。だから、意外にも「思い込み」って結構怖いですよね。披露宴だから絶対にケーキ入刀しないといけないというわけではないです。ちなみに、本日の絢子さまの晩餐会では、ケーキ入刀がないそうです。もちろん、しきたりやルール、慣習などは大事です。ただ、一番は周りの皆様に迷惑をかけず、幸せを共有できればいいんじゃないかと思います。//////////////////////////////////////////////////////////素敵な結婚式を行うために、ブライダルのあらゆる疑問やアイデアを書かせていただいてます。結婚式をお考えの方もそうでない方も、ぜひ皆様シェアしてください!「日本初!ゲストが料理を選べる究極のおもてなしウェディング」ル・クロ・ド・マリアージュ無料試食会 毎日開催中http://www.le-clos.jp/直接ご相談されたい方はお気軽にご連絡くださいませ。結婚式のあらゆる「?」を「!」に致します。murakawa@le-clos.jp