We Love Wedding ~素敵な結婚式のために~
  • 05Nov
    • レストランウェディングは安い!?

      こんばんは、ジョニー村川です!結婚式に対して重視されるポイントは千差万別「やっぱり美味しい料理がいいよね!」「お城のような雰囲気の中でやりたい!」「遠方のゲストが多いから、宿泊施設はあり、駅チカで!」ただ、誰もが気になるのは「料金」です。600組ほど担当させていただきましたが、「金に糸目を付けぬ」とおっしゃった方は片手ほどです(笑)要はお見積りの提示なしに「ここでします!」とおっしゃっていただいた方。ただ、料金って気になりますよね、やっぱり。「レストラン=安い」と思われる方、結構いらっしゃいます。だから、お見積りを出した際に、「結構するんですね・・・」と。一般的に言えば、ゲストハウス>ホテル>専門式場>レストランと思われる方が多いかと思いますが、それぞれの部門にもピンからキリまであります。そのため、ゲストハウスよりレストランの方が高い、ということもあります。だから、上の方程式が必ずしも成立するとは限らないんです。例えば、「お寿司とハンバーガー、どっちが高いですか?」というと、おそらく「お寿司」という方が多いと思います。そうすれば、「ローソンのお寿司とリッツカールトンのハンバーガー、どっちが高いですか?」というと・・・わかりますよねだからこそ、会場見学する際には、固定観念はある程度はいで、まずは中身を見ることをオススメします!なので、安くあげたいからレストランで、とはあんまり思わないでくださいね(笑)もちろん、私ウェディングプランナーとしては、高いと思われないよう、お得感を感じていただけるようにご案内致します!//////////////////////////////////////////////////////////素敵な結婚式を行うために、ブライダルのあらゆる疑問やアイデアを書かせていただいてます。結婚式をお考えの方もそうでない方も、ぜひ皆様シェアしてください!「日本初!ゲストが料理を選べる究極のおもてなしウェディング」ル・クロ・ド・マリアージュ無料試食会 毎日開催中http://www.le-clos.jp/直接ご相談されたい方はお気軽にご連絡くださいませ。結婚式のあらゆる「?」を「!」に致します。murakawa@le-clos.jp

      12
      テーマ:
  • 30Oct
    • 「あれっ!?」って思った方も多いはず

      こんばんは、ジョニー村川です。昨日、高円宮家の三女絢子さまと守谷慧さんが明治神宮で結婚式を挙げられました。そして、本日はホテルニューオータニにて結婚披露晩餐会が行われております。このような報道は結婚式が減っていっている世の中ですので、ウェディングプランナーとして、とっても嬉しいです!そこで、昨日の報道をみて「あれっ!?」って思った方も多いはず。明治神宮で行われた神前式ではありますが、新郎の守谷さんは、紋付ではなくモーニング姿だったのです。ちなみに、絢子さまは、小袿と長袴の装束です。神前式なのに、和装紋付じゃなくていいの??実は、和装じゃなくても良いんです。だから、新婦がドレスを着て、神前式に臨まれても構いません。(ただし、挙式会場に確認が必要です)昔沢尻エリカさんが神前式をされた際、綿帽子をかぶらず、洋髪で行われました。大きなカサブランカのヘッドフラワーが印象的でした。そのため、「別に綿帽子をかぶらなくていいんだ!」と花嫁さんが思い、そこから洋髪和装が流行しました。どうやら、あの選ばれた打掛では和装のルールで綿帽子をかぶることができず、ヘッドフワラーをされたようです。そのルールが気になりますが・・・。だから、意外にも「思い込み」って結構怖いですよね。披露宴だから絶対にケーキ入刀しないといけないというわけではないです。ちなみに、本日の絢子さまの晩餐会では、ケーキ入刀がないそうです。もちろん、しきたりやルール、慣習などは大事です。ただ、一番は周りの皆様に迷惑をかけず、幸せを共有できればいいんじゃないかと思います。//////////////////////////////////////////////////////////素敵な結婚式を行うために、ブライダルのあらゆる疑問やアイデアを書かせていただいてます。結婚式をお考えの方もそうでない方も、ぜひ皆様シェアしてください!「日本初!ゲストが料理を選べる究極のおもてなしウェディング」ル・クロ・ド・マリアージュ無料試食会 毎日開催中http://www.le-clos.jp/直接ご相談されたい方はお気軽にご連絡くださいませ。結婚式のあらゆる「?」を「!」に致します。murakawa@le-clos.jp

      9
      テーマ:
  • 14Sep
    • 軟禁されました・・・

      こんにちは、ウェディングプランナー兼司会者のジョニー村川です!先日衝撃な話を聞いちゃいました新郎新婦お2人でとある会場へ見学へいきました。とっても人気のある会場です。ただ、その期待とは裏腹に良くはなかったそうで、試食したお料理も少しで、味もあんまりだと・・・。そこはお好みがあるので、何とも言えないですが、本題はココからです。会場の見学が予想していたよりはるかに時間オーバー。次の会場の見学予定のお時間も迫ってきており、連絡をしたい旨、プランナーに伝えたところ、止められたそうです。「キャンセルの電話ならいいですが、それ以外の電話であれば立たないでください」どうなんでしょうね?私であれば、「一本電話入れておいた方がいいですよ」とお伝えするのですが・・・。要は「今すぐここで決めてください」ということです。なかなか帰らせてくれず、7時間かかったそうです。結婚式の数が減ってきている。それは「経済的負担」「面倒」「恥ずかしい」など様々な理由があるかもしれませんが、ブライダル業界の責任も十分にあると思います。こんなことしてたら、結婚式、嫌になりますよね。ウエデイングプランナーとして、司会者として、まずは「結婚式っていいよね!」という気持ちを一人でも多くの方に感じていただける様、プロデュースしていきます!困ったことがあれば、お気軽にご相談くださいね!

      13
      テーマ:
  • 05Jun
    • 結婚式の準備をしやすくする方法を教えます!

      こんばんは、ジョニー村川です!今日は前回のブログでもお伝えしていた「結婚式の準備をしやすくする方法」を教えちゃいます!「な~んだ、そんなことか」って8割ぐらいの方が言われると思います(笑)でも、意外とやってる方は2割ぐらいです。それは、結婚式のためだけのお互い見れるメールアドレスを作ること!です。そんなことかって思ったでしょ?だまされたと思ってやってみてください!良い点は、・お互いに見れることで共有できる・わざわざ自分のアドレスから用件を探さなくていい・記憶として残るので、思い出になるです。いまだったら、簡単にgmailで作れちゃいますもんね!大手のブライダル会社であれば、そのようなアドレスを作らなくても、ブライダル専用のサイト、ならびにソフトで進捗状況の確認や会場側とのやり取りができますが、あれって記録として残らないんじゃないかと思います。(もちろん残るものもあると思いますが・・・あやふやな情報で、すみません)これからご準備をされる方は、会場見学の時点からぜひお互いみれる共有のアドレスを作ってくださいね!//////////////////////////////////////////////////////////素敵な結婚式を行うために、ブライダルのあらゆる疑問やアイデアを書かせていただいてます。結婚式をお考えの方もそうでない方も、ぜひ皆様シェアしてください!「日本初!ゲストが料理を選べる究極のおもてなしウェディング」ル・クロ・ド・マリアージュ無料試食会 毎日開催中http://www.le-clos.jp/直接ご相談されたい方はお気軽にご連絡くださいませ。結婚式のあらゆる「?」を「!」に致します。murakawa@le-clos.jp

      17
      テーマ:
  • 20May
    • 結婚式って大変ですか?

      こんばんは、ジョニー村川です!「結婚式の準備って大変ですよねぇ」「あと1年しかないんですけど、間に合いますか??」「お互い仕事してるので、できるどうか不安です・・・」そういったお声をたくさん聞きます。正直に言います!準備は大変です(笑)だって、結婚式ですもん!そんな簡単にはできないです!ただ、その「大変」という言葉にも色んな意味がありますが、しんどいとかではないです。決めることがたくさんあるとかではないです。結婚をする、家と家が結ばれるということは、大きな意味を持つということです。自分たちだけではなかなか前に進めません。もちろん、中には自分たち(新郎新婦のみ)で決めてしまおうとする方もいますが、私は必ず阻止します(笑)ポイント、ポイントで、必ず親御様の確認が必要です。それは、ウェディングプランナーがしっかりと教えてくれますから、ウェディングプランナーを頼りきっちゃってくださいね☆ちなみに私が担当した最短は3週間です。最初に聞いた時に耳を伺いましたが(笑)次のブログでは、結婚式の準備をしやすくする方法をお教えいたします。案外単純なことなんですが、皆さんあんまりされていないと思います!誰でもできることですので、ご安心くださいね!

      10
      テーマ:
  • 11May
    • 離婚率=0.5%

      こんばんは、ジョニー村川です。ウェディングプランナーをさせていただき、12年が経ちました。今まで色んなお客様のプロデュースをさせていただきました。結婚式まではお打合せがあるため、頻繁にお会いしていた方も、結婚式後にはご無沙汰になったり、結婚式後も連絡を取り合っている方もいらっしゃいます。もちろん、私の所属はレストランウェディングですので、お食事に来ていただける方もいらっしゃいますし、近くに来たので・・・とふらりと立ち寄ってくださる方もいます。やっぱりウェディングプランナーとして、結婚式後幸せに過ごされているかなと気になります。中にはお打ち合わせで度々ケンカをして、その後大丈夫かなと心配する方もちらほらと(笑)今はフェイスブックなどで近況を知ることができます。先日もフェイスブックで入院されたことを知り、お見舞いに行ってきました。10年前に結婚式をされ、もうかれこれ7年ぶりぐらいの出会いです!随分お会いしてなかったので、「村川さん、そんなに僕のこと嫌いですか?」と言われましたが・・・いえ、好きだから、心配だからお見舞いに来ました!相変わらず小1時間お互いが好きな野球の話ばかりでしたがただ、中には残念なお知らせを聞くこともあります。直接聞くこともあれば、まわりまわって聞くことも・・・それは結婚した方にしかできないこと、そう「離婚」です。離婚は色んな問題があるため、善し悪しは言えません。お互いが幸せになるのであれば、良いですし,どちらかが悲しむのであれば、ダメですし。結婚式って何のためにするのか。その一つに、お互いを知ること、認め合うことでもあるんじゃないかなと。打合せでケンカばかりする方もいますが、別にケンカするのが悪いわけではないです。どちらかといえば、大いにケンカしてくださいと(笑)なぜなら、お互いの意見を言い合った方が良いですからね。これらかずっと一緒にいるのに、我慢は身体に良くないです。もちろん、ケンカした場合は、女性(新婦)の方をつきますがちなみに、2017年の厚生労働省の発表では、婚姻件数60万7000組、離婚件数21万2000組です。離婚された人が結婚された年にはバラつきがあるので、離婚率は出しにくいですが、約35%です。実際結婚式を挙げられた方の離婚件数なども出るといいんですが・・・ちなみに私が担当させていただいたお客様だけで統計をとると、何と離婚率が0.5%です!!まぁ、一組一組聞いた訳でもないのですが、誇れる数字ですだから、結婚式を挙げようかどうしようか迷っている方は、まずは結婚式をあげましょう!

      7
      テーマ:
  • 30Apr
    • 会場決定にあたって気にしなくて良いポイントは・・・

      こんばんは。ジョニー村川です!本日はちょっと大げさかもしれませんが、会場を決めるポイントで全く気にしなくて良いことを伝えます。まず1つ目☆ただいまゴールデンウィークの真っ只中。長期連休のタイミングで、ご遠方の方が会場見学にお越しになられます。「地元の方がみんな来やすいので!」例え現在のお住まいが関東であっても、招待する方が地元・関西に多ければ、関西でされます。まぁ、ここは気にした方がいいですね!お車代もかかってきますし。「雨が降ったことを考えれば、駅直結が良い!」「乗り換えが少なく済むターミナル駅が良い!」「新幹線の方が多いので、新大阪がベスト!」ここはあんまり気にしなくて大丈夫です。実は、結婚式であれば、多少のところでも行くはず、来てくれるはずです。結婚式って何回もしないもの、大切なセレモニーです!それなのに、「駅から遠いからやめておこう」ってあんまりならないかと思います。続いて、2つ目ですが、これは意外や意外に雰囲気です☆「おしゃれ」「アットホーム」「ゴージャス」「おごそか」など施設によって様々なタイプがあります。ゲストの方って、実はあんまり気にしてないです。例えば、豪華なシャンデリアがある会場であれば、最初は「わぁ、スゴイ!!」と思うはずですが、結婚式が始まればあんまり気になりません。もちろん、お2人の結婚式をする場所ですので、お2人にあまり似ても似つかない雰囲気はなるべく避けた方が良いですが、気にするのであれば、施設の雰囲気よりパーティー中の雰囲気です。ただ、会場見学行くにあたって、候補にあげる会場は、結婚情報誌などで調べた会場の見た目(写真)、そして、その会場の場所で決められる方がほとんどです。でも、最も重要なのは、ゲストをおもてなす上で「料理」「スタッフ」だと思います。その辺りは今口コミサイトでも調べることができますが、まずは足を運んでみることが大切ですね!P.S.私共がプロデュースさせていただいているアドベンチャーワールドウェディング。そのアドベンチャーワールド40周年記念ムービーに私がちょこっと映ってます。ほぼ1秒ぐらいですが・・・ぜひ探してみてくださいね。

      12
      テーマ:
  • 20Mar
    • 業界初!!会いに行くウェディングプランナー☆

      ジョニー村川、どこへでも行きます!今まで約700組のお客様を担当させていただきましたが、どれも素晴らしいウェディングパーティーでした。そして毎度思うことが「結婚式っていいな」って。だから、もっと結婚式の良さを知っていただくため、伝えるために会いに来ていただくのでなく、伝えるために会いに行こうと。結婚式の会場を決められる際には、まず会場見学を始められる方がほとんどです。ただ、ご遠方の方や外出できない方などご事情があって、見学が難しい方もいらっしゃいます。その方はこちらから出向いてご案内を行います。今まであった例では、ご懐妊中の方の住まいの最寄駅まで行き、駅のカフェでお話をしました。また、海外の方とは結婚式1週間前までお会いすることなく、メールでご案内、後に打ち合わせを行いました。もちろん、私が所属しているル・クロウェディング(大阪・丹波)でご検討いただければ、スタッフ全員でサポートの体制を創り上げます。それ以外に場所、例えば昨年よりウェディングのプロデュースをさせていただいているアドベンチャーワールドや思い出の場所や学校、病院、野外などでも行えます。また、すでに会場がお決まりの場合でも、アドバイザーとしてサポートをしたり、披露宴の司会を行うことも可能です。お近くで結婚式をお考えの方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度ご紹介していただければ幸いです。お打ち合わせ中であっても、様々なアドバイスをさせていただきます。会いに行きます!結婚式の開催数って年々減ってきております。結婚式に対して、面倒だったり、初期見積りから最終見積りまで1.5倍に膨れ上がったり、お持込ができなく苦労したなど、マイナスのイメージがどうしてもフォーカスされます。わからないことってたくさんあります。最初って何がわからないのかがわからないと思います。その?を!にすることが私の使命です!このようにできるのも今まで担当させていただいた新郎新婦さん、ならびにゲストの皆様から幸せをたくさんいただいたからです。本当にありがとうございます!ほんと時間の許す限りどこへでも行きますので、お気軽におっしゃってくださいね!

      6
      テーマ:
  • 06Feb
    • 【永遠のテーマ】持込料の有無

      こんにちは。ジョニー村川です!結婚式をお考えの方であれば、誰もが耳にしたことがある持込料。一般の方からすれば、「持込料って何??」と思われるかもしれませんね。先日も日本経済新聞で「持込料」についての記事が掲載されました。そこで、長文にはなりますが、今回は持込料について、正直にお伝えしたいと思いますただし、ウェディングプランナーとしての個人的な思いの部分もあるので、それはご了承くださいね!まず、お持込料とは何か。それは、結婚式に使用するものを持ち込まれた場合、それに対してお金をいただく、その料金が持込料です。持込料は保管料としても言い換えられます。「好きなドレスがあるんで、それを持ち込みたいんです!」「そうしましたら、ドレス保管料として○万円いただきます」「引出物にいつも愛用しているタンブラーにしたいんです」「そうしましたら、1個につき○円いただきます」とこんな感じです。商品に関してですが、新郎新婦さんへの販売価格ー業者さんへのお支払い=会場の利益という構図が出来上がってきます。そこで、お持ち込みをされると、会場への利益がなくなってしまうため、持込料なるものをいただきます。「そんなの他のところから利益をとればいいのに!」って思われるかもしれませんが、そうはいきません。会場の利益は、会場維持費や光熱費、人件費、広告費など様々なところで使用されます。例えば、ファーストフード店へ行ったと想像してください。そこで、108円のドリンクだけ買って、食べ物を全て持込。それで3時間も滞在されたら、お店も困ります。たったドリンクだけの利益で全部まかなわないといけないのでまた、各業者さんにもきちんと売上をお渡ししたいという会場側からすれば親心的なものもあります。提携をしていることで無理難題を聞いていただいたり、中には協賛金(協力するためのお金)をいただいているので、その分へのお返し。そして、いつも一緒にお仕事をしているので、そのためにもウインウインで利益をもたらそうと。この場合、お客様はウインにはなっていませんが・・・今回何が問題かといえば、「高額な料金」「契約前の説明なし」です。新聞に掲載されていましたが、某会場では親戚が持ってきた大型カメラに持込料5万円かかるとか。まぁ、どこまでが大型なのかわからないですが・・・。また、お母さんが来ていたドレスが着ることで持込扱いになり、その分持込料がかかる、ということ。自分自身が持っているものまでに持込料がかかるのであれば、何にも持っていけなくなりますよね。例えば、私共の会場であれば、自身が持っている(購入した)ドレスであれば、持込料がかかりません。また、私共の会場で取り扱っていない引出物を持ち込みまれた場合も持込料がかかりません。なぜなら、その場合は私共の商品不足ですから。持込料の有無どちらかといえば、持込料は有でよいです。ただし、新郎新婦さんがきっちりと納得する形でです。逆に「私共は持込料なんて一切とりません!」という会場も私はどうかと思います。持込料をとらないかわりに持ち込んだものに一切責任をとりませんから、ということですからね。おそらく「持込料」という言葉は結婚式以外ではなかなか使わない言葉ですね。持ち込まれない様にするためにも、会場側は良い商品を取り揃え、お客様にとって最高のパートナーでいることが重要だと思います

      13
      テーマ:
  • 25Jan
    • 会場の探し方

      こんにちは。ジョニー村川です!年も明け、会場検討中の方もだいぶ増えてきております!私共の無料試食会も大盛況で、週末に限っては披露宴が行われており、席も限りがありまして・・・ごめんなさい平日の夜が結構狙い目です!ところで、私は自分自身の会場のご案内だけではなく、よい結婚式を迎えていただくために、あらゆる相談にものります。そこで皆様よく言われること、それが「どこを選んでいいか、わからない!」いいなぁと思って行ってみると実際と異なったり、雑誌やネットを見ても情報量が多すぎてわからなかったり、どこも同じに見えたり・・・そりゃそうですよね。普段結婚式場とは関わりもないですし、行ったはいいもののこれが良いか悪いかわかんないし、料金も安いのか高いかもわかんない。だから、比較するために会場をいくつか回られますそして、比較をすると、A会場は料理がおいしくて、ただB会場の雰囲気がステキ。しかし、自分たちにあっているのはC会場だ、と。じゃあ、問題です!A会場、B会場、C会場。どれを選べばお2人は満足するでしょうか?正解は・・・どれを選んでも正解ですなぜなら、自分自身はココって思い、決めているからです。決める際には、自分自身の決断に自信を持ってください!会場側とすれば、決めていただけるための参考資料をお渡しするだけ。中には強引に決めてくださいというところもありますが、そのような会場では喉に魚の骨がささったような状態がずっと続きます。お2人のご決断は間違っていないです。それを私がしっかりとカタチにして、お伝え致します。迷って当たり前。わからなくて当たり前。まずは、自分の感じたことを素直にウエディングプランナーに伝えてみてくださいね。//////////////////////////////////////////////////////////素敵な結婚式を行うために、ブライダルのあらゆる疑問やアイデアを書かせていただいてます。結婚式をお考えの方もそうでない方も、ぜひ皆様シェアしてください!「日本初!ゲストが料理を選べる究極のおもてなしウェディング」ル・クロ・ド・マリアージュ無料試食会 毎日開催中http://www.le-clos.jp/直接ご相談されたい方はお気軽にご連絡くださいませ。結婚式のあらゆる「?」を「!」に致します。murakawa@le-clos.jpジョニー村川facebook「幸せをいただきました☆」https://www.facebook.com/yuichi.murakawa

      6
      テーマ:

プロフィール

ジョニー村川

性別:
男性
誕生日:
1977年4月10日
血液型:
O型
お住まいの地域:
大阪府
自己紹介:
ル・クロ・ド・マリアージュ(大阪・天満橋)にて ブライダル業界では珍しい ウェディングのプロデュース...

続きを見る >

フォロー

ブックマーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス