レッドアンシェル・いざCBC賞へ | KAMASHI-KAMASARE

レッドアンシェル・いざCBC賞へ

20.07.02 : 栗東:庄野靖志厩舎

本日はひき運動を行いました。
助手「きのう(水)獣医師のチェックを受けましたが、馬場が悪いなかで追い切ったため、筋肉に多少の疲れはあるものの心臓の状態は問題ないということでした。レースに備えて腰のケアだけしてもらいました。けさはひき運動のみでしたが、高ぶることなく落ち着いて歩いていましたよ。馬体重は480キロ。カイバは少し残すことがありますが、必要な分はしっかり食べています。これまでどおりレースに向けて自分で体をつくっているところでしょうから、食べる量などは馬に任せています。阪神までの輸送で10キロは減ると見込んでいて470キロ前後で出走することになりそうです」
庄野調教師「追い切りは馬場が悪かったのでおしまいだけにとどめましたが、その分併せ馬で補って負荷をかけました。先週までは動きがモコモコしていましたが、ここにきてずいぶんよくなってきたように感じます。馬場が悪いなかでも速い時計が出ましたし、スピード感も十分です。去年よりハンデは1キロ重くなりますが、アンシェル向きの馬場になればチャンスは十分あるとみています」
※5日(日)阪神11レース・3歳上オープン・CBC賞(GⅢ)芝1200m(ハンデ57キロ)に福永騎手で出走します。

 

相手関係からも、去年と比べかなり楽になっていると思いますし、あとは自分との戦いになりそうです。

今回は、前に行く馬もいますし、流れる展開になりそうですので、決め脚勝負では無く、本当の力勝負になり、前走の様なことは無いと思っています。

重賞連覇目指して、頑張ってもらいましょう!!

 

 

フォローしてね